猫の種類によって性格も違う?飼う時に知っておきたい大切なこと!

スポンサーリンク

猫といえば気まぐれで自由気まま、
というイメージが強いですが、

実はそんなことも
ないんですよ!

種類によっては
甘えん坊だったり
人懐っこかったり、

反対にすっごく
やんちゃだったり
人見知りしたり、

本当に色々な
猫ちゃんがいるんです。

 

今回はそんな、
猫の種類による性格の違いや、
どんな家庭にはどんな猫が合うのか

などを紹介していきます。

家族構成によって選ぶといい?子供世帯とお年寄り世帯では生活パターンが違うのも考慮して!

スポンサーリンク

猫をこれから飼おうと
しているのでしたら、

まず最初に2つのことを
確認しておかなければいけません。

それは、家族全員が
猫を飼うことに賛成しているか。

家族の中に猫アレルギーや
猫嫌いの人はいませんか?

そして猫を生涯きちんと
愛情を持って飼育できるかどうか。

 

猫は犬ほどしつけは
大変ではないと言われますが、

それでも生き物であり、
人間の思い通りに
いかないこともあるし、

病気をしたりケガをしたり、
年寄りになれば猫だって
介護が必要になるかも。

それをちゃんと最期まで
面倒をみることが出来ますか?

また、猫を飼うに当たって、
飼育の仕方なども正しい知識を
得ることが必要ですよ。

この2つをクリア
しているのでしたら、
猫を飼っても大丈夫でしょう。

 

その際、家族構成によって
どんな猫を飼うか
選ぶと良いですね。

例えば元気な子供たちが
いるのでしたら、

ベンガルやマンチカン、
アビシニアンなど、

やんちゃで好奇心旺盛な種類の
猫ちゃんが良いでしょう。

もちろんペットショップや
ブリーダーからではなく、

保護猫団体から譲渡で
猫ちゃんをお迎えする場合も、

元気でよく遊ぶ性格の子を
もらいうけると良いですよ。

 

また子供がいる世帯なら
子猫から飼ってもいいですね。

子猫なら一緒に遊ぶことも
出来るので何かとおすすめです。

また、メス猫はどちらかといえば
クールな性格の子が多いので、

一緒に遊びたいのでしたら
オス猫を選ぶと良いですよ。

反対にお年寄り世帯には、
おっとりした性格の種類、

アメリカンショートヘアーや
エジプシャンマウ、
シンガプーラ、スコティッシュフォールド
などがいいでしょう。

 

また、年寄り世帯は
子猫から飼うと大変なので、

筆者のおすすめとしては、
保護猫団体から、大人の猫を
譲り受けるのが良いと思います。

やっぱり大人の猫は
子猫に比べて大人しいため、

お年寄りが買うのには
ちょうどいいでしょう。

ただし、もし自分たちが
亡くなった後は、

猫の世話は誰がするのか、
引き取り手をしっかりと
探しておいてくださいね。

 

ちなみに、猫は雑種でも
本当に性格が様々。

例えば、義実家が飼っている
茶トラの猫はやんちゃなんですが、

筆者が飼っている
サバトラ(灰色に黒の縞模様)の猫は、
甘えん坊でとっても人見知り。

人間にも色々な性格があるように、
猫にも色んな性格があるので、

ぜひ自分たちのライフスタイルや、
性格にあった猫ちゃんを
お迎えしてくださいね!

猫の種類によって注意すべき点も違う?大切な小さな家族の健康管理に気を配ろう!

ネコのイメージ画像2
猫の種類によっては、
頻繁に毛のお手入れを
してあげないといけない子もいます。

その代表格となるのが
長毛種の猫ちゃんですね。

ペルシャやサイベリアン、ソマリ、
ノルウェージャンフィレストキャット、

メインクーン、そして一部の
マンチカンなど、

毛が長いタイプの子は、
ブラッシングを頻繁に行いましょう。

そうしないと毛が絡まって
しまったりするので、

やっぱり長毛種はお世話も
なかなかに大変ですね。

 

もちろん長毛種でなくても
定期的なブラッシングは必要だし、

どんな種類の猫でも、
爪切りをしてあげる
必要があります。

またオス猫は特に膀胱炎に
かかりやすかったり、

腎臓系の病気に
なることがあるんですよね。

筆者が買っている猫も
慢性的な膀胱炎だったので、

今では療法食のエサを与えて
症状を改善させています。

 

猫はどんな種類であっても、
思わぬ病気にかかることもあるし、

何かを誤飲してしまって
手術をすることがあるかも。

そのため、猫ちゃんが暮らす場所には、
極力、猫ちゃんの口に入りそうな
小さなものは置かないでおきましょう。

特に糸や紐などを
誤飲してしまうと、

内臓に絡まってしまい
非常に危険ですよ!

 

そしてどんな種類の
猫ちゃんであっても、

獣医さんに連れて行って、
ワクチン接種をしたり、

定期健康診断を
してもらってくださいね。

あとは人間の食べ物は
絶対に与えないこと!

そうすれば猫ちゃんはずっと
元気で長生きしてくれるので、

みんなで愛情を持って
育てていきましょう。

「猫の種類によって性格も違う?飼う時に知っておきたい大切なこと!」のまとめ

ネコのイメージ画像
猫は種類だけでなく
毛の色でも性格がバラバラ。

そのため、家族構成などに合わせて、
どんな猫ちゃんをお迎えするか
決めると良いですよ。

 

また、猫ちゃんはどんな種類でも、
お手入れが必要だし、

病気になることもあるので
それらも全部覚悟の上で、

ネコちゃんを終生
飼育していってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました