知っておきたいお年玉の相場!親戚の子供にあげるならいくら?

スポンサーリンク

お正月に親戚が集まると、
子供たちにはお年玉を
渡さないといけないですよね。

でも、お年玉の相場って
イマイチよく分からなくないですか?

年齢によってアップした方が
いいんでしょうが、
それでもやっぱり
いくらあげるべきか悩みます。

 

そこで今回は、お正月に
大人を悩ませるお年玉の相場を大公開!

ぜひお年玉を用意する際は
参考にしておくといいですよ!

親戚の子供にあげるお年玉の相場は?やっぱり年齢によって変わる?

スポンサーリンク

お正月、親戚の子供たちにお年玉は
いくら渡すかやっぱり悩みますよね…。

でも、だいたい相場が
決まっているので
まずはそれを紹介します。

・2~3歳…500円
・3~5歳…1,000円~2,000円
・小学校低学年…1,000円~3,000円
・小学校中学年…2,000円~3,000円
・小学校高学年…3,000円~4,000円
・中学生…3,000円~5,000円
・高校生…5,000円
・大学生…10,000円

 

以上がお年玉の相場ですが、
やっぱり年齢や学年に合わせて、
少しずつ高くなっていくものなんですね。

ただ、高校生から大学生は、
ガクンとお年玉の相場が
アップしてます!

 

まだ2,000~3,000円程度なら
そこまで痛い出費になりませんが、

5,000円や10,000円を渡すとなってくると、
ご祝儀を用意するばりに
準備する方も大変ですよね。

でも、そうやって今まで私たちも
お年玉をもらってきたので、
ぜひ相場を参考にして
親戚の子にお年玉を用意してあげてください。

 

ちなみに、年齢が1歳くらいしか
離れていないのでしたら、

出来れば兄弟姉妹でお年玉の金額を
変えるのはやめてあげてください。

筆者には約1歳上の兄がいるんですが、
やっぱりお年玉の金額が
兄より2,000円も少なくて、
すごく悲しい思いをした記憶があります。

そのため、兄弟の上の子だから高い金額、
下の子だからそれよりも
低い金額にするのではなく、

1歳くらいしか離れていないのでしたら、
お年玉はぜひ同額を
あげるようにすると良いでしょう。

 

ちなみに、今回紹介したお年玉の相場は、
あくまでも世間一般的な相場です。

そのため、この相場通りに
渡さなくても全然大丈夫ですよ。

もう少し高い金額を渡してもいいし、
お正月だと初売りなどで
買いたいものがあって、

自分に使いたい場合もあるでしょうから、
もう少し低い金額を渡してもOKです。

お年玉の相場はあくまでも
参考にする程度にしておきましょう!

 

そして、お年玉は大学生までは必ず渡す、
という決まりはないので、

高校生までで渡すのを
やめてしまってもOKですよ。

また、親戚の子がまだ赤ちゃんなら
お年玉はあげてもあげなくても、
どちらでも大丈夫なので
覚えておくと良いでしょう。

親戚の子供にお年玉をあげるなら相場にこだわるより相手の親と相談する方が良い?

お年玉のイメージ画像2
親戚の子にお年玉をあげる場合は
先ほども説明したように、

相場は参考程度にしておいて、
相手の親と相談する、
という金額の決め方もおすすめ
なんですよ。

例えば親戚の子がまだ
2~3歳くらい小さい場合だと、

まだお金の使い方もありがたみも
分からないでしょうから、
数千円を渡しても
喜ばれない場合もあるんですよね。

どちらかというと500円玉など
小銭を渡した方が喜ばれる可能性も!

 

まだ小さい子には、親御さんと
相談のうえ少額を渡して、

ある程度お金の使い方や
ありがたみが分かるようになってから、
数千円のお年玉を渡すようにしていきましょう。

また、どうしてもお年玉の金額に悩むのでしたら、
やっぱり相手の親御さんと
相談をしておいた方が良いですね。

きっと親御さんは1,000円とか
そのくらいでいいですよ、
などと安い金額を言ってくれるとは思いますが、

そんなに金銭的にきつくないのでしたら、
もう少し金額をあげて
お年玉を渡しても良いでしょう。

 

ちなみに、見栄を張って親戚の子に
高すぎるお年玉を絶対に渡さないこと!

あまりお年玉の金額が高すぎると、
相手の親御さんも恐縮してしまうし、

自分自身も金欠になりかねないので、
やっぱりお年玉は慎重になって、
よーく考えたうえで
金額を決めていくと良いですね!

まとめ

お年玉のイメージ画像
お年玉の相場は本当に小さい子だと
500円程度で良いですが、

小学生、中学生、高校生になってくると、
年齢や学年によって値段を
上げていくことになります。

でも、相場はあくまで参考程度にして、
それよりも多少は少なくても
多くても全然問題ないですよ。

 

また、どうしてもお年玉の金額に
迷ってしまったら、

相手の親御さんと相談を
してみるのも一つの手なので、

金欠にならない程度に
お年玉を渡していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました