新米ママの疑問…お食い初めって何をするの?何の意味合いがある?

スポンサーリンク

新米ママさんにとって初めての育児は、
今まで知らなかったことやわからないことが、
たくさん出てきて不安になりますよね。

そんな不安の中に、
子供を育てていく上で、
いくつかあるイベントの事もありませんか?

今回は育児中のイベントから、
『お食い初め(おくいぞめ)』について、
調べていきたいと思います。

なんとなく名前は聞いたことがあるけど、
具体的にはどんなことをするんだろう?とか、

いつくらいにするものなのだろう?など、
お食い初めに対する不安や、
疑問を解消していきましょう。

そもそもお食い初めってどういうイベント?

スポンサーリンク

昔は子供を育てるのも大変だったので、
生後100日を迎えると、
お祝いをしていたそうです。

 

元々は平安時代に、
生後百日の赤ちゃんに
お餅を食べさせる『百日(ももか)』
という風習があり、

この時のお餅が魚へと変化していき、
現在の『お食い初め』になったそうです。

 

お食い初めはその他の呼び名に、
『百日祝い(ももかいわい)』
『歯固め』
『真魚初め(まなはじめ)』
『お箸初め(おはしはじめ)』
『箸祝い』
『箸揃え』
などがあります。

 

生後100日くらいはちょうど
歯が生え始める頃でもあり、

子供が一生食べ物に困らないように、
という願いを込めて、
食事を与える儀式なんだそうです。

お食い初めっていつやるべき?ダメな時期はある?

疑問に思う女性のイメージ画像
お食い初めをする時期は、
生後100日のお祝いなので生まれてから、
100日目に行うのが一般的ですが、

地方によっては110日目や、
120日目に行う地域もあるそうです。

生後100日付近でご家族の都合のいい日に、
みんなでお祝いしてあげるといいですね

 

お食い初めのやり方は、
一汁三菜の料理を、
漆器のお膳に盛り付けて行います。

用意する料理は、
鯛や鯉を使ったお吸い物、
鯛などの尾頭付きの焼き魚、
煮物、赤飯または白飯、香の物です。

尾頭付きの焼き魚は、
頭が左に尾が右に向くように盛り付けます。

食事の他に、
丈夫な歯が生えるようにと、
歯固めの小石と、

シワができるほど、
長生きできますようにとの願掛けから、
梅干を添えることもあります。

地域で用意するものが違ったりするので、

住んでいる地域にどのような
お食い初めの風習があるのか、
確認してみるといいかもしれませんね。

お料理を準備したら、
赤ちゃんに食べさせるマネをしますが、
食事をさせる順番があります。

ご飯→汁物→ご飯→魚、煮物→ご飯の順番で、
また先頭に戻って同じ順番で、
3回繰り返して食べさせます。

でももし赤ちゃんが嫌がってしまったら、
無理に3回繰り返さないで、

1回だけ口元に近づけて、
食べさせるマネをするだけでいいようです。

 

次に『歯固め』を行います。

用意した歯固め用の小石に箸で触れて、
その箸で「丈夫な歯が生えて長生きできますように」

と願いを込めて赤ちゃんの歯茎に軽く当てて、
お食い初めの儀式は終了です。

お食い初めの方法には男女の違いはあるの?その時に必要なものや段取りも変わるの?

疑問に思う女の人のイメージ画像
お食い初めでの男女の違いは2つあります。

1つ目はお食い初めで、
使用する『食器の色』です。

男の子なら朱塗り、
女の子なら黒塗りの食器を使用します。

ですが現在は、普段使用する
普通のベビー用の食器などを使って、
済ませる家庭が主流のようなので、

食器の色も絶対にこれじゃないと
ダメというわけではありません。

 

2つ目はお食い初めで、
赤ちゃんに食べさせるマネをする『養い親』です。

養い親で食べさせる役目を
赤ちゃんが男の子なら男性に、
女の子なら女性の年長者にお願いします。

同性の年長者に食事をさせてもらうことで、
長寿にあやかるという意味があるそうです。

昔は身内で最年長の方に、
お願いしていたそうですが、

現在では、
祖父母にお願いすることが多いようです。

祖父母が遠くに住んでいたりして頼めない場合は、
パパやママが養い親になって、

赤ちゃんに食事をさせる
マネをすれば大丈夫だそうですよ。

まとめ

赤ちゃんのお食い初めについて、
調べていきましたが、
いかがでしたでしょうか。

今回は家庭でする一般的な、
お食い初めのやり方についてまとめましたが、

自宅で作らず、宅配サービスや、
ホテルやレストランのプランを、
利用するという手もあります。

そういった場合にも、
お食い初めのやり方自体は、
家庭でのやり方と同じなので、

この記事がお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました