台所の大掃除のスケジュール!どこからする?コツを紹介!

スポンサーリンク

季節は秋も深まってきて、もう年末シーズンに入ります。

年末に向けて、色々と計画を立てている
ご家庭も多いのではないでしょうか?

年末にはたくさんのあるイベントがありますが、
忘れてはいけないのが大掃除ですよね。

1年の汚れをしっかり落とすためにも、
隅から隅まで綺麗に掃除をしたいものです。

 

しかし、大掃除の中でも厄介な掃除場所が台所です。

油汚れなどの頑固な汚れは毎回一苦労ですよね。

台所の大掃除をするのに良い
スケジュールやコツはないでしょうか?

 

ここでは、
台所の大掃除を効率よく進めるためのコツ
を伝授したいと思います!

台所の大掃除のコツは?楽してキレイになる方法ってあるの?

スポンサーリンク

台所の大掃除ですが、効率よく進めれば、
数時間もあればキレイにすることができます。

そのためのスケジュールとしては、
まずは汚れが多い換気扇やコンロの周りを
重点的に掃除
をしましょう。

そして、掃除のコツとしては
高いところから低いところの順番でやりましょう。

 

低いところからやってしまうと、
高いところを掃除した際に、

落ちた汚れをまた掃除する羽目になり、
二度手間になってしまいます。

楽してキレイになる方法ですが、
それは汚れにあった洗剤で掃除をすることです。

ついつい億劫だからといって、台所の掃除を
台所用洗剤一本で済まそうとはしていませんか?

 

台所は大きく分けて、
シンク周辺の水回りの箇所と、
コンロ周辺の調理の箇所で分かれています。

そして、その2箇所で汚れの質は異なります。

それぞれの場所で適材適所で
洗剤を選ぶようにしましょう。

大掃除は換気扇!油汚れをスッキリ落とすコツを紹介!

換気扇のイメージ画像
コンロ周りや換気扇での汚れで
一番厄介なのがとにかく油汚れです。

この油汚れをスッキリ落とすコツ
はあるのでしょうか?

油汚れには重曹水が大変有効です。

 

重曹水は水100mlに対して、
重曹を小さじ1混ぜたもので、

これを霧吹きに入れておけば、
簡単に重曹水スプレーが完成します。

重曹にあまり馴染みのない方が
いるかもしれませんが、

ドラッグストアやホームセンターの
洗剤コーナーに大抵置いてありますよ。

重曹水はアルカリ性の液体になります。

しかも自然化合物のため、人体に害がなく
小さいお子様やペット、肌が弱い方にも
安心して使うことができます。

換気扇やコンロ周りの油汚れは酸性の汚れです。

 

ですので、重曹水のアルカリ性と
換気扇の油汚れの酸性は中和して
楽に汚れを落とすことができます。

重曹水を吹きかけて掃除をしてもいいですし、
換気扇やコンロが取り外しできるようなら、
重曹水に浸け置きして置いたら
放っておいてもキレイになります。

重曹水はコスパの高いアイテムのため、
ぜひ覚えておきましょう。

シンクの水垢をスッキリ落とすコツを紹介!

調理スペースの掃除が終わったら
今度はシンクの水回りですよね。

シンクにこびりついた水垢を
キレイに落とす
ことはできないでしょうか?

シンクの水垢にはクエン酸水が大変有効です。

クエン酸水は重曹水同様に、
水100mlに対して、クエン酸を小さじ1
混ぜればOKです。

使い方も、売っている場所も重曹水と変わりません。

クエン酸は柑橘類に含まれている成分で、
名前を聞いたことがある人は多いかもしれません。

なんだか酸っぱいイメージがありますよね。

まさにその通りで、クエン酸水は酸性の液体です。

そして、シンクの水垢の汚れはアルカリ性の汚れです。

ですので、重曹水のパターンと同じで、
またも酸性とアルカリ性で中和させて
キレイにすることができます。

 

クエン酸水はシンクだけでなく
トイレの汚れやお風呂場の鏡の汚れにも使えます。

重曹水同様に大変コスパがいいアイテムですので、
ぜひ常備しておくようにしましょう。

まとめ

大掃除のイメージ画像
大掃除で台所の掃除はめんどくさくて
後回しにしてしまいがちです。

でも大掃除の鉄則は
めんどくさいところからやることです。

そして台所は毎日使いますよね?

台所の掃除をしっかりとすることで、
新年を気持ちよく過ごすことが可能です。

ぜひ台所の掃除のコツを実践して、
大掃除で台所をピカピカにしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました