ブロッコリーが茶色に変色!食べれるの?変色の防止の方法は?

スポンサーリンク

ブロッコリーが茶色く変色してしまったら、
食べることは出来るんでしょうか?

 

確かに変色していると、
傷んでしまっているのか、
すごく気になってしまいますよね。

もし腐っているのでしたら、
食べてしまったら大変です!

 

そこで今回はブロッコリーは
茶色く変色しても食べられるのか、

また、変色を防止するには
どうしたらいいか
を紹介します。

ブロッコリーが茶色に変色!変色の原因は?食べれるの?

スポンサーリンク

結論から言うと、
茶色く変色してしまったブロッコリーは、
出来れば食べない方が良い
でしょう。

 

というのも、茶色に変色したブロッコリーというのは、
傷み始めてしまった特徴でもある
んですよ。

 

ブロッコリーって収穫された後も、
成長が続いており、

食べる部分は緑色から黄色、
茶色に変化していく
んですね。

 

私たちが食べているブロッコリーの部分って、
あれは実はブロッコリーの花のつぼみ部分なんです。

でも収穫されても
このつぼみはどんどん成長していき、

茶色く変色してしまったということは、
ブロッコリー自体の新鮮さや美味しさ、
栄養分などが落ちていった事を意味する
んです。

 

つまりつぼみ部分が、
茶色く変色してしまうということは、

成長が続き鮮度が落ちて、
美味しくなくなってしまっている、
ということになるんですね。

そのため、出来れば、
茶色くなってしまったブロッコリーは、
食べてもあまり美味しさを感じないので、

出来れば食べないことをおすすめします。

 

また、茶色く変色しているだけでなく、

異臭がしたり表面がぬるぬるしたり、
ブロッコリー自体が柔らかくなっていたり、

カビが生えているものは
絶対に食べないでください。

 

これらの特徴が見られるブロッコリーは、
完全に腐敗してしまったものなので、

食べると食中毒を起こしてしまいますよ!

 

【参考記事】

ブロッコリーが腐るとどうなる?消費期限は?どのくらいで腐る?
ブロッコリーが腐ると どうなるんでしょうか? 色が変わってしまうのか、 カビが生えたりするのか、 やっぱり鮮度が落ちると どうなるのか気になりますよね。 特にブロッコリーをよく買う家庭なら、 なおさら腐った時の状態...

 

でも、まだ完全に腐っておらず、
ただ茶色く変色しただけなのでしたら、
食べられないことはないです。

それでも、先ほども説明したように、
やっぱり鮮度も栄養も美味しさも落ちているので、

極力は茶色く変色したブロッコリーは
食べない方がいいでしょう。

 

ブロッコリーの鮮度は、
つぼみの部分をみて判断するといいんですね!

ちなみにつぼみ部分が
紫色になっているブロッコリーは、

反対にとても新鮮で美味しい証拠なので、
ぜひスーパーで買う時は、
つぼみ部分が紫になっているものを購入しましょう!

ブロッコリーが茶色に変色するのを防止する方法は?

ブロッコリーのイメージ画像2
ブロッコリーが茶色に変色してしまうのを、
防止する一番の方法は、
やっぱり早めに食べ切ってしまうことですね!

意外とブロッコリーって、
2日間ぐらいしか日持ちしない
ので、

早めに食べるようにするのが
ベストといえるでしょう。

 

また、少しでも長くブロッコリーを
新鮮なまま保存したいのでしたら、

余分な葉っぱを切り落とし、
湿らせたキッチンペーパーで包んで、

フリーザーバッグに入れて、
空気に触れないように密封して、
野菜室に入れておくのがおすすめです。

より長くブロッコリーを保存したい時は、
冷凍保存をしていくと良いですよ!

 

まずブロッコリーを1食分ずつに小分けにして、
1房ずつラップで包み、
フリーザーバッグに入れておきます。

あとは冷凍庫で凍らせておけば、
鮮度を保ったまま、
約1ヶ月は保存することが出来るので、

とっても安心なんですよね。

食べる時は凍ったまま茹でたり
加熱調理すればOK!

 

ついついブロッコリーを
たくさん買ってしまった時も、
冷凍しておけば、

使いたい時に新鮮なものをすぐに使えるので、
とってもおすすめの保存方法なんですよ!

ということでブロッコリーを茶色くしないためにも、

早めに食べてしまうか、
冷凍保存をしておくようにしましょう。

やっぱり鮮度のいいブロッコリーを食べたいですよね!

 

ただし、1度解凍してしまったブロッコリーは、
再度冷凍すると鮮度が失われてしまうので、

くれぐれも食べる分だけを
加熱調理して解凍していきましょう!

「ブロッコリーが茶色に変色!食べれるの?変色の防止の方法は?」のまとめ

ブロッコリーのイメージ画像
ブロッコリーが茶色く変色してしまうのは、
つぼみの部分が成長していってしまい、

鮮度や栄養が失われつつあるからなんですよね。

 

つまり変色したブロッコリーは
食べてもあまり美味しくないということです。

そのため、ブロッコリーは早めにたべるようにするか、
小分けにして冷凍しておくようにしましょう。

そうすれば鮮度を守って
美味しい状態で食べることができますよ!

タイトルとURLをコピーしました