トイレの床の掃除のやり方は?正しい方法と掃除道具をご紹介!

スポンサーリンク

一人暮らしをしていると、
ついつい掃除を
サボりがちですよね。

せめて普段よく使う場所ぐらいは
掃除をしようと思っても、

どのように掃除をすればいいかが
分からなかったりもします。

その中でも、普段掃除を
していないと正しい方法が
分からない場所は
トイレの床掃除ですね。

急な来客が来る場合などに、
トイレの床が汚いと
不潔な印象も与えかねません。

トイレの床掃除の正しい方法や
掃除道具を知っていますか?

 

ここでは、正しい
トイレ掃除について
解説をしていきたいと思います!

トイレの床の掃除の正しいやり方・掃除方法を徹底解説

スポンサーリンク

トイレの床は便器に比べて
汚れていないと
思っている人はいませんか?

トイレの床は
リビングの床と同じで

掃除機をかけるだけで
いいと思っているなら、

それは大間違いです。

 

男性の場合は、特に
尿を立ってすると、

トイレの床には便器から
はねてしまった尿が
多く飛び散っています。

その場合は何と、
目には見えない小さな尿が

1日換算で2000滴も
飛び散っていると
言われています。

そして、この飛び散った尿と、
床のホコリが合わさると、

トイレの床は雑菌だらけに
なってしまいます。

 

そんな汚いトイレの床ですが、
床掃除をするには
何が必要なのでしょうか?

実は、準備するのに
大変なものはなく、

・雑巾
・クエン酸水

のみで大丈夫です。

雑巾はいらない布であれば、
何でも構いません。

クエン酸は普段掃除をしない人には
あまり馴染みがないかもしれませんが、

ドラッグストアやホームセンターの
洗剤売り場には大抵売っています。

クエン酸を水100mlに対して、
小さじ1/2杯混ぜるだけで
クエン酸水の完成です。

安価で大量にできて、
経済的ですし、霧吹きなどに
入れておくと何かと
使う時にも便利です。

クエン酸は無色無臭で
人体にも安全な酸性の物質です。

掃除だけでなく、
柑橘類や梅干しなどの食品にも
クエン酸は含まれており、

むしろこっちの方が
馴染みがある人が
多いのではないでしょうか?

 

なぜクエン酸が尿の汚れに
有効かと言うと、

クエン酸の酸性という
成分がポイントです。

尿の成分であるアンモニアは、
アルカリ性の物質です。

この尿のアルカリ性と、
クエン酸の酸性が混ざることにより

2つの成分は中和をし、
汚れを落とすことができます。

これを1週間に1度でも
行うだけで、だいぶ違いますし、

クエン酸はトイレだけでなく
洗濯槽の汚れなどにも有効です。

ぜひとも実践してみてくださいね!

トイレの床を掃除する道具は使い捨てがオススメ!

トイレの床のイメージ画像2
トイレの床掃除の際に、
上記のような掃除道具を揃えるのが

めんどくさい!という方も
いると思います。

そのような方には
使い捨てができる掃除道具を
オススメ
します。

ホームセンターやドラッグストアの
トイレ掃除コーナーには

大抵使い捨てできる
除菌シートが売られています。

こちらは除菌成分が
入ったシートでこちらで
トイレや床を掃除したら、

あとはトイレで水に流して
終わりという便利な道具です。

こちらはとても便利ですが、

欠点を挙げるならば
トイレでしか活用ができません。

上記のクエン酸は
様々な用途で
用いることができます。

普段から掃除をよくする人は
クエン酸を用意した方が
何かと捗るとは思いますが、

普段掃除をしない人は
除菌シートを使った方が楽でしょう。

これは、ご自身のお考えに合わせて
最適な方を使ってくださいね!

まとめ

トイレの床のイメージ画像
普段、あまり掃除をしない
人にとってトイレ掃除は

なかなかハードルが
高いかもしれません。

 

しかし、実際はそんな手間でもなく、
また簡単にトイレ掃除ができる
便利グッズも多く売られています。

これらをうまく活用して、
まずはトイレ掃除をする習慣を
身につけてください。

そうしましたら、
いざという時にも焦らずに済みますし、

掃除が行き届いたトイレで
気持ちよく毎日が過ごせるはずですよ!

タイトルとURLをコピーしました