タオルの臭いは重曹で解決!原因と対策をわかりやすく解説!

スポンサーリンク

タオルが洗濯しても臭いのは一体なぜ!?

洗濯をちゃんとしているはずなのに、
なぜか落ちないタオルの臭い。

タオルって毎日使うものだから本当に困ってしまいますよ…。

でも、そんな臭いタオルも
重曹を使えば一発で解決しますよ!

ということで今回は、
重曹を使ったタオルの臭いを取る方法と、
重曹以外でもおすすめしたい
洗濯物の臭い残りを取る方法
を紹介します。

タオルの臭いの原因は?タオルが臭いのはもしかして我が家だけ?

スポンサーリンク

タオルが臭い原因はズバリ、
落としきれなかった汚れや雑菌です!

繊維の奥まで入り込んだ雑菌は、
タオルを使った時になどで濡らしてしまうと、
より繁殖してクサくなってしまうんですよね…。

せっかく洗濯したばかりなのに、
なんだかタオルが臭い場合は、
落としきれなかった雑菌が
また臭いを発しているからなんですよ。

 

要するに雑菌だらけのタオルで
手や顔や体を拭くことになってしまう
んです。

それって本当にゾッとしませんか…?

実は我が家でも、雑菌臭がして
まるで雑巾みたいな臭いのタオルがありました。

それもやっぱり雑菌や汚れが
繊維の奥に残っていたことが原因。

 

ちなみにタオルに限らず、
どんな衣類でも汚れや雑菌が落ち切っていないと、
やっぱりクサい臭いがしてきてしまうものなんですよ。

でも、原因が分かればもう大丈夫です!

要するに雑菌をしっかりと落とせば問題なくなるので、
重曹を使ってタオルの臭いを消していくようにしましょう!

タオルの臭い対策は重曹で簡単に解決!お気に入りのタオルを捨てないでも大丈夫!

重曹のイメージ画像
タオルが洗ってもクサい時は
臭いの原因菌が残っている証拠なので、
タオルを洗濯する時に、重曹を使っていきましょう。

重曹を使って洗濯する方法は2パターンあるので、
それぞれを詳しく紹介していきますね。

1.お湯に重曹を溶かしてつけおき洗いする

バケツや洗面器などに40℃くらいのお湯を張り、
そこに重曹を溶かしていきます。

後はそこに臭いがついたタオルを浸しておき、
30分~1時間そのままにしていてください。

あとはいつも通りそのタオルを洗濯すれば、
驚くほど臭いが取れて心地よく使うことが出来ますよ!

2.洗剤と一緒に重曹を入れる

洗濯機を回す際、
洗剤と一緒に重曹を大さじ3~4杯入れて、
いつも通りお洗濯してみてください。

そうすると他の衣類も一緒に重曹で洗うことが出来るので、
しっかりと汚れが落ちて
クサくなるのを防いでくれますよ!

 

重曹って実は、
皮脂汚れを分解する効果があるんですよね。

そのため、衣類やタオルの繊維に残った、
臭いの元となる汚れを分解してくれるし、
しかも消臭効果もあるので、
お洗濯の強い味方となってくれるでしょう。

重曹はこの他にも、ガスレンジの油汚れとか、
靴箱の脱臭など色々な使い道があるので、
ぜひ活用していくことをおすすめします!

 

洗濯にも掃除にも使えるなんて
重曹って本当にすごいですね!

ただし、万が一重曹でお洗濯しても、
タオルの臭いがまだ取れなかった場合は、
筆者がおすすめする、
違う方法で臭いを消していきましょう。

それが酸素系漂白剤を使ったつけおき洗い法です。

まず50~60℃くらいのお湯をバケツや洗面器に張り、
そこに酸素系漂白剤を溶かしてください。

そしてその中へタオルを入れて30分~1時間待ち、
普通にお洗濯すればOK!

すると、臭いの元も徹底的に落とすことが出来るので、
タオルも安心して使うことが出来るんですよ。

もちろんタオルだけでなく衣類にも有効。

 

筆者はよくこの方法で、
夏場汗の臭いが染み込んでしまったシャツを洗って、
臭いを徹底的に消すことが出来ました!

ということで、重曹がもし効かなかったら、
最終手段として酸素系漂白剤を使って
つけおき洗いをしてみてくださいね!

臭いも汚れも驚くほど落ちるので感動しますよ(笑)。

まとめ

タオルのイメージ画像
タオルの臭いは洗濯では落としきれず、
繊維の奥に残ってしまった汚れや雑菌が原因なんです。

でも重曹を溶かしたお湯につけおきするか、
洗剤と一緒に重曹を使うことで、
簡単に臭いを消すことが出来るのでおすすめ!

ただしそれでも落ちなかった場合は、
酸素系漂白剤を使って
つけおき洗いや洗濯をしてみましょう。

でもいずれかの方法で
タオルがすごくキレイになるので、
もう嫌な臭いに悩まされずに済みますよ!

タイトルとURLをコピーしました