新米の時期はいつから始まっていつまでを指すの?どこの地域も一緒?

スポンサーリンク

秋は食の秋と呼ばれるほど
おいしい食べ物が豊富です。

キノコや栗などの山の幸はもちろんのこと、
私たち日本人に欠かせない米など
美味しいものが多くなってきます。

特に米は、秋には新米が発売されるため、
この季節にしか食べられない
特別なお米を楽しめるのです。

そんな特別な新米ですが、
新米は一体どの時期まで
そう呼ばれるのか気になりますよね。

 

今回は新米について
詳しくご紹介
していきたいと思います。

南国の鹿児島の新米の時期は日本では早い方?やっぱり暖かい地方が早く食べられる?

スポンサーリンク

秋は新米が待ち遠しい季節ですが、
そもそも新米とはどんなお米か
ご存じでしょうか。

新米とは、その名の通り、
その年に取れたお米
なのです。

これはJAS法の品質表示基準によって
定められており、生産された年の年末までに
精米、包装されたものとされています。

そのため、収穫されてからその年の
12月31日までに精米、包装された
お米を新米というのです。

 

ちなみに新米は、水分が多くて
ふっくらしており香りも
見た目もいいので食欲をそそります。

そんな新米ですが、関西から
関東にかけてのエリアでは、

だいたい8月下旬から9月初旬くらいが
新米のシーズンと言われています。

そのため、この時期にはお店には
新米が多く発売されるため、
私たちの食卓も彩ります。

 

ところで、日本は北と南では
気候が大きく違いますよね。

おそらく、暖かい場所のほうが
早くに新米を楽しめるのでは?
と思った方も多いはずです。

この疑問は実は正解で、南国の鹿児島などの
九州地方での新米のシーズンは8月初旬なのです。

そのため、自身の住んでいる地域で
新米が発売されるのを待ちきれない方は

九州地方の新米をお取り寄せすることによって、
早くに新米を堪能することができるのです。

 

ちなみに、鹿児島県ではヒノヒカリや
あきほのみと言ったブランドが有名です。

ヒノヒカリは米粒がやや小粒で厚みがあり、
程良い粘りとモチモチ感が魅力的な品種です。

あきほのみは、鹿児島県産米初の
特A品種であり、粒の大きさやさっぱりした味、
そしてツヤと甘みが魅力的なブランドです。

鹿児島県では新米の収穫時期が早いだけでなく
魅力的な品種のお米が多くあるのです。

新米を長い期間食べたいなら北上を意識してお取り寄せするといいって本当?その価値はある?

稲のイメージ画像
今はインターネットで簡単に
購入できる時代になり、色々な地域の
食材を味わえるようになっているのです。

先ほど、関東地方に比べて
九州地方のほうが新米のシーズンが
早いとご紹介しましたが、

ではこれが東北地方など
北上していけば行くほど
旬な新米を食べられるのでは?
と思う方もいらっしゃると思います。

実はこれは半分正解で
半分不正解なのです。

 

たしかに関東地方に比べて
東北地方では新米のシーズンは遅いのです。

しかし、10月頃に新米のシーズンが始まる
東北地方に対して、さらに北部の
北海道での新米のシーズンは
9月初旬から下旬なのです。

そのため、北上すればするほど
新米のシーズンが遅くなる
という認識は少し違っているのです。

 

もしも新米を長い期間味わいたい
と考えるのであれば、

九州地方→関東地方→北海道→東北地方の順番で
お米を仕入れることをオススメします。

ただ、わざわざ新米にこだわって
お取り寄せするにしても、

そんなことまでする価値はあるの?
と思った方もいらっしゃると思います。

 

私個人の意見としては、
お取り寄せをして新米を
買い続ける価値は充分にあると思います。

米は新米というだけでなく、
その地方によって
形や味に違いがあります。

 

そんな種類豊富な日本のお米を
新米として存分に味わうということは、
意識しない限りなかなかできない体験です。

また、日本の有名なブランド米の
勉強にもなりますし、
新米を追いかけて購入していくのも
面白い楽しみ方だと思います。

まとめ~新米の味と違いを楽しもう!~

新米のイメージ画像
私たちが普段食べているお米、
よく耳にするお米以外にも
実は数多くの品種が
日本で食べられているのです。

一昔前ではなかなかできなかった
お米の食べ比べも、今のインターネットや
物流が発達した今の時代だからこそ
できることなのです。

 

米には味や香り、粘りや硬さなど、
注意をすればそれぞれの違いが分かります。

食欲の秋ではありますが、
お取り寄せをうまく使えば
これが食欲の冬にもなるのです。

私たちの生活に欠かせないお米を
いつもと違った楽しみ方で味わうのも
面白いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました