知っておきたいお葬式のマナー~服装は?靴は?髪型は?持ち物は?~

スポンサーリンク

お葬式に参列することになったら、
一体どんな服装や靴、持ち物が必要で、
どんな髪形にすればいいんでしょうか?

 

今までお葬式に参列したことがないと、
服装や持ち物のマナーが
まるで分からないですよね。

 

そこで、今回は社会人なら、
絶対に抑えておきたい、

お葬式の服装や靴、持ち物、
髪形などのマナーについて、

紹介していきます。

知っておきたいお葬式のマナー~服装や靴はどうする?~

スポンサーリンク

お葬式はいつ行くことになるか
分からないものです。

 

そのため、
必要な服装や靴を社会人になったら、
揃えておくのがベストと言えるでしょう。

それでは、どんな服装が必要になるのかを
詳しく説明します。

 

服装は必ず喪服

お葬式に参列する際、
服装はもちろん、
喪服を着ることになります。

男性の場合は、
喪服専用のスーツと黒いネクタイ、

女性の場合は喪服用のワンピースと、
時期によっては、
喪服のジャケットが必要になることも。

 

いずれの場合も、
まだ喪服を持っていないのでしたら、

スーツ専門店や大型スーパーの
スーツ売り場に行くと良いでしょう。

特に筆者がおすすめするのは、
大型スーパーのスーツ売り場に行くこと。

喪服のスーツだけでなく、
必要な小物なども、

一式安く揃えることが出来るので、
とてもお得なんですよ。

 

男性は黒の靴下・女性は黒のストッキングを着用する

お葬式に行く場合、
男性は靴下も黒にしておき、

女性は黒のストッキングを
はくようにしましょう。

女性は素足だと、
マナー違反になってしまうので、
くれぐれも注意するようにしてくださいね。

 

靴は男性は黒の革靴・女性は黒のパンプスにする

男性の場合、靴は黒で、
紐付きの革靴を履くようにし、

女性は、黒でつま先が開いていない、
パンプスを履きましょう。

女性の場合、
パンプスのヒールは3~5㎝くらいで、

装飾のないシンプルなデザインのものを
選んでください。

 

男女問わず、お葬式や法事用に、
黒い靴が一足あると何かと役立ちますよ。

筆者もお葬式や法事用に
黒のパンプスを買ったので、
何かと重宝しています。

 

バッグは黒で光沢のないものを選ぶ

女性の場合、バッグは、
大型スーパーやスーツ専門店の
喪服売り場に行けば、

弔事用のバッグが売られているので、
それを持つようにしましょう。

 

男性の場合は、
基本的にバッグを持たない人も
多いですが、

持つ場合は、
黒のビジネスバッグか、
クラッチバッグを持つと良いでしょう。

バッグも弔事用に、
買い揃えておくと何かと安心ですよ。

知っておきたいお葬式のマナー~髪型や持ち物はどうする?~

イメージ画像
続いてはお葬式の髪型や、
持ち物などを紹介していきます。

 

男性の髪形はスッキリと・女性は髪をまとめておく

男性の場合は、
そこまで長くないのでしたら、

寝ぐせなどがないようにして、
また、清潔にしておけば問題なし。

もし、前髪が目にかかるようでしたら、
後ろに撫でつけておくようにしましょう。

男性でも長髪の場合は、
一つに縛っておくといいですよ。

 

女性も短い髪でしたら
清潔感のあるようにしておけばOKです。

長い場合は、ポニーテールにしたり、
アップにして一つに、
まとめておくようにしましょう。

 

いずれにしても、
清潔感のある髪形でしたら、
全く問題ないので、
覚えておくといいと思います。

 

持ち物は数珠と袱紗(ふくさ)とお香典とハンカチ

貴重品以外で、
お葬式の際に特に必要となるものは、
数珠と袱紗とお香典とハンカチです。

袱紗は、お香典を入れておくもので、
大型スーパーの喪服売り場に行けば、
購入できますよ。

 

また、葬式に持っていくハンカチは、
無地で白いものにしましょう。

そして、お香典は故人との間柄によって、
金額が変わってくるのでご注意を。

 

お香典の金額に関しては、
下記のサイトを参考にしてみてください。
https://www.osohshiki.jp/column/article/387/

 

以上がお葬式に参列する時の
服装マナーや髪形、持ち物などなので、

社会人になったら、
ぜひ覚えておくようにしましょう。

「知っておきたいお葬式のマナー~服装は?靴は?髪型は?持ち物は?~」のまとめ

イメージ画像2
お葬式に参列する際は、
服装は喪服で、

男性は黒の革靴、
女性は黒のパンプスを履きます。

男性は靴下も黒で、
女性はストッキングも黒。

 

また、バッグは弔事用のものを
買っておくようにしましょう。

 

そしてお葬式では持ち物は数珠と袱紗、
お香典、ハンカチが必要になるので、

社会人になったら、
実際に弔事が起こる前に、

数珠と袱紗とハンカチは、
喪服やバッグと一緒に、
買い揃えておくといいでしょう

タイトルとURLをコピーしました