さつまいもは太る?太らない?ダイエット中に食べてもいい?カロリーは?

スポンサーリンク

体に脂肪が付いてきた、
体型が変わり始めたなど、
そういった事が気になり始めると、

そろそろダイエットを始めようと、
思う方も多いのではないでしょうか?

 

鏡を見て変わっていく体型、
出来る事なら、何も気にせずに、
好きな物を食べたいけれども、

そうもいかないわけで、
食生活の見直しも考えなければ、
となるのでしょう。

 

そんな中、好きな方も多い、
さつまいもは、
ダイエットにどうなのでしょう?

甘くて美味しいさつまいもですが、
様々な料理だけでなく、
デザートやお菓子にも使われています。

 

そのせいか、
「さつまいも=太る」
というイメージがあって、
少し心配になりますよね。

さつまいもは、
料理にもお菓子にも
デザートにも使える優れモノです。

出来る事なら、ダイエット中でも、
さつまいもを安心して食べたいですよね。

それでは、さつまいもは、
太る食べ物なのか、太らない食べ物なのか、

さつまいもについて詳しく見ていきます。

さつまいもの糖質や脂質・カロリーはどのくらい?

スポンサーリンク

まずは、さつまいもの栄養成分について、
見てみましょう。

<さつまいも100g当たり>
カロリー:131kcal
炭水化物:32g
(糖質:31g)
たんぱく質:1.2g、
脂質:0.2g
コレステロール:0mg
ナトリウム:4mg
カリウム:470mg
ビタミンC:29mg
カルシウム:40mg
鉄:0.7mg
ビタミンB6:0.3mg
マグネシウム:25mg
食物繊維:2.8g

このようになっています。
(多少の誤差などはあります。)

この中でも気になるのが、
糖質・脂質・カロリー
ではないでしょうか。

 

糖質について

まず、糖質は31g。

1日の摂取量は、
成人男性で330g、
成人女性で270g、

と言われていますので、
1日の摂取量の10%前後に当たります。

糖質は、体にとって、
必要なエネルギー源になりますが、

摂り過ぎてしまうと、
血糖値の上昇を招きます。

 

血糖値が上昇すると、
インスリンが過剰に分泌され、
ブドウ糖が中性脂肪に変わります。

さらには、体脂肪として
体に蓄積されますので、

太る原因に繋がりますので、
摂り過ぎには注意が必要です。

 

脂質について

次に、脂質です。

脂質は0.2gとなっています。
1日の摂取量は、
成人男性で65~70g、
成人女性で50~55g、

と言われていますので、
1日の摂取量の約0.3~0.4%となっています。

 

脂質は、何かと嫌われがちですが、
重要なエネルギー源です。

脂質1gで9kcalと、
たんぱく質や糖質などの三大栄養素の中でも、
最も高いエネルギーを得ることが出来ます。

 

また、脂質は、エネルギーだけでなく、
ホルモンや細胞膜・核膜の構成、

皮下脂肪により、臓器を守ったり、
体温を維持したりする働きがあります。

もちろん、摂り過ぎてしまうと
肥満に繋がります。

 

カロリーについて

そして、カロリーです。

さつまいものカロリーは、131kcal。

1日の摂取カロリーは、
成人男性で2200~2400kcal、
成人女性で1800~2000kcal、
と言われています。

これについては、
個人差が大きいところなので、
一概に言えず、あくまで目安です。

(例えば、年齢や筋肉量などで、
 1日の摂取カロリーの目安は変わります。)

さつまいもの131kcalというのは、
1日のカロリーの5~7%程度に当たります。

 

カロリーには、
摂取カロリーと消費カロリーがあり、

「摂取カロリー<消費カロリー」

なら、体重は減っていくと考えられます。

 

つまり1日の消費カロリーの
目安を知る事で、

摂取カロリーを
考える事が重要となります。

 

消費カロリーについて

その消費カロリーの内訳ですが、

基礎代謝(70~80%)、
生活活動代謝(20%)、
食事誘発性熱産生(10%未満)、

おおよそ、このような割合になります。

 

基礎代謝は、

人間が生きていく上で必要な活動
(呼吸、血液の循環、
 体温保持、内臓を動かすなど、)
で代謝されるもので、

最も大きな割合を占めます。

 

基礎代謝は、
横になっていても消費されるので、
基礎代謝を上げる事がダイエットの近道です。

 

あくまで目安ですが、
この基礎代謝の算出方法としては、
1日の基礎代謝量×身体活動レベルで算出できます。

【1日の基礎代謝量(体重1kgあたり)】
<男性>
18~29歳:24kcal
30~49歳:22.3kcal
50~69歳:21.5 kcal

<女性>
18~29歳:22.1kcal
30~49歳:21.7kcal
50~69歳:20.7kcal

【身体活動レベル】
Ⅰ:ほとんど運動しない、座った状態が多い:1.5
Ⅱ:通勤・通学は立ったまま、家事をする:1.75
Ⅲ:立って仕事をしている、スポーツが習慣化している:2.0

例えば、30歳男性、60kg、
通勤ぐらいしか体を動かさない方であれば、

22.3kcal×60kg×1.75=2341kcal

2341kcalが1日の消費カロリーとなります。

 

これに運動を追加する(生活活動代謝)と、
その分が消費カロリーとして、
追加されますので、

消費カロリーの数値は
大きくなっていきますので、
痩せやすくなります。

 

基礎代謝だけなら、
この範囲であれば、2341kcal以下に、
摂取カロリーを抑えると、

体重は減っていくと、
考えられます。

 

逆に、これ以上のカロリーを摂取してしまうと、
消費されなかったカロリーは、
体脂肪となり体に蓄積されていきますので、
注意が必要です。

スポンサーリンク

さつまいもは太るの?太らないの?ダイエット中に食べてもいいの?

サツマイモのイメージ画像
さつまいもの糖質は10%前後、
脂質は0.3~0.4%、
カロリーは5~7%となっていますので、

さつまいも自体は、
この時点で考えると、
ダイエットと相性が悪いとは言えませんね。

 

さつまいもには食物繊維やヤラピンが含まれている

それどころか、さつまいもに含まれる、
食物繊維やヤラピンが、
便通の改善を行ってくれますので、
デトックス効果も期待できます。

 

さつまいもは低GI食品

さらに、さつまいもが優れているのは、
低GI食品と呼ばれている所
です。

低GI食品とは、
糖の吸収を穏やかにする事で、
食後の血糖値の上昇を
穏やかにしてくれます。

その為、体に脂肪が
付きにくくなるという食品です。

さつまいもは、低GI食品であり、
ダイエットにも役立ってくれそうですね。

 

さつまいもはダイエットに相性の良い食べ物

これらの事を総合的に考えると、
ダイエットを行うのであれば、
さつまいもは、相性の良い食べ物です
が、

 

ただし、料理の仕方や合わせる物によっては、
ダイエットとは相性が悪いものになってしまします。

 

もちろん、
さつまいもを過剰に食べたりすれば、
ダイエットには良くありません。

また、砂糖を大量に味付けに使ったり、
油で揚げたりすれば、
こちらもダイエットに良くありません。

 

先ほど述べた通り、
さつまいも自体は、
ダイエットとの相性は良い食べ物なので、

レシピをしっかり考れば、
十分にダイエットに活用できるでしょう。

 

味気ないと言えば味気なのですが、
蒸かし芋であれば、
さつまいもそのままのカロリーなので、
ダイエットにおすすめのメニューとなります。

 

【関連記事】さつまいもダイエット

さつまいもは、
「さつまいもダイエット」というものがあるほど、
ダイエットとの相性は良い食品
です。

「さつまいもダイエット」については、
こちらの記事で、詳しく取り上げていますので、
興味がある方は、ご覧下さいね。

さつまいもダイエットで失敗!?原因は?効果や期間を解説!
さつまいもダイエットは、 韓国でブームになったダイエット方法です。 ブームになったのは良いですが、 失敗した方、効果がなかったという方も多いようです。 さつまいもでダイエットできるのであれば、 誰でも簡単に出来るの...

 

スポンサーリンク

「さつまいもは太る?太らない?ダイエット中に食べてもいい?カロリーは?」のまとめ

サツマイモのイメージ画像2
さつまいも自体は、
ダイエットに相性の良い食べ物です。

ですが、食べる際は、
レシピをしっかり考える事が大事です。

 

何でも食べ過ぎは良くないですが、
さつまいもは、
食物繊維も含まれている為、

食事をする前に食べておくと、
腹持ちが良く、食事の量も減らせます。

 

さつまいもを食べたから
と言って太るわけではなく、
また、痩せるわけでもありません。

さつまいもは、
ダイエットに相性の良い食品ですが、

食べ過ぎや、
砂糖を使った味付けなど、
高カロリーの料理にする事で、
太ってしまう原因になる可能性はあります。

 

ご紹介したように、
ヘルシーな蒸かし芋にして、
食べる量をコントロールすれば、

さつまいもは、
ダイエットの強い味方になってくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

あの食べ物は太る?太らない?シリーズ

芋けんぴは太る?太らない?ダイエット中に食べていい?カロリーは?
昔から定番のお菓子として、 人気のある芋けんぴ。 昔は、おばあちゃんの手作りの お菓子としても人気でした。 最近では、スーパーやコンビニでも 当たり前のように販売されており、 芋けんぴをついつい買ってしまう、...
サラミは太る?太らない?ダイエット中に食べていい?カロリーは?
サラミって、美味しいですよね。 でも、体型が気になるので、 サラミをたくさん食べるわけにもいかない、 そんな方もいるのではないでしょうか? ところで、サラミって、 太りやすい食べ物なんでしょうか? サラミが好...
パイナップルは太る?痩せる?ダイエット中に食べていい?カロリーは?
パイナップルって、 美味しいですよね。 酸味と甘みが程よく、 さっぱり食べることが できますので、 食後のデザートなどにも ぴったりです。 また、酢豚にも パイナップルが使われるように、 調理しても美味...
お豆腐は太る?太らない?痩せる?豆腐はダイエット中に食べていい?
お豆腐と聞いて、 どんなイメージを持ちますか? ヘルシーでダイエットとかに 効果的な食べ物だと聞いたこと、 一度はありますよね? 一食をお豆腐に置き換えて ダイエットする方法や、 お肉をお豆腐に混ぜて、 ...
マカロニは太る?痩せる?ダイエット中に食べていい?カロリーは?
マカロニって、 美味しいですよね。 サラダにしてもいいですし、 グラタンなどマカロニの定番料理は、 子供から大人まで人気があります。 しかし、 そんな美味しいマカロニですが、 食べたら太るものなのでしょうか? ...
イカは太る?太らない?痩せる?ダイエット中に食べていい?カロリーは?
烏賊(イカ)って、 美味しいですよね。 歯ごたえのある食感に、 旨味が噛めば噛むほどにじみ出てきて、 お刺身やお寿司のような生食はもちろん、 煮ても、焼いても、揚げても、 なんでも美味しいです。 筆者もイカは大好き...
キムチは太る?太らない?痩せる?ダイエット中に食べていい?
キムチは食べても、 太ることはないのでしょうか? 確かに素材は、 白菜やトウガラシだし、 ヘルシーなイメージでダイエット中でも、 キムチはそんなに太る心配は 無さそうな気がしますよね。 でも、キムチって味が...
ベーコンは太る?ダイエット中に食べていい?カロリーは?塩分も気になる?
ベーコンってやっぱり、 食べると太るものなんでしょうか? ベーコンが好きで、 よく食べるという方にとっては、 太りやすい食品なのか、 気になるところですよね。 確かに加工肉だし、 塩分も多くて味付けも濃いか...
かりんとうは太る?太らない?ダイエット中に食べていい?カロリーは?
小麦粉や砂糖などを 混ぜ合わせた生地を 油で揚げた和菓子の一種である かりんとうは、 素朴な甘さと食べやすさから、 多くの方から愛されています。 そんなかりんとうは、 今やスーパーやコンビニでも、 買...
さきいかは太る?太らない?ダイエット中に食べていい?カロリーは?
あなたは、 今ダイエットしていますか? ダイエット方法が たくさんある中で、 食事をとりながら ダイエットしたり、 単品のものを食べて ダイエットする方法、 運動する方法など、 さまざまな方法があり...
卵は太る?太らない?痩せる?ダイエット中に食べていい?カロリーは?
卵は太る食べ物なんでしょうか? 確かに栄養価が高い と言われているから、 カロリーとかも すごく高そうなイメージですよね…。 でもダイエット中、 卵が食べられないのはちょっとツラいもの。 そこで...

 

タイトルとURLをコピーしました