羽毛布団の洗い方!そもそも羽毛布団って洗えるの?収納の方法も気になる!

スポンサーリンク

季節な年末シーズンに入り、
もうすぐ本格的な冬が始まります。

冬になると暖かい布団から
抜け出せなくなりますよね。

暖かい布団といえば、
やっぱり羽毛布団です。

そのふわふわとした
軽い布団なのに、
包まれていると
ホカホカと体が温まる。

冬を前にしまっていた
羽毛布団を出そうとしている人も
多いのではないでしょうか?

でもせっかく羽毛布団を
出すのなら、使う前に
しっかりと洗っておきたいですよね。

でも実際、羽毛布団って
洗えるのでしょうか?

せっかく洗ったところで、
羽毛布団のふかふかが
なくなったら嫌ですよね。

また羽毛布団の収納のコツ
なんかも知りたいですよね。

 

ここでは、
羽毛布団の洗い方
収納のコツなど、

羽毛布団について詳しく
解説をしたいと思います!

そもそも羽毛布団って洗えるの?羽毛布団の洗い方を紹介!

スポンサーリンク

そもそも羽毛布団って
洗えるのでしょうか?

羽毛布団が洗えるかのチェックは、
羽毛布団についているタグを
チェックしてみましょう。

洗濯可能の場合は、
「洗濯マーク」や「手洗いマーク」が
ついています。

洗濯禁止の場合は、
大きくバッテンがついた
禁止マークがついています。

禁止マークがついている場合は、
素人が洗濯をすると布団が
ダメになってしまう恐れがあります。

クリーニング店によっては、
そのような布団でも

うまく洗濯をしてくれる
ところもあるので、

お近くのクリーニング店に
相談をしてみましょう。

 

洗濯可能マークが
ついていたら、
今度は洗濯機です。

洗濯機も、ものによっては
布団の掃除ができません。

洗濯機に「布団モード」や
「大物洗いモード」があるかを確認し、

あるようでしたらそちらを
使うようにしましょう。

 

羽毛布団を洗う際は
縦に三つ折りにして、

そのまま布団をロールして、
大きい洗濯ネットに
入れるようにしましょう。

洗濯ネットに入れることで、
布団のばらつきを防ぎ、

洗濯をする際の、ムラをなくし
布団が痛むのも防ぎます。

あとは柔軟剤などを
目安の分量を入れて洗います。

手洗い可の場合は、洗濯機を使わず、
浴槽などを使い、
手で洗うようにしましょう。

 

洗濯終了後は
物干し竿に干します。

物干し竿に干す際は、
物干し竿を二本使い、

折りたたむ箇所が
重ならないようにしましょう。

 

こうすることで
全体に風通しが良くなり、
布団がふっくら仕上がります。

また、直射日光に当たると、
布団が痛んでしまう恐れがあるので、

布団は日陰で
風通しの良い場所に干します。

乾燥した日に干すのが
ベストな条件です。

以上のことをしっかりこなせば、
羽毛布団はご家庭でも
ふっくらと仕上がりますよ!

羽毛布団の収納は場所をとって大変!収納の方法のコツとかはある?

布団圧縮袋のイメージ画像
羽毛布団の布団の収納は
場所をとって大変ですよね。

羽毛布団の収納の方法やコツ
あるのでしょうか?

 

羽毛布団の収納といえば、
まず思いつくのが
布団圧縮袋ですよね。

布団圧縮袋は布団の体積を減らし、
コンパクトにしまうことが
できるので、大変便利です。

しかし、布団圧縮袋の場合、
虫食いの恐れがあったり、

通気性が悪いため、
布団が傷みやすくなります。

布団圧縮袋の説明書にも
定期的に開封して、

洗濯をするように
書いてあるのですが、
正直めんどくさいですよね。

 

ですので、羽毛布団の場合は、
できたら圧縮はせず、

通気性のよい
専用の布団収納バッグに
入れてしまうのがオススメです。

その状態で保管する
場所がない場合は、

布団保管サービスを
利用するのも手です。

そのような保管サービスの場合、
布団のクリーニングも
一緒にやってくれることが多く、

綺麗に保管したい方には
一石二鳥ですね。

 

ぜひ、ご自身に合った方法で、
布団を保管して
気持ちいい布団を
長持ちさせてくださいね!

まとめ

羽毛布団のイメージ画像
布団はそう買い換える
ものではないですし、

今ある布団をできるだけ
長持ちさせてくださいね。

布団の寿命は、
使い方次第ともいえます。

 

大切に使えば、何年も持ちますし、
逆に雑に扱えば、

いくら高級な布団であっても
すぐにダメになってしまいます。

ぜひ、羽毛布団なら大切に扱って、
大切に長年使ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました