歯磨き粉のおすすめを教えて!子供に人気の歯茎ケアもできる商品は?

スポンサーリンク

歯磨き粉が嫌いなお子様には
無理やり使わなくてもいいです。

何が大切かと言うと、
歯を磨くことが一番大切な事です。

そして、出来ればお子様が磨いた後は
仕上げ磨きをして下さい。

乳歯はとても柔らかく虫歯になりやすい為、
スキンシップも兼ねて
仕上げをしてもらえたらと思います。

 

では、なぜ歯磨き粉を使うのかを
ご理解して頂けば今後どのような物を
選んでいけばいいか分かるかと思いますので、
ポイントを押さえておきましょう!

子供の歯磨き粉を選ぶ!おすすめはフッ素入り!重要なフッ素の効果とは?

スポンサーリンク

フッ素は地球の地殻で
17番目に多い元素になります。

そのため、私達の生活の中で
非常に身近な存在なです。

このフッ素はフッ素化合物として、
他の元素と結合した形となって
岩や土壌のミネラル成分の一つです。

この土壌中のフッ素濃度は
最大300ppmと非常に高い数値です。

また、地表に降った雨水が土壌などに
通過する時にフッ素イオンが溶け込み
川には約0.2ppm、海水には約1.ppmの
フッ素イオンが存在します。

ですので、海産物や農作物にも
フッ素が含まれていますので
知らず知らずの内に私達は
フッ素を取り入れているのです。

このフッ素が歯の発育期に摂取したり
塗布する事で虫歯を予防することができるのです。

本当にフッ素は効くのか

フッ素には歯を強くする効果と、
むし歯の原因になる酸を出すのを抑えてくれる
2つの予防効果があります。

食事をすると口の中が酸性に傾くため
歯が溶けてむし歯になります。

それを防ぐ為に、フッ素を取り込んで
酸に強い歯に、酸を出しにくくする事が
大切なんですね。

特に、乳歯は柔らかい為に
フッ素入りの歯磨きを選ぶ事がいいのです。

フッ素濃度の確認

フッ素が大切であれば、
濃度の濃い物を選べばいいと思いますが
歯磨き粉は6歳未満は
フッ素濃度500ppmを目安に選んで下さい。

WHOではフッ素濃度1000ppm以上
の場合は、500ppm上昇するどとに
むし歯の予防が6%アップすることが
実証されています。

しかし、厚生労働省ではフッ素濃度が
1000ppmを超える場合は
6歳未満の子供には使用しないように
と注意書きがあります。

 

毎日使用するものなので、
フッ素濃度が高いと過剰摂取になり
フッ素中毒になる可能性があります。

3~5歳までは500ppmの
歯磨き粉の使用を推奨します
フッ素濃度と使用量に注意しながら、
使用しましょう。

研磨剤・発泡剤が含まれないもの

研磨剤入も発泡剤入も
大人の方にも私はおすすめしていません。

研磨剤が入っていることで、
歯の表面を削る作用があり、
柔らかい乳歯は刺激が強すぎます。

大人の方でも、研磨剤入で
ゴシゴシ強く磨くと歯が削れ
知覚過敏を引き起こします。

発泡剤は泡立ちがよく、
全然磨けていないのに爽快感だけはあります。

泡立つ事で磨いた気になるので、
おすすめはしませんし
研磨剤同様に刺激が強いです。
何より体に良くないのです。

・研磨剤の表記「ケイ素」「炭酸ナトリウム」
・発泡剤の表記「ラウリル硫酸ナトリウム」

などの表記がされている物もありますので、
購入の時は注意して下さい。

安全な物を選ぼう

万が一飲み込んでも
安心な物を選びましょう。

添加物を含まない、天然成分が主体
となっているものがおすすめです。

歯磨き粉を大量に飲み込む事はない
とは思いますが、小さいお子様に
使う時には安心です。

すすぎ不要のもの

うがいの出来ない子や
上手にうがいが出来ない子は、
うがい不要で使える拭き取りタイプ
のものを選びましょう。

赤ちゃん用であれば安心安全なので、
そちらを選んでガーゼどで拭き取って下さい。

子供用の歯磨き粉!すっきりタイプのおすすめは?

歯磨き粉には様々な味が今は出ていますが
すっきりタイプだけで選んでしまうと
ミント系を選んでしまいます。

ミント系は辛いと感じるお子様は
非常に多くいらっしゃいますので
注意して下さい。

キシリトール配合

キシリトールもフッ素と同じ
歯を強くする効果があります。

キシリトールで歯垢を剥がしやすくなる為、
ブラッシング効果が上がります。

また、フッ化物と一緒に使うことで
歯を硬くする効果を向上させます。

このキシリトールはガムなどに
良く配合されていますが、
キシリトールにはスースーする爽快感があります。

歯にも良いので、スッキリを希望であれば
キシリトール配合を選びましょう。

表記は「キシリトール」です。

気に入った味を選ぼう

キシリトール配合であれば、爽快感がでます。
その中に、お子様の好きな味が出ていれば
どの味を選んでもすっきりとした
歯磨き粉になりますよ。

子供用の歯磨き粉!歯茎ケアに効果のあるおすすめは?

歯磨き粉のイメージ画像2
子供の歯茎がピンク色ではないと
心配していませんか?

歯茎のケアの前に、健康的な歯茎と
そうでない歯茎の違いを覚えましょう。

それでは、歯茎の黒ずみはなぜあるのか、
その原因について解説していきます。

生まれつきの歯茎の黒ずみ

生まれつきの黒ずみは、
メラニン色素の問題ですので
安心してください。

飲食による歯茎の着色

色の濃い食べ物や飲み物が多いと、
歯茎に着色することがあります。

お茶や珈琲、カレーなどばかり
食べたり飲んだりすると歯にも着色します。

受動喫煙による着色

タバコは子供は吸いませんが、
タバコを吸っている本人はもちろん
受動喫煙で歯茎が黒ずむ事があります。

タバコは吸わない人にも害を与え、
歯茎の黒ずみまで引き起こす原因になるのです。
お子様の前では吸わないようにして下さい。

銀の被せものによる着色

歯の被せもので、銀の成分が溶け出して
歯茎に付着します。

個人差はあり、全員がなるわけでも無いですが
長い間銀歯を使用していると
歯茎が黒ずむリスクは高くなりますよ。

歯茎のお手入れ方法

基本的に子供の歯茎はまだ
歯周病などの進行はひどくないです。

歯ブラシで歯茎を一緒に磨いてしまうと
歯茎を傷つけてしまうので
お子様にはやめましょう。

おそらく、痛がりますし、
一度痛い事を覚えたら
今後の歯ブラシをする時に
苦戦する事は間違いないでしょう。

 

そうならない為にも、歯茎をお手入れ
する場合はガーゼで優しく汚れを
拭き取るようにしてくださいね。

汚れたまま放置するのは
口腔内環境が悪くなりますので、
必ず仕上げ磨きの時に
拭き取るようにしましょう。

また、黒ずみなどを気にされる場合は
歯茎のピーリングなどもありますが
これは子供には使用せず、
大人になった時にして下さい。

まとめ

歯磨き粉のイメージ画像
歯磨き粉も多種多様がありますので、
お子様の年齢を考えて
フッ素の濃度を気にして選んで下さい。

また忘れてはいけないのが、
歯ブラシは大人でも上手にできません。

ですから、お子様には必ず出来る範囲で
仕上げ磨きをしてあげてください。

出来れば、毎日みてあげましょう。

 

特に乳歯や永久歯が生えたばかりだと、
とても弱くやわらかい為、
仕上げ磨きは必ず行ってくださいね。

また、フッ素やキシリトールは
配合している物がいいのですが、
何より大切なのは
キチンと歯磨きをすること
です。

フッ素やキシリトールに頼って、
仕上げ磨きをおろそかにしていると
知らない間にむし歯になっているので
注意してくださいね。

 

小児歯科では子供用の歯ブラシや
歯磨き粉なども沢山取り揃えていますので
一度受診をし、仕上げ磨きのポイント
なども教わる事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました