初心者必見!ウォーキングするなら効果的な方法を知らなきゃ損?

スポンサーリンク

最近体の健康のために
運動したいな…と考えているあなた。

だけど何をしたら
いいのかわからないし、

実際に効果があるのか不安…と
思っていませんか?

そんなあなたに
今回はウォーキングについて、
調べてみました。

知らない知識を学んで、
ぜひ健康のために、
役立たせてほしいと思います!

初心者の方もわかるような
簡単な説明ですので、
実践してみてくださいね。

初心者でも知っておきたい!ウォーキングの正しい歩き方!

スポンサーリンク

まず、ウォーキングの
正しい歩き方ですが、

ウォーキングの動きの基本は、
「立つ姿勢」にあります。

カラダの中心軸「体幹」を意識して、
美しく立つことで、

全身の筋肉に程よい、
緊張感が生まれてきます。

この姿勢をマスターすることが、
効果的なウォーキングのポイントです。

 

姿勢の次は歩き方です。

かかとから着地して、
つま先で蹴り出すように、
歩きましょう。

膝は負担がかかりやすいので、
なるべく伸ばし、
腰から前に出すようなイメージで、
歩いてみましょう。

歩幅を広くし、
早歩きでウォーキングすると。
運動量が増えるのでおすすめです。

 

そして、正しい姿勢をキープしつつ、
足の運び方、腕の振り方、
着地のタイミングなど、

カラダの使い方を意識しながら、
歩くことが効果的な方法だと思います。

 

意識しながら歩くことで、
歩幅や腕の振りが大きくなり、
使われるカラダの範囲が広くなります。

無理のない範囲からでいいので
初めてみましょう!

 

歩き方の説明について、
いかがでしたか?

初心者な方も簡単に実践できるので、
意識して歩いてみてくださいね。

 

ですがここで注意して、
ほしいことがあります。

それは、初心者の方で多いのですが、
体をいきなり動かすと

筋肉痛になりやすい傾向が、
あるということです。

 

なので、体の調子を見ながら、
少しずつ動かしてみることが必要なのです。

体はすごく丈夫だから大丈夫!
と思っているあなたの身体でも、

急激な運動はさらに筋肉を
傷めてしまうことにつながるので、

軽めの有酸素運動から、
始めることが良いと思います。

 

有酸素運動をすることで、
血液の循環がよくなり、
溜まった乳酸を放出しやすくなります。

軽いウォーキングやランニングなどは、
無理しない程度にしてみましょう。

無理のないように行えば、
筋肉痛は起こりにくいと思います。

そして、同時に縮んだ筋肉を伸ばし、
血流を良くするために、
ストレッチも行うとよいですよ。

そのとき、急激に伸ばしてしまうと、
返って筋肉が縮こまってしまうので、

徐々に伸ばすように、
心がけていきましょう!

 

いかがでしたか?

筋肉痛にならないためには、
マイペースに運動した方が良い、
ということがわかりますね。

無理のないように行えば、
さらに効果もアップすると思います!

次に、歩く時のシューズについて、
ご紹介していきますね。

ウォーキングシューズの特徴は?初心者でもウォーキングシューズを使うべき?

老人のウォーキングのイメージ画像
もしかしたら、ウォーキングシューズを
見たことない!という方も、
いらっしゃるかもしれません。

ランニングシューズや、
スニーカーと比べると、

販売されている個数も少ないため、
実際に手に触れる機会も
少ないと思います。

 

ウォーキングシューズの特徴は、
ランニングシューズより、
重たいということです。

 

実際にウォーキングをしてみると、
ランニングシューズで、
ウォーキングしている人も、
ちらほら見受けられますが、

履いてみると、ウォーキングシューズは、
ランニングシューズよりも、
少し重たいという特徴があります。

 

これはスピードではなく、
振り子運動でスムーズに足を運ぶために、

スポーツ用品メーカーがわざと、
重ために設定しているそうです。

 

ランニングを行う可能性もあるという方は、
ランニングシューズでも問題ありませんが、

初心者の方でも、
ウォーキングメインで、
取り組む予定の方は、

ウォーキングシューズを選ぶことが、
健康や体の体型に効果を、
生み出してくれると思います!

 

もちろん、形から入るのは重要という事で、
初心者でも、最初からウォーキングシューズを選ぶ、
というのも良いでしょうね。

特に、気合を入れて、ウォーキングに取り組みたい方は。

ですが、何よりも、ウォーキングを始めるという事が、
一番大切ですから、シューズにこだわり過ぎず、

まずは、履きなれた普段の靴でも構いませんから、
とりあえず、ウォーキングを始めてみる、
というのでも良いでしょうね。

まとめ

シニアのウォーキングのイメージ画像
ウォーキングについて
いかがでしたか?

効果的な歩きかたや、
無理は良くないことが、
わかりましたね。

筋肉痛を起こすと、
日常に支障が起こるので、
なるべくは避けていきたいです。

そのためにはマイペースに、
運動することが、
一番良いと思いますので、

無理せず焦らずに、
自分のペースで、
歩いてみてくださいね。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

ウォーキング関連の記事の紹介

毎日ウォーキングしているのにどうして痩せないの?何が原因なの?!
子育て中、ふと気づくと乱れてきた体型。 体についた脂肪は、重力に逆らえず、 タルミだし、自分の体型も気になり始めてきました。 ウォーキングが手軽で良いとの情報を聞き、 早速、ママ友を誘い、ウォーキング開始! ウ...
ウォーキングの腕振りの効果!腕を振ると良い理由は?二の腕痩せできる?
腕を出す機会が増えると、 気になるのが二の腕のたるみです。 この二の腕のたるみは、 年齢を感じさせます。 気になっても意外と、 対策できないのが、 二の腕のたるみの悩みです。 そこで、二の腕のたるみ...
ダイエットのためにウォーキング!消費カロリーは?脂肪燃焼できる?
運動不足が気になり始めた時、 手軽に始められそうな ウォーキングが頭に浮かびます。 手軽に始められる分、 本当に効果が心配になりますよね。 どうせやるなら、 効果が高いほうが良いと 誰もが考えます。 健康...

 

タイトルとURLをコピーしました