ネギを冷凍するとべちゃべちゃで水っぽい?水っぽくならない冷凍方法は?

スポンサーリンク

ネギって美味しいですよね。

寒い時期は鍋に入れても美味しいですし、

薬味としても使えるので、
何かとネギを食べる機会が多いと思います。

ネギをたくさん使うご家庭では、
特売の時にネギをまとめ買いしている人も
多いのではないでしょうか?

 

しかし、ネギをたくさん買うと、
困るのが保存ですよね。

ネギを長期間保存しようとすると、
やっぱり冷凍保存なのですが、

ネギを冷凍保存したらなんだか、
べちゃべちゃで水っぽくなってしまったという、
経験がある方もいると思います。

 

どうして、ネギを冷凍すると、
べちゃべちゃで水っぽく、
なってしまうのでしょうか?

また、ネギがべちゃべちゃで、
水っぽくならないようにするためには、
どのように冷凍すればいいのでしょうか?

併せて知りたいですよね。

 

ここでは、ネギを長期間美味しく保存するために、
ネギの冷凍保存の方法について、

解説をしたいと思います。

ネギを冷凍したらべちゃべちゃで水っぽい?どうしてこうなったの?原因は?

スポンサーリンク

まず、ネギを冷凍することですが、
ネギは冷凍保存をしやすい野菜と言えます。

ネギは冷凍をすることによって、

ネギの辛み成分である硫化アリル
という成分が抜けるので、
甘み成分が増します。

 

加えて使う分だけ切って冷凍ができるので、

料理に使いたい時に
サッと出すことができるので便利ですね。

 

しかし、ネギを冷凍したら
べちゃべちゃで水っぽいという
経験があると思います。

これはどうしてこうなったのでしょうか?

 

それはネギを冷凍する前に、
ネギの水気を取り切っていないのが、
原因と考えられます。

ネギの辛み成分である
硫化アリルは水溶性のために、

辛みを取るためや、
土を払ったりするために
水で洗うのは効果的です。

 

しかし、その際に水分が残ってしまっていると、
冷凍をした際にくっついてしてしまうのと、

解凍をした際に、
残った水分でネギがべちゃべちゃで、
水っぽくなってしまいます。

 

ですので、ネギを冷凍する際には、
しっかりとキッチンペーパーなどで

水分をしっかり取った上で
冷凍をするようにしましょう。

 

また、ネギを解凍する際には、
自然解凍でゆっくりと解凍をさせず、

凍ったまま調理に使うなどして
急速に解凍をさせるようにしましょう。

そうすることで、ネギの食感を残したまま
ネギを解凍することができて、
美味しく食べることができますよ。

ネギの冷凍保存の失敗しない方法は?

ネギのイメージ画像2
では、ネギの冷凍保存で失敗しない方法は、
どのようなものなのでしょうか?

冷凍保存をしたいネギが
長ネギでも、万能ネギの場合でも、

冷凍保存をする前に洗ったのなら、
その際の水気をしっかりと取るようにしましょう。

 

また、長ネギの場合は、料理で使う分に、
小分けをして保存をしておくと調理の際に便利です。

長ネギを冷凍保存する際には、
小分けにした長ネギをラップで包み、

ジップロックなどの密閉容器に、
入れるようにしましょう。

その際に空気をしっかり抜くようにしましょう。

 

冷凍に時間がかかってしまうと、
冷凍ムラができてしまい、
食感や風味が落ちてしまいます。

ですので、ネギを冷凍保存する際には、
金属トレイの上に乗せるようにすれば、

均一に急速にネギを冷凍することが、
できるので便利です。

 

ネギですが、冷凍と解凍を繰り返すと、
味だけでなく栄養も落ちてしまいます。

ですので、ネギを冷凍する際には小分けにして、

また解凍をする際には、
使う分だけを解凍させるようにします。

このような冷凍保存の方法をすれば、
ネギの味や風味、栄養を損なうことなく、
1ヶ月は冷凍保存をすることができます。

ぜひうまく冷凍保存を活用して、
最後まで美味しく、
ネギを食べてくださいね。

 

その他、長ネギには、
土に埋めて保存するという方法もあります。

ネギを土に埋めて保存する方法や、
その保存期間などは、こちらで紹介していますので、
興味のある方は、ご覧になってみて下さいね。

泥付き・土付きのネギの保存は土に埋める?ねぎの保存方法!
ねぎって美味しいですよね。 寒い時期ですと鍋に入れても美味しいですし、 栄養もたっぷりですので風邪予防にもなります。 また、薬味としてもつかえますので、 蕎麦やうどんにネギは欠かせない という人も多いのではないでしょう...

 

「ネギを冷凍するとべちゃべちゃで水っぽい?水っぽくならない冷凍方法は?」のまとめ

ネギのイメージ画像
ネギは美味しいだけでなく、
栄養も豊富ですので、

風邪が流行る冬の時期にこそ
たくさん食べてもらいたいです。

 

ネギは調理方法もたくさんありますので、
飽きることなく
たくさん食べることができます。

ぜひご家庭では冷凍保存を利用して、

ネギをたくさん食べるようにして
この冬を風邪知らずで乗り切ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました