台所の掃除の最適な頻度は?コンロの掃除は?頻度を少なくするコツはある?

スポンサーリンク

台所の掃除って
めんどくさいですよね。

普段からしっかりと
自炊をしている方は、

台所を使う頻度が
多いと思いますが、

台所は気がつくと
汚れてしまっています。

 

シンク周りの水垢や
コンロ周りの油汚れなど

気づかないうちに
汚れが溜まっては

苦労して掃除を
している方も多いと思います。

 

どうにかして
掃除の頻度を少なくして、

コンロも綺麗に
保っておきたいですよね。

何かいい方法は
ないのでしょうか?

 

ここでは台所の掃除の頻度やポイント、
台所掃除の頻度を少なくするコツ
などについて
解説をしていきたいと思います!

台所掃除のおすすめの頻度は?掃除の頻度を少なく済ませるコツはある?

スポンサーリンク

台所掃除のおすすめの頻度ですが、
正直に言ってしまうと

できたら毎日使ったら
掃除をすることをおすすめします。

 

台所のシンクなどの水回りは、
お皿を洗ったりした際の

水垢が溜まってしまって
汚れになってしまいます。

ですので、
使ったらしっかり布巾で
水気を取るように拭くと

それだけでも台所を
綺麗に保つことができます。

 

しかし、毎日の掃除って
めんどくさいですし、

嫌になってしまいますよね。

 

ですので、ある
お掃除アイテムを使って、
掃除の頻度を少なく済ませましょう。

そのお掃除アイテムとは
クエン酸です。

クエン酸は柑橘類などの
酸っぱい成分で、

掃除よりもむしろ
食品のイメージが
あるかもしれません。

 

しかし、このクエン酸は、
台所掃除に大きな力を発揮します。

クエン酸の洗剤は
100円ショップやドラッグストアの
洗剤コーナーに大抵売っていますよ。

水垢などの汚れは主に
アルカリ性の汚れになります。

そしてクエン酸は酸性のため、
アルカリ性の汚れを中和して
綺麗に汚れを落とすことができます。

 

掃除の方法も簡単です。

クエン酸を水100mlに対して
小さじ1入れて
クエン酸水を作ります。

これを、台所の水垢が
溜まっている箇所につけて
掃除をするだけです。

少量でも綺麗に
落とすことができますので
コスパもかなりいいです。

掃除のためにクエン酸水を
作るのも面倒なので、

クエン酸水はスプレーボトルに
入れておくのがおすすめです。

 

スプレーボトルに入れておけば
使いたい時にサッと取り出して、

水垢に吹きかけて
掃除をするだけですので、
とても便利です。

クエン酸水はトイレの汚れや
風呂の水垢にも使えますので、

常備しておくと便利ですよ!

 

このクエン酸水で、
1週間に1度は台所の
掃除を行えば大丈夫ですし、

台所に使った後に、
シュッと吹きかけて
掃除をするのもOKです。

ぜひクエン酸水を
活用してくださいね!

面倒な台所のコンロの掃除!頻度はどうする?少なく済ませるポイントは?

ガスコンロのイメージ画像
同じ台所でもコンロの掃除も
また厄介ですよね。

コンロは気がつくと
油がギットリついてしまっていて、

その度に掃除をするのも面倒です。

油汚れは時間が経つと
こびりついてしまうので、

それこそコンロを使い終わったら
すぐに掃除をするのがオススメです。

 

その際のポイントとしては
重曹水を使います。

重曹水はベーキングパウダーの
材料として知っているかもしれませんが、
掃除にも使えます。

こちらもクエン酸同様に、
コスパも良く、
洗剤コーナーに売っていますよ。

効果はクエン酸とは反対です。

 

クエン酸は酸性でしたが、
重曹はアルカリ性です。

ですので、重曹は
酸性の汚れに効果を発揮します。

コンロの油汚れは酸性ですので、
重曹がよく効きます。

 

使い方もクエン酸同様に、
重曹水を作り、

それを吹きかけて
布巾で拭くだけです。

重曹水は消毒や
床掃除にも使えますので、

スプレーボトルに入れて
常備しておくとこれまた便利です。

 

油汚れはこびりつきやすいので、
できたらコンロの使用後、

すぐに掃除するか、
3日ぐらいの頻度で
掃除はした方がいいです。

そのため、スプレーボトルを活用して
サッと掃除できるように
しておくのがオススメです。

「台所の掃除の最適な頻度は?コンロの掃除は?頻度を少なくするコツはある?」のまとめ

台所のイメージ画像
台所の掃除は
面倒なことが多いです。

しかし、それを放置してしまうと
後で大変な目にあいます。

こびりついたガンコな
油汚れや水垢は、

重曹やクエン酸でも
取れないことがあります。

 

ですので、楽をするためには
出来るだけこまめな掃除が必要です。

台所の掃除を習慣化して、
ぜひ台所を綺麗に
保つようにしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました