お正月の花の飾り方!お花の種類や飾り方にマナーや意味はある?

スポンサーリンク

お正月の花を飾る場合は、
どんな種類や飾り方をすると
いいんでしょうか?

やっぱりおめでたい時だから、
花の種類とかも決まりがありそうですよね。

そしてお正月の花はいつ頃から
いつまで飾っておくべき?

 

ということで今回は
お正月にふさわしい花や飾り方、
そして飾っておく期間など

紹介していきます!

お正月にお花を飾りたい!花の種類や飾り方に何か特別なマナーや意味はある?

スポンサーリンク

ではまず、お正月に玄関などに
飾るのに適している
草花の種類を紹介します。

松の葉はやっぱりおめでたい時に
ふさわしい葉っぱですよ。

特に松は1年中、葉っぱを
落とさないことから
長寿の象徴とされており、
とっても縁起がいい植物なんです。

竹は真っすぐ伸びることから
縁起がいい植物とされているため、
お正月の生け花などに使われるし、
何より門松にも竹が使われていますよね。

冬の時期に咲くため、
お正月にぴったりな花です。

特に紅白の梅なら
なおさら縁起が良いでしょう。

千両(せんりょう)・万両(まんりょう)

千両と万両は赤い実を
つける植物のこと。

『両』とは昔のお金の単位であり、
名前がとても縁起がいいことから、

商売繁盛などの意味を持つとされ、
お正月にふさわしい
おめでたい植物でもあるんですよ!

南天

南天は『難を転ずる』という
意味が込められているため、
やっぱり縁起が良く
お正月にピッタリの植物です。

菊って弔事の時のお供え物の
イメージもありますが、

実は不老長寿の妙薬として
中国から伝わってきた
花でもあるんですよ。

輪菊と小菊という種類以外の
菊であればお正月に飾ってもOKですよ。

葉牡丹(はぼたん)

葉牡丹は紅白の2色の植物であるため、
縁起がいいとされており
お正月に飾ることができます。

福寿草(ふくじゅそう)

とても縁起のいい名前をしているため、
お正月に飾られる花の1つなんですよ。

また、元日草という
別名もあるので、
まさにお正月を彩るのに
ふさわしいでしょう。

椿

冬でも葉っぱが落ちず、
また寒い冬場に咲くことから、
繁栄を意味するため、
おめでたい時に飾られる花です。

バラ

意外かも知れませんが、実は
バラも見た目がとっても華やかで、
しかも長持ちするため、
お正月に飾ってもOKなんですよ。

上手くアレンジメントに取り入れて、
和洋折衷にするといいですね!

 

以上がお正月に飾るべき
植物の種類ですが、

このほかにユリや蘭や
水仙なども飾ってOKですよ。

特に飾り方にマナーなどはありませんが、
後ろに松を活けて、その前に

千両や万両を飾り、そして菊や椿や梅、
葉牡丹を活けるなどしていくと
いいかも知れませんね。

また、一輪挿しに
椿や梅、菊、千両、万両など、
1種類だけを活けてもOK!

 

ちなみにお花の生け方に関しては、
下記のサイトを参考に
していくと良いですよ!
https://akanbo-media.jp/posts/3133

 

筆者も高校の時に
華道部に入部していたのですが、

お花って活けると本当に
部屋の雰囲気がパッと明るくなるので、
ぜひステキなアレンジメントを
楽しんでくださいね!

お正月にお花を飾る時期はいつからいつまで?何か決まりはある?

お正月の花のイメージ画像
お正月のお花はしめ縄や
門松などのお正月飾りと同じで、
12月28日頃から
飾るのがいいでしょう。

12月29日や31日だと
縁起が悪いと言われているため、
やっぱりベストなのは
12月28日に活けてしまうことなんですね!

そして飾るのは1月7日、
つまり松の内までが正解。

 

ただし関西など地域によっては、
お正月飾りを15日まで
飾っておく場合もあるため、

いつまでお花を飾っておくかは、
住んでいる地域によって異なります。

 

でも、生花の場合は
種類によってはあまり、
1月15日まで持たない場合もあるので、

枯れてしまった花は
取り除いたりするなど
していくと良いですね。

ちなみにお正月に飾ったお花も、
出来ればお正月飾りなどと一緒に、
どんと焼きなどで
お焚き上げすると良いでしょう。

 

お焚き上げ出来ない場合は、
塩を振ってお清めした後、

白い紙などに包んでおけば、
可燃ゴミとして
出してしまってOKです。

「お正月の花の飾り方!お花の種類や飾り方にマナーや意味はある?」のまとめ

お正月のイメージ画像
お正月に飾る花は
松竹梅の他に、千両や万両、
椿、梅、葉牡丹などがあります。

 

でも、自分で活けるのが難しい場合は、
花屋さんでお正月用の
アレンジメントを買ってきて、
それを飾っても全然OKですよ!

やっぱり、初めて花を活ける
となるとキレイに飾るのが、
ちょっと難しいですからね。

 

そして、お正月の花は
基本的には12月28日から、
1月7日まで飾っておきましょう。

その間、水を替えたりするなど
お世話を忘れないようにしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました