布おむつを使いたいママ必見!とことん清潔に洗える洗濯方法を紹介!

スポンサーリンク

赤ちゃんには、布おむつを使いたい!

そう思っている新米ママや
ベテランママが
いらっしゃるかとおもいます。

紙おむつは捨ててしまう
だけなので簡単ですが、

費用がかさみますし、
赤ちゃんの肌荒れなども心配。

でも、布おむつなら洗えば
何度でも使えて経済的。

昔のひとはそれが
あたりまえだったんですよね。

もし、洗濯が意外と簡単で
楽に清潔にできるなら、
ぜひ試してみる価値があると思いませんか?

布おむつを洗うって、
フツーに洗う前のひと手間が必要?

大人と同じように
洗濯機で洗っても大丈夫?

 

以上、布おむつをとことん
清潔に洗える洗濯方法について

ご紹介していきます。

布おむつを洗う前にこの手間を省いちゃダメ!それを怠ると大変なことになるかも?

スポンサーリンク

布おむつを洗うのって、
フツーの洗濯物と同じように

洗濯してはいけない
ことは分かるけど、
いったいどうしたらいいのか?

まず、おおかたの汚れを
一次洗いする必要が
ありますよね。

紙おむつであったら、
そのままポイっとゴミ箱に
放ればいいのですが、

布おむつの場合は
そうはいきません。

 

汚れた布おむつはいったん
バケツに入れて洗面所で
簡単に汚れを落とした後、

フツーの洗濯機に入れる前に
することがあります!

それは、布おむつを漬けおき洗い
バケツに浸すことなんです。

赤ちゃんのカラダから出る汚れ、
尿や便などはPH6.0の弱酸性です。

この汚れを普通に
洗濯機で洗う前に
落としておく必要があります。

そうしないと、せっかく
洗濯機で洗ったとしても、

においや染みが残り
きれいにはなりません。

もちろん、大人の衣類の洗濯ものと
いっしょに洗うことは
避けたほうが無難です。

漬けおきして、一時洗いが
終わっている布おむつと言っても、

完全に汚れはとれていないので、
二次被害を避けたほうがよいからです。

 

簡単一時洗い方法は、

1.シャワーなどで汚れを浮かして
取り、おむつを絞る

2.汚水をトイレに流す

3.洗面のシンクに水を張り、
布おむつの汚れを簡単に落とす

4.漬けおき洗いのバケツに浸す

以上の一時洗いを怠って、
フツーに洗濯機に入れると、

ほかの洗濯物にも影響してしまい
とんでもないことになります。

このひと手間を
忘れないようにしましょう。

布おむつを洗濯する時の洗剤は何を使ったらいい?大人と同じでもOK?成分にもこだわるべき?

洗剤のイメージ画像
では、その漬けおき洗いの際に
使う洗剤は、大人が使う
洗濯洗剤と同じで大丈夫なんでしょうか?

前述したとおり、
尿や便などの汚れは
PH6.0の弱酸性です。

この汚れを集中的に落としておくには、
通常の洗濯で使われる洗剤では
簡単には落ちません。

このときに重宝するのは、
セスキソーダやアルカリウオッシュなどの、
アルカリ性洗剤です。

 

セスキソーダの詳しい説明は
コチラをどうぞ!
https://www.live-science.com/honkan/partner/sesquicarbonate.html

 

アルカリウオッシュは、
炭酸ソーダと重曹の成分を併せもつ
pH9.8の弱アルカリ性。

水に溶けやすく皮脂汚れや
血液汚れに強いのが特徴です。

わたしは以前から、
生理用ナプキンを布に換えて
その洗濯に使っていたので、
とてもなじみがあります。

アルカリウオッシュは、
おむつや布ナプキンの洗濯だけでなく、
軽い汚れの洗濯にも使えるのでとても便利。

ひとつ家に常備しておけば、
キッチンの油汚れなども

簡単に落とせる洗剤としても
利用できます。

 

セスキソーダの使い方の
詳しい説明はこちら!
https://www.live-science.com/honkan/partner/sesquicarbonate03.html

 

もちろん、赤ちゃん布おむつ用の洗剤も
販売されていますので、
そちらも利用できます。

布おむつを使いたいママ必見!とことん清潔に洗える洗濯方法を紹介!のまとめ

布おむつのイメージ画像
以上、いかがでしたか?

布おむつを使うのは清潔に
洗うのがむずかしそうと
悩む必要はありません。

洗濯機に投げ入れる前の、
簡単ひと手間はとっても簡単。

さっと汚れを落として、
アルカリ洗剤に漬けおきしておくだけ・・

紙おむつを利用するより、
経済的で赤ちゃんの肌にもやさしい!

布おむつの清潔に洗える
洗濯方法をご紹介しました。

ぜひこの記事を参考に、
布おむつの洗濯に
チャレンジしてみてくださいね!

ここまで、読んでくださって、
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました