子供のやる気を育てよう!子供の勉強嫌いを克服する方法をご紹介!

スポンサーリンク

勉強が好き!という子どもは
なかなかいませんよね。

でも親心としては中学校をしっかり卒業して
最低でも高校に進学はしてほしいものです。

もちろん大学に行くということが
当たり前になりつつある世の中ですから
大学にも進学してほしいという方も
多いのではないでしょうか。

ですが、進学するために
避けて通れないのが「受験」であり、
勉強することですよね。

小学生のうちから勉強習慣があると
親としては安心ですが
子どもが勉強嫌いだと、
中学校に入った後のことが心配になります。

 

そこで、今回は
子供の勉強嫌いを克服する方法
を紹介します!

まずは、勉強嫌いの原因を知ることで
子どもの気持ちを知りましょう!

原因を知ることが克服の第一歩!勉強嫌いはなぜ起きたの!?

スポンサーリンク

勉強嫌いの原因として、
まず第一に「勉強がつまらないから」
というものがあるでしょう。

 

例えば、どれだけ内容が面白くて、
キャラクターが魅力的なゲームでも、

難しい説明があったり、最初の村から出られない
ゲームなんてつまらないですよね。

ゲームが面白いのは、
ゲームクリアという「目的」があって、

それに向けて自分がレベルアップする過程や
敵を倒して得られる自分ができるという「達成感」
があるからだと思うのです。

 

そして、ゲームでは勉強と違い
「目的」が明確にわかりますし、

その「達成感」を勉強より早く、
しかも目に見えて得られます。

この勉強がつまらないというのは、
「勉強がわからない」ということにも通じるでしょう。

ゲームで例えるならば、
説明書が難しくて読めなかったり
ストーリーが難しくて理解できないようなものです。

 

二つ目の原因として、
「やってもできないから」というものがあります。

スポーツにしても、一度できないと思ったら
「苦手だからできない」といって
自分の苦手リストにいれてしまうことがあるでしょう。

子どもは一度頑張ってできないことがあると
自分にはできないと思い、諦めてしまいます。

 

三つ目の原因として、
「親が勉強嫌いにさせている」ということがあります。

子どもとの接し方によっては
親が子どもを勉強嫌いにさせていることがあります。

例えば、厳しいルールで子どもを縛りつけたり
勉強について口うるさく言って叱ったり、

兄弟や姉妹と比較したり、
子どもに対して無関心な態度を取ったりすることは、
子どもを勉強嫌いにする可能性があります。

 

このように子どもの勉強嫌いには
数々の原因がありますし
一つだけが原因とは限りません。

普段から子どもの様子や生活を
気に掛けることが大切です。

では、次に本題の勉強嫌いを克服する方法
についてご紹介します!

まず大切なことは向き合うこと!勉強嫌いを直す方法とは!?

勉強嫌いのイメージ画像
勉強嫌いを克服する方法を3個紹介します!
自分の子どもに合う方法を探してみてください。

子どもの苦手意識の少ない教科から勉強を始める

苦手意識の少ない教科の中でも
比較的得意な内容から始めるのが良いです。

子どもが問題を解けたらしっかり褒めてあげると
「達成感」が与えられ、
自分はできるんだ!という自信になりますし、

少しでも分かる問題が増えると、
「嫌い」が「楽しい」に変わるかもしれません。

Youtubeで勉強する

最近では小学生や中学生にむけて
勉強を教えてくれる動画が
Youtubeにあがっているので、

それを一緒に見たりすると
動画なので勉強嫌いな子でも
勉強の手始めには良いと思います。

子どもとの接し方を変えてみる

勉強しなさいと子どもに口うるさく言っていませんか?

勉強しなさいと言われると
強制されているようですし
子どものやる気もなくなってしまいます。

 

また、子どもを自分の学生時代と比べたり
兄弟姉妹で比べるのは良くありません。

子どもとの会話を積極的に取り入れて、
子どもの話をよく聞きましょう。

 

そこで、毎日の勉強時間を
子どもと相談して決めたり
一緒に勉強する日も取り入れたりするのも
良いかもしれません。

まとめ

勉強のイメージ画像
子どもが勉強嫌いだからといって
子どもが嫌がっているのに塾に入れたり、
頭ごなしに叱るのは良くありません。

そうしたところで子どもの成績が上がることは
あまりないでしょう。

 

まずは子どもと同じ目線に
立って考えることが大切
です。

そして、お互い向き合うことで
勉強嫌い克服へ向かう可能性を高めましょう!

タイトルとURLをコピーしました