離乳食の進め方のスケジュール!卒乳の時期と椅子の悩みを解決!

スポンサーリンク

赤ちゃんが、
生後5~6か月になったら、

そろそろ離乳食を
スタートする時期ですね。

 

離乳食をスタートしたばかりの頃は、
これまで通り母乳やミルクは

赤ちゃんが欲しがるだけ、
あげて大丈夫です。

 

赤ちゃんの様子を見ながら、
1日1回は離乳食を
食べさせるようにします。

始めは食べさせるものも、
なめらかにすりつぶした状態のもので、
食べることに慣れさせていきましょう。

 

歯が生えていない
赤ちゃんでも食べられるように、

飲み込みやすい大きさと
滑らかさにしてあげることが重要です。

 

離乳食に使用する食材は加熱をして、
味付けは無しで
食べさせてあげましょう。

離乳食の進め方のスケジュール

スポンサーリンク

はじめての離乳食は
『つぶし粥』でスタートします。

 

離乳初期(生後5~6か月頃)

離乳食1週目:10倍がゆを裏ごしして、
赤ちゃんでも食べやすいようにとろりとした
ペースト状にして食べさせていきます。

つぶし粥を作ったら、
スプーン小さじ1杯だけ、
赤ちゃんに食べさせます。

 

2日に1さじずつ増やしていくペースで、
赤ちゃんに食べることに
慣れてもらいましょう。

 

1週目はこのつぶし粥を3杯くらい
食べられるようになるのが目標です。

 

離乳食2週目:すりつぶした野菜なども
食べられるか試していきます。

じゃがいも・ほうれん草・ニンジンなどの
野菜をすりつぶして食べさせます。

 

離乳食3~4週目:おかゆ5~6さじ、
お野菜2さじくらい食べられるようになったら、

すりつぶしたお豆腐・お魚・卵黄などを
1さじ追加していきます。

 

離乳中期(生後7~8か月頃)

離乳食5週目:赤ちゃんの様子を見ながら、
離乳食を1日2回に増やしていきます。

つぶし粥(炭水化物)・お野菜(ビタミン)・
お豆腐やお魚(タンパク質)を
バランスよく食べさせていきましょう。

 

食材も初期のなめらかなペースト状から、
舌でつぶせるくらいの固さにしていきます。

食べるのを嫌がったり、
なかなか食べてくれなかったりしたら、

無理に食べさせず、
赤ちゃんのペースに合わせて

ゆっくり離乳食を
進めていきましょう。

 

離乳後期(生後9~11か月頃)』

2回の食事に慣れてきたら、
1日3回離乳食に切り替えていきます。

食材は歯茎でつぶせる程度の
固さにしていきます。

 

離乳完了期(生後12~18か月頃)

1日3回の食事のリズムを整えつつ、
自分で食べる楽しさを
赤ちゃんに知ってもらうために、

赤ちゃんが自分で手づかみで
食事をするようにしていきます。

 

食材の固さは歯茎で噛める
程度の固さに調節しましょう。

1日3回の食事に慣れたら
とうとう離乳完了です。

 

離乳後期の
9か月~11か月になったのに、

あまり離乳食を
食べてくれない赤ちゃん。

そういう場合は卒乳することで、
お腹が空いて離乳食を
食べてくれるようになるのでは?

と考えるお母さんも多いようです。

 

でもまだ離乳後期の赤ちゃんには、
母乳やミルクの栄養が必要なんです。

そのため卒乳はせずに、
赤ちゃんに食事をしてもらうために、
できることを探してみましょう。

 

このメニューだと
食べてくれるとか、

このメニューだと
あまり食べてもらえないとか、

赤ちゃんにもいろいろと
メニューの好みが
出てきたのかもしれません。

 

どういったものは食べるのか、
食感・見た目・形状などに注目して、
赤ちゃんの好みを探ってみましょう。

なかなか食べてもらえなくて
お母さんも焦ってしまう
かもしれませんが、

必死になりすぎずに赤ちゃんと一緒に
楽しく食事の時間を
過ごせるようになるといいですね。

離乳食の時期から使える椅子!子供用に長く使えるおすすめの椅子は?

赤ちゃんに離乳食をあげる母親のイメージ画像
離乳食を始めた頃は抱っこして、
食べさせてあげたりしますが、

赤ちゃんが一人で座ることが
できるようになったら、

椅子に座って食べる習慣を
付けてあげたいですよね。

 

赤ちゃんが
しっかり座れるようになって、

食べた物も
しっかり飲み込めるようになったら、

子供用の椅子を
用意してあげるタイミングです。

 

では赤ちゃんに用意してあげる椅子は
どんな椅子がいいでしょうか?

できれば、一つの椅子で成長しても
なるべく長く使えたらいいですよね。

 

成長してからも使えて、
赤ちゃんも家族と一緒に
テーブルを囲んで

食事するなら、
『ハイチェア』がおすすめです!

 

成長に合わせて座板や足置き場が
調節できるものが多く、

中には大人になっても使えるという
謳い文句のハイチェアもあるくらい
長く使えるので便利です。

まとめ

子供と母親のイメージ画像
離乳食に慣れてもらえるまで、
なかなか大変ですが、

赤ちゃんも一緒に食事を
楽しんでくれるようになったら、
嬉しいですよね。

赤ちゃんとの食事が
楽しい時間になるように、

この記事が少しでも
お役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました