ステンレス鍋はカレーとかで焦げやすい?焦げ付きの落とし方は?

スポンサーリンク

ステンレス鍋は家庭でも
多く使われている素材です。

軽くて傷もつきにくく、
変形にも強いので、

鍋を始め多くの調理器具や
道具にも使われています。

 

そんなステンレス鍋を家で
愛用している人も多いと思います。

しかしそんな使いやすいステンレス鍋ですが、

カレーなどに使うと
焦げ付きやすいという欠点もあります。

 

なぜステンレス鍋の場合、
焦げ付きやすいかはご存知でしょうか?

また、ステンレス鍋についた焦げ付きに対して
効率よくできる落とし方はご存知でしょうか?

意外と知らないですよね。

 

ここではステンレス鍋を使っている
家庭ならぜひ知っておきたい、

ステンレス鍋の焦げ付きの落とし方や
使い方について解説をしたいと思います!

ステンレス鍋はカレーとかで焦げやすい?焦げないようにする使い方は?

スポンサーリンク

それでは、なぜステンレス鍋は、
焦げやすいのでしょうか?

 

ステンレス鍋がカレーなどで焦げ付きやすい理由

それはステンレスは、
熱伝導率が悪いからです。

 

熱伝導率が悪いと聞くと、
マイナスのイメージがあるかもしれませんが、

これは外の気温にも、
影響しにくいということですので、

保温性に優れているということにもなります。

 

ですので、全体に火を通すのは大変だけど、
その分、保温性が高いということですね。

 

また、ステンレス鍋の場合、
鍋の底部分が薄く作られていることが多いです。

その結果、カレーなどを作っている際、
薄い鍋の底に火が当たり続け、

熱伝導率の悪さから底の部分の温度が上昇し、
結果的に焦げ付いてしまいます。

 

ステンレス鍋を焦げ付かないように使う方法

それでは、ステンレス鍋で、
焦げ付かないようにするには、
どのようにすればいいでしょうか?

ステンレス鍋の場合、熱伝導率の悪さから、
ついつい火力をあげてしまいがちです。

 

しかし、火力をあげてしまうと上記の通り、
そこの部分に熱が集中して焦げやすいです。

ですので、ステンレス鍋を使う際は、
基本的には中火までにしておいて、
あまり火力を強めないようにしましょう。

 

また、火を強めていなくても、
カレーなどを作っている際に、
火を当て続けると、

定期的にかき混ぜないと、
そこに熱が溜まって焦げやすいです。

 

ですので、火をかけっぱなしにする際には、
中の具材をそこから掬うように、
定期的にかき混ぜてあげましょう。

ちょっとしたことですが、
これらをやるだけでステンレス鍋の焦げ付きは、
抑えることができますよ。

ステンレス鍋の焦げ付きの取り方は?重曹が使える?

ステンレス鍋のイメージ画像
それでも、いくら注意をしても、
ステンレス鍋を使っていて、
焦げ付いてしまうことはあると思います。

その際、うまくステンレス鍋の焦げ付きを、
取る方法はあるのでしょうか?

結論から言えば、
ステンレス鍋の焦げ付きを取る方法はあります。

 

ステンレス鍋の焦げ付きを効果的に取る
アイテムとしては重曹が使えます。

重曹は、ベーキングパウダーやふくらし粉など、
食品のイメージがあるかもしれませんが、
洗剤にも使えます。

ドラッグストアや、
ホームセンターの洗剤コーナーにも、
重曹はたいていは売っていますよ。

使い方簡単です。

 

重曹を使ったステンレス鍋の焦げ付きの落とし方

焦げ付いてしまったステンレス鍋に水を入れて、
その中に重曹をスプーン一杯ほど入れます。

そして、そのまま強火で水を沸騰させましょう。

水の沸騰が始まると、
大量の泡が発生してきます。

吹きこぼれないように気をつけながら、
そのまま加熱を続けるようにしましょう。

だいたい10分ほど加熱をしたら、
泡が消えます。

 

そうしましたら火を止め、
2時間ほど放置をしたら、
水を流してしまいましょう。

そして、底の方には焦げ付きが
浮き上がっているはずですので、

スポンジやタワシを使って、
焦げ付きをとってしまいます。

これだけで、
ステンレス鍋の焦げ付きは、
だいぶ取れるはずです。

 

重曹を使った焦げ付きの取り方は、
ステンレス鍋やホーロー鍋、
土鍋には効果があります。

しかし、アルミ鍋や銅鍋に行うと、
逆に黒ずんでしまうので、
注意しましょう。

「ステンレス鍋はカレーとかで焦げやすい?焦げ付きの落とし方は?」のまとめ

ステンレス鍋のイメージ画像2
ステンレス鍋は使いやすい反面、
焦げ付きやすいなどの欠点もあります。

しかし、その欠点もうまく対処すれば、
それほど気になるものではありません。

うまくステンレス鍋の特性を理解して、
愛用の調理器具を長く使うようにしてくださいね!

 

スポンサーリンク

調理器具の関連記事の紹介

鉄やテフロンのフライパンの焦げの落とし方!取り方のコツは?重曹は使える?
フライパンを使っているうちに、 フライパンが焦げてしまう、 という事は、少なからずあると思います。 では、鉄やテフロン加工の フライパンの焦げを落とすには、 どんな方法をするのが 一番効果的なんでしょうか? 重曹な...
中華鍋は洗わない?洗剤では洗わない?中華鍋の正しいお手入れの方法は?
中華鍋ってかっこいいですよね。 流石に中華料理屋のような、 燃えたぎる火力の中で、 ブンブン振り回すことは難しいですが、 家に中華鍋があると、 頑張ってカッコよく 料理をしたくなります。 中華鍋で作るチャーハンって...
中華鍋がくっつく!くっつくのを防ぐには使い始めが重要?
中華鍋で炒め物をすると 食材がくっつく場合って、 一体どうしたらいいんでしょうか? せっかく中華鍋を買ったのに、 くっつくとすごく困るし、 洗う時にとても面倒に なってしまいますよね…。 実は中華鍋...
テフロン加工のはがれは有害?剥がれたら寿命だと思った方がいい?
テフロン加工の フライパンって便利ですよね。 焼いてもくっつかない上に、 油も少なくて済むため経済的、 洗いやすいためテフロン加工のフライパンを 愛用している人は多いと思います。 しかしそんなテフロン...
セラミックのフライパンの危険性や害は?安全?有害?どっちなの?
セラミックのフライパンって便利ですよね。 フライパンにコーティングされた セラミックによって焦げ付きを防止し、 火も食材に満遍なく通すことができます。 また、セラミックのフライパンは 他のフライパンと比べ デザイ...
テフロン加工のフライパンの寿命は?剥がれたり傷ついても大丈夫?
テフロン加工のフライパンって便利ですよね。 焦げ付きも少なく、 少ない油で調理ができるため、 愛用をしているという人も 多いのではないでしょうか? しかし、愛用をして長く使えば、 テフロン加工といえども ...
ホーローのフライパンはくっつく?くっつかないようにする使い方は?
ホーローのフライパンって便利ですよね。 ホーローのフライパンは 色鮮やかで可愛いものが多く、 保温性も良いため 愛用している人も多いのでしょうか? その反面、調理をする際に フライパンに食材がくっつきやすいと...
ホーロー鍋に傷!健康に害がある?補修・修理すれば安全に使える?
ホーロー鍋って便利ですよね。 ホーロー鍋は色鮮やかでデザインもよく、 機能性も優れているので、 愛用している人も多いと思います。 お気に入りの調理器具で 料理をするのって楽しいですよね。 しかし、ホーロー...
セラミックのフライパンがくっつく!くっつかないようにする使い方と洗い方!
セラミックのフライパンって 使いやすいですよね。 可愛いデザインのものも多く、 加えてセラミック加工によって、 火の通りが良いので、 省エネ効果もあります。 しかし、セラミックのフライパンには弱点もあって、 ...
ホーロー鍋は焦げ付きやすい?やかんもフライパンも焦げ付きやすい?
普通の鍋とは違い、 鉄やアルミニウム製の素材の表面に、 ガラス質を焼き付けているため、 熱伝導の良さや強度、 そして耐食性が優れているホーロー鍋。 ホーロー鍋は機能性が優れているだけではなく、 オシャレなデザインでも ...

 

タイトルとURLをコピーしました