知らないと恥をかく?結婚式のご祝儀の相場!お金の入れ方にも気を付ける!

スポンサーリンク

結婚式のご祝儀って一体
いくらぐらいが相場なんでしょうか?

イマイチ相場が分からないし、
確か相手によっても、
金額を変えないといけなかったはずですよね…。

でも恥をかかないためにも、
ちゃんとご祝儀の相場や、
入れ方なども知っておかなければいけません!

 

そこで今回は、大人なら
知っておきたいご祝儀の相場と、
正しいお金の入れ方
詳しく解説していきます!

知っておきたい結婚式のご祝儀の相場!間柄や自分の年齢でも違ってくるの?

スポンサーリンク

ご祝儀にいくら包むか、
その相場は相手との間柄によって変わってきます。

まず従兄弟をはじめとした親族なのでしたら、
ご祝儀は3~10万円が相場ですね。

ちなみに筆者も夫の従姉妹が結婚した時は、
ご祝儀に3万円を包みましたよ。

 

上司や恩師が結婚する場合の相場は3~5万円ほど。

とてもお世話になった方なのでしたら、
出来れば5万円は包んでおきたいところですね。

そして友人や同僚が結婚した場合は、
ご祝儀は3万円が相場になっています。

 

こうしてみると、
3万円という金額が多いですね。

やっぱり3万円は安過ぎず
かと言って高すぎないので、
一番ご祝儀としては
包みやすい金額なんですね。

 

ただしご祝儀の相場に関しては
例外もあります。

最初から結婚式に出席しないのであれば、
ご祝儀は1万円を包んでも問題ないでしょう。

式に出席するのに1万円はやっぱりNGですが、
式にあらかじめ出席はしない、
もしくは結婚式は親族のみで挙げる場合の友人には、
ご祝儀は1万円を包むようにすればOKですよ。

やっぱり、式に出席するか否かでも
金額の相場が変わってくる
んですね!

確かに結婚式に出席する場合は、
料理などもご馳走になるし、
引菓子といって、最後に
お菓子を手渡されることもあります。

それなのにご祝儀が1万円だけなのは
ちょっと相手に失礼になりそうですよね…。

 

また、そこまで親密な関係でない
友人知人が結婚した場合も、
ご祝儀は1万円を包む程度で問題ありません。

でも式にお呼ばれして出席する場合は、
金額にどうしても迷ったら、
3万円をご祝儀に包んでおきましょう。

やっぱり、3万円は一番無難な金額ですよ。

大人なら知ってて当たり前?結婚式のご祝儀のお金の入れ方で気を付けたい事!

結婚式のご祝儀のイメージ画像2
ご祝儀にお包みするお金って、
正しい入れ方があるんですよ。

その前にまず、ご祝儀のお金は
必ず新札でなければいけません。

ということでまずは折り目の付いていない、
綺麗なお札を用意するようにしましょう。

折り目が付いているなど
使用済みのお札を包むのは、
お香典の時になってしまうので
くれぐれも注意してくださいね!

 

でも新札ってなかなか
手元にない場合もありますよね…。

筆者も銀行のATMへ行って、
新札が出るまで何度も
お金の出し入れをした経験があります。

 

でも、もし銀行の窓口に行ける時間があるのでしたら、
銀行へ行って新札と交換をしてもらうと良いですよ。

ちなみにコンビニでは新札との交換は
してもらえないのでご注意を。

 

そしてご祝儀袋に入れる際は
お札が複数枚ある場合は、
必ずお札の向きを揃えること。

あとは、お札の肖像画がある方を正面と考え、
肖像画がある方を上にして
ご祝儀の中袋に入れていくと良いですね。

 

たぶん文章だけだとちょっと分かりづらいと思うので、
正しいご祝儀袋の入れ方を紹介した
動画のURLを貼っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=j7TVFMjBiNg

 

ぜひ参考にして
ご祝儀袋にお札を入れていきましょう。

「知らないと恥をかく?結婚式のご祝儀の相場!お金の入れ方にも気を付ける!」のまとめ

結婚式のご祝儀のイメージ画像
結婚式のご祝儀には
親族なら3万~10万円、
恩師や上司なら3万~5万円、

そして同僚や友人には、
3万円を包むのが相場になっています。

ただし友人などの場合で
結婚式に出席しないのであれば、
1万円をご祝儀として包んでも大丈夫ですよ。

 

そして、ご祝儀は必ず新札を用意し、
肖像画が上になるように、
ご祝儀の中袋の中に入れておきましょう。

ご祝儀の相場や包み方などは、
これから先も必要となってくるので、
ぜひ覚えておいて損はないですよ!

タイトルとURLをコピーしました