台風の季節!食糧などの備えはできてる?マンションでの注意点!

スポンサーリンク

台風は地震などの災害と違って、
ある程度は来ることが予想が可能です。

そのため、台風が来る場合は、
食糧などの備えが重要になります。

また、台風では、
マンションで被害にあう方もいますね。

このような場合は、
どうすればいいいのでしょうか?

 

ここでは、台風の時の食糧や、
体調について解説をしたいと思います。

台風に備えた食糧はきちんと管理して!賞味期限が切れている物や古くなった物は交換を!

スポンサーリンク

台風に限らず、災害の場合、
食糧の備えが命を左右すると言っても、
過言ではありません。

災害後、インフラが被害にあった場合、
食糧が十分にないと命の危機にも陥ります。

 

食糧の備蓄の目安としては、
1週間が目安と言われています。

ご自宅の非常用持ち出し袋には、
1週間分ほどの食糧を入れておくようしましょう。

 

備蓄食糧の代表的なものは、
水、乾パン、レトルト食品など、
長期の保存が効くものです。

 

しかし、これらは長期の保存が効くだけで、
賞味期限がないわけではありません。

非常用持ち出し袋に、
食糧を備蓄する場合は、

食糧リストを作り、
食糧の賞味期限を管理するようにしましょう。

 

そして、古くなったものは、
しっかり自分達で頂き、

また、新しいものを買うサイクルを作れば、
緊急時にも慌てることはなくなりますよ。

 

マンションの場合は、
食糧の準備の他にも、
災害時にはやることがあります。

バスタブの水を入れておく、
ガソリンを満タン、バッテリーの充電など、
基本的なことはマンションでも同じですが、

マンションの場合は特に、
窓ガラスの補強と
ベランダのものを部屋に
しまうようにしましょう。

 

マンションが高層になるほど、
風は強くなるので、
窓ガラスが割れる危険性が高まります。

窓ガラスには、
養生テープを米印に貼り、
飛散防止をするようにしましょう。

 

また、台風の場合、
ベランダに物があると落ちて、
大変危険です。

その場合、
プランターはしまいますが、
忘れがちなのは物干し竿です。

 

プランターから物干し竿まで、
ベランダのものは部屋の中に、
しっかりしまうようにしましょう。

健康な人でも台風の時は体調を崩しやすい!?

イメージ画像
よく台風の際の低気圧で、
体調が悪くなるという人がいますよね。

これって実際はどうなのでしょうか?

思い過ごしなのか、
本当に起こりうるものなのでしょうか?

結論から言いますと、
台風によって体調が悪くなる方はいます。

この現象は「天気痛」とも呼ばれ、台風に限らず、
雨の日など荒天の場合に起こりやすく、
症状としても頭痛、めまい、耳鳴り、神経痛、
うつ、古傷の痛みなど様々です。

 

原因としては、気圧の変化です。

気圧が変化すると、
人はストレスを感じてしまい、
自律神経がうまく働かなくなってしまいます。

それにより、
緊張状態や心拍の異常が引き起こされ、
体調不良になりやすいとされています。

 

このような天気痛から、
引き起こされる頭痛には、
一般的な頭痛薬が
効きにくいとされています。

 

このような場合には、
有効なのが酔い止めの薬です。

酔い止めの薬ならば、
ドラッグストアでも簡単に手に入るので、
普段から備えておくのがベストでしょう。

しかし、薬には人によって合う合わないがあります。

酔い止めの薬を飲んだ結果、
体調がさらに悪くなったり、
だるさを感じるようになったら、
すぐに服用を中止してください。

 

それ以外の方法としては、
ストレッチや温かいものを飲み
気分をリラックスさせたり、

気圧の変化を感じやすい
耳のマッサージをすることも
効果的とされています。

 

天気痛は完治させることは難しいので、
自分に合った方法で、
天気痛とうまく付き合ってくださいね。

まとめ

イメージ画像2
台風などの災害は、
毎年どこかしらで起きています。

日本は災害が多いせいか、
台風なんかでと思ってしまうかもしれませんが、
台風でもしっかりと対策をしなければならないことを
近年の台風で痛感した方も多いでしょう。

しっかりと災害への対策をして、
安全に過ごしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました