気がついたらシンクが水垢だらけに!?掃除ってどうすればいいの?

スポンサーリンク

気がついたらシンクがぬるぬるになっていて、
水垢だらけっていうことありませんか?

台所は毎日使うのでこまめに掃除しないと
汚れも蓄積されていきます。

ですが中々シンクの掃除まで辿りつかなかったり…。
しかもいざ掃除しようと思っても何で掃除すればいいのか、
わからない!という経験ありませんか?

 

そんなあなたに今回はシンクの掃除方法など
詳しくご紹介していきたいと思います!
シンクの汚れには重曹が効くとの声もたくさんあったので、
詳しくみていきましょう。

シンクの掃除には重曹が効くってほんと?使い方を詳しく解説!

スポンサーリンク

なんと、シンクの水垢には重曹が効くそうです!

ご存知の人もいるかと思いますが、
汚れに効く重曹の使い方をご紹介したいと思います!

重曹が効果を発揮するのは水垢を酸性の洗剤で掃除しても
まだ白い汚れがついている……という場合!

ぬるぬるは酸性の洗剤でも取れることもあります。

取れない時は、石鹸カス汚れが残っている可能性が高いのです。
酸性の石鹸カス汚れに酸性の洗剤を使用しても効果はありません。

そんな時はアルカリ性の重曹を使ったら、
一発でピカピカになります!

 

重曹の使い方は…
シンクを軽く水洗いしたあと、
粉のままの重曹をまんべんなくふりかけます。

そして30分~1時間ほど放置して
スポンジでこすり最後に水で洗い流すだけ。

とても簡単ですよね。
待つだけで汚れが分解されて落ちていきます。

 

そして、重曹はこんな役割があります。

先程説明しましたが、アルカリ性の性質をもっています。

アルカリ性の性質をもった物質は、
酸性の性質をもつ物質と混ざると溶けあう性質があります。

実はおうちで発生する汚れのなかでも、
「油汚れ」や「焦げ」といったものは
酸性の性質をもつ汚れなので、

重曹を使うことで溶かして落としやすくなるんです。

 

そして、研磨作用があるのです。

重曹は粒が硬く、水に溶けにくい性質をもっているので、
スポンジなどにつけてこすり洗いすると
クレンザーのような働きをしてくれます。

分解できない頑固な汚れを削り落とす力があるのです。

重曹は頑固なシンクの水垢を綺麗に落としてくれるんです。
知らなかった人も多かったのではないでしょうか?

一度試して効果を確認してみてください!

重曹は家庭に置いてある人も多いと思うので
すぐに試すこともできますよね。

半信半疑でもいいので気になったら実践してみてくださいね。

シンクの受け皿って掃除すべき?簡単に掃除できる方法とは?

掃除道具のイメージ画像
次に注目したのはシンクの受け皿!
あなたはどのように掃除してますか?

シンクの受け皿って掃除するの?やり方は?
ということで調査してみたのでぜひ参考にしてください。

 

シンクの受け皿の役割は食べ物などのカスを
排水溝に直接入らないようにするためのものですよね。

その受け皿がないと排水口の汚れや
臭いはすごいことになりますよね。

排水口はシンクの中でも汚れやすい場所なんです。
できれば触りたくないと掃除をさぼっていると、
ますます汚れがひどくなってしまうんです。

また、排水口はシンクの中でもカビや雑菌が発生しやすい場所。
常に湿っていることに加えて、
排水口には油や食べ物のカスが残りやすく、
カビや雑菌にとっては繁殖のためには絶好の環境なのです。

 

もし表面上は汚れがなかったとしても、
ぬめりがある場合には食材の残りカスが残っている可能性もあります。

もしそうだった場合には、
カビや雑菌が繁殖して黒く汚れてしまうのも時間の問題です。

掃除をサボるとシンクの受け皿も
カビや雑菌だらけということですね。

そういう時は、排水溝のカバーの裏まで
全部掃除するのが1番正しいと思います!

 

排水口はどのように掃除すればよいのでしょうか。
排水口の中でも見逃されやすいのが
排水口の中にあるカバーです。

実はこのカバーは取り外しができることも多いのですが、
それを知らないという場合、
カバーの裏で雑菌やカビが繁殖してしまいます。

そのため、シンクを掃除するときには、
カバーが外れるかどうかをチェックしてください。

もしカバーが外れる場合には、
裏側まできちんと掃除をすることが必要です。

 

食器用洗剤と捨てる前の歯ブラシを使って磨く方法も
試してみてください。シンクの掃除を行うときには、
まず食器洗い洗剤が便利です。

食器洗い洗剤は常にシンクに置いてあるものなので、
すぐに手に取ることができます。

簡単にできますし、余計に特別な道具を買わなくていいので
実践しやすいです。新しいものを使うよりも
使い古した歯ブラシやスポンジなどが便利です。

特に歯ブラシは細かいところを磨くだけでなく、
なかなか届かない排水口の奥の汚れを落とすこともできます。

もし、茶渋の汚れなどが付着している場合は、
水を含ませるだけで汚れが落とせる
メラミンスポンジなどを利用するといいですよ。

上記で説明しましたが、
排水口が汚れると受け皿にもぬるぬるやカビなどが
付着してきてしまうということなので
排水口を常にお手入れすることが重要だと思います。

簡単な方法も説明したので家にあるもので試してみてください。

まとめ

シンクのイメージ画像
今回はシンクの掃除について調査しました。

普段放置されがちなシンクの掃除ですが、
家にあるもので簡単にできますし、
買いに行く手間もないので早速試してみたいと思います!

重曹をふりかけて待つだけでピカピカになるなんて
掃除が楽だなと思いました。

これなら常にシンクの中はピカピカですね。
ぬるぬるなシンクとはサヨウナラできます。

どの家庭にもあるものでシンクの汚れを取ることができるので、
ぜひ気になったら試してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました