一人暮らしの学生の生活費!大学生でどのくらい必要?平均や内訳は?

スポンサーリンク

高校を卒業して、春からは大学生!

地方に住んでいた方も、
大学への進学を機に都心部で
一人暮らしを始めるタイミングです。

そんな新生活にワクワクする一方で、
やっぱり気になるのは生活費のこと。

親御さんからの仕送りがあっても、
やはり将来に向けて自分の生活費を
アルバイトで賄いたいという人も多いのです。

 

そこで、今回は新生活に向けて
一人暮らしを始める学生さんに

かかる一人暮らしの生活費と、
簡単にできる節約術をご紹介します。

お金の大切さを再確認!大学生の一人暮らしにかかる生活費の節約方法とは!?

スポンサーリンク

実家から学校に通う学生さんとは違い、
新しく一人暮らしを始める学生さんは、

限られた収入の中で
生活費をやりくりする必要があります。

 

さらに大学ではこれまでと違った
遊び方や人間関係が構築されるため、

例えば、サークル活動や
ゼミでの付き合いや合宿、
さらには仲のいい友人との旅行など
様々なイベントがあります。

そのため、可能な限り
無駄遣いを減らしていくことが
重要になってくるのです。

 

そこで、ここでは一人暮らしにかかる
生活費の節約方法をご紹介します。

まず生活をするうえで最も大切で、
費用も掛かる食費の節約です。

そのためにまず節約を
考える上では自炊が
一番効果的
です。

 

1人暮らしを始めてから、なんとなく
コンビニ弁当や外食で済ませてしまう
学生さんが多いのです。

しかし、外食で例えば
1食1,000円かかると仮定し、

毎日夜を外食にした場合、
1,000円×1食×30日で、
1ヵ月でなんと30,000円。

外食だけで30,000円に加えて
朝食や昼食の費用ももかかるため、
金額がかなり大きくなります。

 

この対策として、スーパーの
安売りセールでまとめ買いをして、
食費を抑えましょう。

大量に作り、余った分は
冷凍保存をしたり弁当に詰めれば、
手間もお金も節約になるのです。

外食やコンビニはなんとなく
楽で選んでしまいがちですが、

自炊をすれば費用を
半分近く抑えることも
可能なのです。

 

また、もしもどうしても
疲れている場合には、

学校にある学食で
食事をするのも手です。

栄養バランスも良く、量も多いうえに
一般の定食屋よりも
安い金額で提供してくれます。

 

さらに、日中学校で過ごしていると
どうしても自動販売機で

飲み物を買ってしまいがちですが、
これを水筒に切り替えるだけでも
節約になります。

節約には余計なものを買わない
という心がけも大切ですが、

それと同じくらいに外食を控えたり、
飲食物に工夫をするという方法でも
大きな節約になるのです。

知りたい!周りはどうなの?一人暮らしの学生の生活費の相場を大公開!?

生活費のイメージ画像
先ほどは自炊での節約方法について
ご紹介しましたが、

一人暮らしを始める前に
実際はどれくらいのお金がかかるのか、

何にどれくらいかかるのかといった内訳などが、
気になりますよね。

 

学生の平均的な生活費の内訳の
相場としてのデータは、

光熱費が約7,000円、
携帯電話などの通信料が
約7,500円かかると言われています。

それに加えて食費に約23,000円、
娯楽費に約13,000円、

そして日用品や医療費などで
約17,000円となります。

また、もしも家賃なども自身で出す場合は、
学生の家賃相場が約50,000円であるため、

すべてを合計して約110,000円から
120,000円という金額になります。

 

まずは自炊を行い、可能な限り
節約をしていくことが大切なのです。

また、もしも家賃が高いと思った場合は
都心部から少し外れた場所で物件を探すと、

相場よりも安い場所が見つかって
大きな節約になるかもしれません。

しかし、ここで注意をして頂きたいのは、
いくら節約のためとはいっても、
身体に悪い無理な節約を
してはいけないということです。

 

例えば、食事を抜いたり、
病院に行かないといったことです。

無理をして体調を崩してしまっては
元も子もないので、無理のない
節約術をオススメしたいと思います。

まとめ~新生活を始めたときには無駄遣いに気を付けましょう~

学生の一人暮らしのイメージ画像
高校生の時とは違い、
遊ぶことへの誘惑や欲しい洋服や
モノが増えてどうしても
出費が増えてしまいがちです。

しかし、大学生である今だからこそ、
節約を学んでいれば
将来にも役に立ちます。

 

大学生では勉強とアルバイト、
そして遊びとやることは多くありますが、

まずは少しのことを気を付けて
節約をし、お金を貯めていきましょう。

もしもの時には急な出費のある大学生、
ほんのちょっとの注意で
華やかな大学生生活を送ることもできるのです。

これから一人暮らしを始められる
学生さんがより充実した生活を
送れるように祈っています。

タイトルとURLをコピーしました