ひな祭りの食べ物や菱餅などのお菓子の意味や由来は?色にも意味がある?

スポンサーリンク

みなさんはひな祭りには
どんなお菓子を食べますか?

ひな祭りのお菓子で
パッと思いつくのは、
ひなあられくらい…ていう人も
いると思います。

少し疑問に思うのは、
なぜひな祭りの日に
ひなあられを食べるのか、
ということですよね。

詳しく知っている人は
多くないと思います。

みんな何となく食べているんですよね。

他の食べ物に対しても
そうだと思います。

 

そこで今回は、ひな祭りの日に食べる食べ物や、
菱餅などのお菓子に込められた意味について

詳しく見ていきたいと思います。

ひな祭りのそれぞれの食べ物に込められた意味!レシピも紹介!

スポンサーリンク

ひな祭りの食べ物は
縁起の良い意味が
込められているようです。

ひな祭りには古くから伝わる
伝統的なお祝い料理があり、

春の訪れを伝える旬の食材が
使われています。

 

代表的なものとして、
はまぐりの吸い物や菱餅(ひしもち)、
ひなあられやちらし寿司などが挙げられます。

それぞれの料理や色にも
縁起の良い意味が込められています。

昔の人ならではの風情ある由来を知ると、
よりいっそう意味をもって
ひな祭りが楽しめそうです。

次にそれぞれの食べ物の意味について
ご紹介していきます。
菱餅の意味や由来、菱餅の色の意味などについてはこちら
 紹介しています。)

はまぐりの吸い物

はまぐりは、平安時代には
「貝合わせ」遊びなどで知られ、
ひな祭りの代表的な食べ物です。

はまぐりの貝殻は、対になっている
貝殻でなければぴったりと合いません。

このことから、仲の良い夫婦を表し、
一生一人の人と添い遂げるように
という願いが込められた縁起物です。

ひなあられ

餅に砂糖を絡めて炒った、
ひな祭りの節句の代表的な
和菓子のひとつです。

ピンク、緑、黄、白の4色で、
これらの色は、それぞれ四季を表している、
と言われています。

でんぷんが多く健康に良いことから
「1年中娘が幸せに過ごせるように」
という願いが込められています。

ちらし寿司

ちらし寿司そのものにいわれはありませんが、
えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、
豆(健康でまめに働ける)など

縁起のいい具が祝いの席にふさわしく、
三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが
食卓に春を呼んでくれるため、
ひな祭りの定番メニューとなったようです。

 

いかがでしたか?

昔から縁起の良いものとして
食べられているのです。

意味についてもそれぞれ
深い意味が込められていますね。
菱餅の意味や由来などについてはこちら
 紹介しています。)

 

その中で皆さんがよく食べるものの一つ、
ハマグリのお吸いものの
レシピをご紹介します!

はまぐりのお吸い物の材料(3人分前後)

はまぐり…200~250gほど
水…500ml
昆布…5㎝四方1枚(約5g)
塩…ひとつまみほど
木の芽…少々(用意できれば)

 

<作り方>

はまぐりの砂抜きと下処理

はまぐりは調理する前に、スーパーで
買ってきたものでも念のために
砂抜きをするとよいです。

海水程度の塩水を作り、1~2時間ほど
室温に置いて砂出しをしてから、

調理する前に貝同士を
こすり合わせるようにして洗います。

はまぐりのお吸い物の作り方(火入れ)

昆布と一緒に貝のうま味を引き出すので、

『はまぐりと昆布、分量の水をはじめに
鍋に合わせ、冷たい状態から
じっくり火にかける』、

 

これが大切なポイントです。

弱火から少し火を強くしたくらいの
火加減でじっくり火を入れます。

沸騰する少し前からアクが出てくるので、
お玉でアクをすくい取ります。

沸騰すれば昆布を取り出し、
アクがまだあれば続けて
すくい取りましょう。

はまぐりのお吸い物の作り方(味付け)

沸騰したら火を弱め、少し火を入れると
貝の口が開き始めます。

口が開けば、はまぐりに火が通った
ということになります。

 

この時注意したいのが、
はまぐりなどの貝類は火を入れ続けると
身が硬くなるので、決して
グラグラと煮立たせないことです。

味付けは、
味見をして必要があれば塩を加えます。
(塩はなし、ひとつまみ、ふたつまみ、
くらいの間で調整すればOKだと思います。)

はまぐりを椀に盛り付け、
汁を注いで完成です。

好みで木の芽をそえると
より香りがよくなります。

 

いかがでしたか?

ハマグリのお吸いものは
とてもおいしいので
ぜひご家庭で作ってみてくださいね。

ひな祭りの食べ物で忘れてはいけないのが菱餅!どんな意味や由来がある?色によっても意味が違う?

ひな祭りの菱餅のイメージ画像
お祝いの時にお餅を
食べることって多いですよね。

それでは、ひな祭りで食べるお餅は?というと、
ひな祭りでは菱餅を食べます!

 

そんな菱餅(ひしもち)に込められた意味は…

菱餅は緑、白、ピンク(紅)の
3色の餅を菱形に切って
重ねたものを飾りますよね。

 

色の意味にはいくつかの説があり、
緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、
ピンクは「魔除け」を意味する説と、

緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」で、
「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」
という意味が込められている
という説があります。

 

緑餅は増血効果があると言われる
よもぎを混ぜ、白餅には血圧を下げる
と言われるひしの実が入り、

ピンク餅は解毒作用があると言われる
クチナシで色をつけています。

 

また、菱形は「心臓」を表していると言われ、
災厄を除こうという気持ちや、
親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

菱形であることにも
意味が込められていたのは
知りませんでしたよね。

あとは色合いも意味が
あったことも初耳でした。

飾るときは意味や由来を考えて
食べる時も感謝して
食べたいと思います。

「ひな祭りの食べ物や菱餅などのお菓子の意味や由来は?色にも意味がある?」のまとめ

ひな祭りの食べ物のイメージ画像
今回はひな祭りで食べる
食べ物や菱餅などのお菓子の
意味や由来について調べてみました。

今まではなんとなくその時期に
売られているから食べていたのですが、

意味がこもっているのを知って
改めて昔の人はすごいなぁと感じました。

 

ひな祭りは、女の子の日なので
親御さんは娘さんの幸せを願って
ぜひ作ってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ひな祭りの関連記事の紹介

【写真付】ひな祭りの折り紙の折り方!ぼんぼり・飾り・リース壁飾りなど!
紙を折って動物や植物、 その他のキャラクターなどを作り出す折り紙は 日本の伝統的な遊びの1つです。 現在では国外でも人気が高くなっており、 ORIGAMIという呼称で 多くの人に親しまれています。 そんな折り紙で...
女の子の初節句のお祝いは何をする?料理と衣装・服装はどうする?
女の子の初節句のお祝いには、 何をするのが良いんでしょうか? お宮参りと違って、女の子の初節句って、 一体何をすれば良いのかよく分かりませんよね…。 料理や女の子の衣装は、 どうすればいいのかも、 悩んでしまうでしょう。...
子どもでも分かる雛人形の意味や由来!つるし雛の意味についても!
3月3日は雛祭りですね♪ 桃の節句で女の子のお祝いをする日です。 女の子のいるご家庭は 家に雛人形を飾ってお祝いしてあげますよね。 雛祭りは誰もが知っている イベントだと思いますが、 雛祭りで飾る雛人形の...

 

タイトルとURLをコピーしました