赤ちゃんがワセリンを食べる?舐める?飲む?口に入るのは大丈夫?

スポンサーリンク

【この記事のまとめ】

●ワセリンは精製の純度によって種類がある

●純度が高いほど刺激物や不純物が取り除かれているため安全性が高い

●医療機関で処方される純度の高いワセリンであれば赤ちゃんが舐めるなどして口に入れても害は無い
(もちろん、大量に食べるなどした場合は除きます。)

●純度の低いワセリンは口に入る以前に赤ちゃんには使わない方が良い

 

赤ちゃんの肌はとても薄くて、
様々な刺激に敏感です。

赤ちゃんの肌荒れ予防に
ベビーオイルやローション、クリームなどを
塗っているママは多いと思います。

そんな中で、赤ちゃんのお肌に、
ワセリンを使っているという方も、
少なくないと思います。

 

ワセリンは昔から薬局などで売られており、
肌の乾燥を防いだり、乾燥肌を治療する目的で
使われてきました。

肌トラブルを抱えた赤ちゃんを
小児科や皮膚科に連れていくと、
ワセリンを出される事もあります。

 

ただ、赤ちゃんに使うとなると、
舐めたりして、口に入れてしまうので、
大丈夫なのか心配ですよね。

 

それでは、ワセリンは赤ちゃんが、
口に入れても大丈夫なのでしょうか?

また、ワセリンはどのような成分で、
何から作られているのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんにワセリンを使って、
安全かどうか紹介していきます。

赤ちゃんがワセリンを食べる?舐める?ワセリンが赤ちゃんの口に入るのは大丈夫なの?安全なの?

スポンサーリンク

昔はワセリンと言うと、
一種類しかないと思われていましたが、

現在は白色ワセリンと言って、
通常のワセリンよりも精製されて、

不純物が取り除かれた白いタイプのものが
皮膚科などで扱われています。

 

白色ワセリンなら、精製純度が高く、
不純物や刺激物が取り除かれているため、
安全性が高くなっており、

防腐剤などの添加物も無添加ですから、

赤ちゃんの皮膚に塗っても、
害がないと言われています。

 

また、赤ちゃんが誤って、
ワセリンを食べてしまったりして、口に入っても、
精製の純度が高いワセリンであれば害はありません。

 

病院で赤ちゃんを医師が診察して出される薬は、
赤ちゃんでも安全に使えるから出される薬です。

もし注意する必要のある薬ならば、
口に入らないように気をつけてください、
等の注意を必ず保護者に伝えるはずですよね。

 

もし不安なことがあれば、
医師や薬剤師に確認すると良いでしょう。

 

医療機関で処方される、
純度の高いワセリンであれば、
安全性が高いもの
ですので、

赤ちゃんが口に入れないように注意が必要、
などといった注意はされないはずです。

 

ちなみに、ワセリンは、
大人が使う化粧品やボディケアの材料としても
使われています。

大人である私たちも、
知らないうちに白色ワセリンを
使ってると思いますよ。

スポンサーリンク

そもそもワセリンの成分って何?安全性は大丈夫なの?

指を舐める赤ちゃんのイメージ画像
ワセリンは石油からできています。
石油というと鉱物油の一種です。

なので、鉱物油が原材料というと、
お肌に悪かったり、

赤ちゃんの口に入るなどすると、
体に悪いのではないかと、
不安になる方もいるかもしれません。

 

ワセリンには、
精製の純度によって種類があります。

最も純度が低いものが黄色ワセリンで、
さらに精製して、純度を高めたものが
白色ワセリンです。

白色ワセリンは、
医療用にも使われています。

 

診療所などで処方されるワセリンは、
白色ワセリン以上の純度のものです。

 

また、白色ワセリンは、
消炎剤、鎮痛剤、かゆみ止め等の
塗り薬の基剤として使われており、
白色ワセリン単体としても使われます。

ワセリンは、皮膚の乾燥を防いだり、
肌の保護したりする効果があり、

純度の高いものは、
刺激が無く、匂いや味もせず、
価格も安いため、様々な用途で使われています。

例えば、化粧品の原材料としても使われています。

 

白色ワセリンの純度を高めたものがプロペト、

それよりもさらに、純度が高いものが
サンホワイトという商品になります。

 

白色ワセリン以上の純度であれば、
赤ちゃんのお肌やアトピー肌、
顔や目の周りなどにも使えますが、

医療機関によっては、
プロペトが処方される場合もあります。

サンホワイトは、
一般的に出回っているワセリンとしては、
一番純度の高いワセリンになります。

 

白色ワセリン以上の純度であれば、
刺激物や不純物などが除去されているため、
安全性が高い
ものとなってるので、

赤ちゃんが舐めるなどして、
口に入れてしまったとしても、
害はありません。

 

ただし、赤ちゃんが誤って、
大量に食べるなどした場合は、

対処が必要となる場合もありますので、
医師の診察を受けた方が良いでしょう。

 

整理すると、

サンホワイト>プロペト>白色ワセリン>黄色ワセリン

このような順に精製度の高いワセリンになります。

純度が高い方が
比較的テクスチャーもさらりとして、
伸びが良くなり、塗りやすくなります。

ただ、一般的に純度が高いワセリンほど、
価格も高くなります。

 

ワセリンに大きな副作用はありませんが、
注意しなければならない、
以下のような副作用があります。

・油焼け(シミ、肌の変色、黒ずみ)
・ほてり
・シミ、そばかす

ただし、これらの副作用は、
黄色ワセリンのような
純度の低いワセリンで起こるもので、

白色ワセリン以上の純度の高いワセリンでは、
ほとんど起こる心配はありません。

 

これらの症状は、
長時間、紫外線に当たると起きやすい症状のため、

純度の低いワセリンを塗っている時は、
日焼けに注意する必要があります。

 

日焼けするような環境では、
純度の低いワセリンの使用は控えて、

純度の高いワセリンを使うか、
他の保湿剤や肌の保護剤を使いましょう。

 

ただ、そもそもとして、
純度の低いワセリンは、刺激があるため、
赤ちゃんのお肌には使わない方が良いものです。

 

赤ちゃんにワセリンを使う場合は、
医療機関で処方されたものを使うか、

市販されているワセリンを使う場合も、
純度の高いワセリンを使うようにしましょう。

そうすれば、赤ちゃんが舐めるなどして、
口に入れてしまったり、
飲み込むなどしても安心です。

さいごに

赤ちゃんのイメージ画像
赤ちゃんにも、
害がほとんどないと言われている
白色ワセリンですが、

もちろん、食べ物ではありませんので、
積極的に口に入れるものではありません。

 

大人も使うリップクリームや口紅と
同じようなものです。

唇に塗っているものは、
知らない間に口に入ってしまいます。

しかし、あえて食べたりはしませんよね。

それと同じで、赤ちゃんに使うワセリンも、
口に入っても少量であれば、
害はありませんよ、という意味です。

 

赤ちゃんが誤って、
ワセリンを大量に食べるなどした場合は、
害がある可能性は十分にありますので、

その点は、注意が必要で、
赤ちゃんの手の届かないところに置くなど、
対応が必要になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました