さつまいもダイエットで失敗!?原因は?効果や期間を解説!

スポンサーリンク

さつまいもダイエットは、
韓国でブームになったダイエット方法です。

ブームになったのは良いですが、
失敗した方、効果がなかったという方も多いようです。

 

さつまいもでダイエットできるのであれば、
誰でも簡単に出来るので
ぜひ、チャレンジしたいですよね。

 

そもそも、さつまいもでダイエットできるのか?
そんな疑問も残ります。

ダイエットできるのであれば、
どういう風にすればよいのか?

 

ここでは、
今までさつまいもダイエットを行って、
効果がなかった方や、ダイエットを始めようとした方、

手軽なダイエットを探している方に、
さつまいもダイエットを解説していきます。

そもそもさつまいもダイエットってどういうダイエット方法?

スポンサーリンク

まずは、さつまいもダイエットとは、
どういったものなのかから説明していきます。

さつまいもダイエットとは、
簡単に言うと置き換えダイエットの1つ
です。

 

主食のご飯や麺類など麺類などを、
さつまいもに変えるだけの簡単なダイエット方法です。

さつまいもダイエットは、
さつまいもに置き換えるだけで、

その他の食事は変えない為、
美味しく、お腹いっぱいになり、
満足感が出ます。

その割に、低カロリーで栄養豊富なので、
ダイエットには最適と言われています。

さつまいもダイエットで失敗!?失敗の原因は?そもそもさつまいもダイエットって本当に効果あるの?

そんな、さつまいもダイエットを、
詳しく考えていくために、
まずは、さつまいもの栄養からみていきましょう。

さつまいもの栄養

それでは、さつまいもに含まれる
栄養素を見ていきましょう。

食物繊維

さつまいもには、食物繊維が多く含まれ、
空腹感がなくなり、お腹がすきにくくなります。

また、食物繊維には便秘を解消する効果もあります。

ヤラピン

さつまいもには、ヤラピンという
成分が含まれます。

これも便秘に効果があり
腸の蠕動運動を活性化させます。

さつまいもの皮付近に多く含まれます。

ビタミンC

さつまいもには、
ビタミンCが多く含まれます。

ビタミンCは、美肌、美白、血流改善、
免疫力向上など様々な働きがあります。

カリウム

カリウムは、細胞の浸透調整を行い、
むくみに良いと言われています。

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、シミを抑えたり、
シミの予防、血糖の上昇を抑える、
脂肪の吸収を抑える働きがあります。

アントシアニン・ビタミンE

抗酸化作用や体内の脂質が酸化するのを防ぎます。
共に生活習慣病の予防になります。

 

さつまいもは意外と低カロリー

また、さつまいもは、
低カロリー食物としても扱われています。

例えば、ご飯1杯の150gなら、
約250kcal
と言われていますが、

これをさつまいもに変えると、
同じ150gで約190kcal
と、
約60kcal削減できます。

 

60kcalのカロリーと言えば、普通に20分歩く、
普通に20分間自転車を
こぐぐらいの消費カロリーです。

20分間動き続けるぐらいの効果があります。

 

つまり、さつまいもダイエットの
痩せる理由としては、
カロリーが低い事、

食物繊維が多く含まれることで、
便通が良くなる、
肥満を回避する事が出来る事です。

 

それではさつまいもダイエットで失敗した原因とは?

さつまいもダイエットで失敗した方が、
失敗に終わった原因は、いくつか考えられます。

さつまいもを過剰摂取

いくら体に良いからと言って、

置き換えのご飯以上に
さつまいもを食べていたら、

置き換えの意味がなくなります。

通常のご飯と同じ量にしましょう。

さつまいものアレンジによるカロリー上昇

さつまいもに飽きてくると
アレンジを入れたいですね。

その際、油で揚げたり、
バターを付けて食べたり、

砂糖を付けて食べたりなどと、
余計な物を付けてしまうと、
もちろんカロリーは上がります。

そうなれば当然、
さつまいもダイエットも、
失敗に終わる可能性が上がってしまいます。

食事をする時間

さつまいもを摂取する時間は、
朝食や昼食を置き換えましょう。

夜食べる分は、消化できないと脂肪に変わります。

脂肪に変われば、中々落ちなくなります。

こういった事で体重が減らない、
などの失敗例が上がっています。

ダイエット効果を期待しすぎ

後述する、
さつまいもダイエットの効果が出るまでの期間の部分でも説明していますが、

通常のさつまいもダイエットだと、
1日に約60kcal削減だけに過ぎません。

ですので、もともと、
さつまいもダイエットだけでは、
急激に体重を落とせるような方法ではない
のです。

そのため、さつまいもダイエットの効果を、
過剰に期待して、さつまいもダイエットを行い、

期待していたほど、体重が落ちないため、
さつまいもダイエットに失敗した、
と考えた人(勘違いした人)もいるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

さつまいもダイエットの失敗しない方法は?効果が出るまでの期間はどれくらい?

さつまいものイメージ画像2
それでは、さつまいもダイエットの失敗しない方法、
失敗しないポイントを紹介していきます。

さつまいもを主食と置き換えて摂取量は維持する

ご飯や麺類をさつまいもと置き換えますが、
摂取量を守り、適量を摂取しましょう。

食べ過ぎると逆効果です。

さつまいもは皮ごと食べる

皮と身の間には栄養が豊富に含まれています。

皮を捨てるのはもったいないので、
皮ごと調理し、栄養をしっかり取りましょう

さつまいもの調理方法

油やバター、砂糖などを加えずに、
焼きいもやふかし芋など、
シンプルな料理を心掛けます。

 

さつまいもダイエットの効果が出るまでの期間は?

それでは、効果が出るまでの期間についてです。

ネットを見ると、
1日で2.2㎏痩せたなどの声もありますが、
余程の事がないと、そんな事は厳しいでしょう。

 

主食のさつまいもへの
置き換えだけで減るのは、60kcalでした。

脂肪を1kg減らすのに、
必要なカロリーは、約7200kcal必要です。

 

つまり、1日60kcal減らす、
さつまいもダイエットでは、

7200kcal減らすのに、
120日間、つまり4か月かかります。

これが、効果が出ないと
言われる理由かもしれないですね。

 

効果を早く出したいなら、

さつまいもダイエットに、
運動を加えたり、
食事を見直す事をお勧めします。

「さつまいもダイエットで失敗!?原因は?効果や期間を解説!」のまとめ

さつまいものイメージ画像
このように、さつまいもダイエットは、
効果が出ないわけではないが、
出にくいものでもあります。

食事の置き換えだけでは、
1日60kcalなので、
1kg痩せるのに4か月。

 

なかなか結果が出ないので、
我慢が出来ない方が多いようです。

ただし、栄養成分は良い物も含まれていますし、
健康にも良いので、
さつまいもダイエットだけではなく、

他のダイエットと合わせて行う事が、
効果が出やすくなります。

 

体に負担なく健康的に痩せれる分、
効果が出るまでに時間がかかるような
方法と言えそうです。

どんなダイエットにも言えますが、
やはり、ダイエットの基本は、

消費カロリー>摂取カロリーです

これを意識してダイエットを行うと、
きっと成功に繋がるでしょう。

 

ダイエット関連記事の紹介

また、ダイエットの成功のためには、
「停滞期」に関する知識が必須です。

停滞期に関しては、
こちらの記事で取り上げていますので、
参考にして下さいね。

半年も体重が減らない!ダイエットの停滞期が半年?長い?いつまで続く?
ダイエットを始めると思いのほか、 最初のころは体重は減少していきます。 これで気を良くしていると、 ある期間から急に体重が減らなくなります。 この期間をダイエットの停滞期と呼びますが、 この期間で挫折してしまう方が、 男...

 

さつまいもダイエットと同様の、
置き換えダイエットの一つに、
味噌汁ダイエットがあります。

その味噌汁ダイエットに関しては、
こちらの記事で取り上げています。

お味噌汁がダイエットに効果あり?特に朝に飲むのが効果的?
現在、味噌汁ダイエットが話題となっていますね。 テレビ番組でも紹介されて、 世間を騒がせています。 毎朝、味噌汁を食べるだけで、 ダイエットできるとなると、 ダイエットしている方は、 無視できないですよね。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました