お彼岸の時期がいつかも知らないのは恥?最低限の知識やマナーは知っておくべき!?

スポンサーリンク

お彼岸って具体的に何日なのか
よく分からなくなりませんか?

筆者もいきなり、
お彼岸っていつ?と聞かれても、
正確に答えられる自信がありません…。

そもそもお彼岸って
何をするものなんでしょうか?

 

そこで今回は意外と知られていないお彼岸の正しい時期や、
一体どんなことをするのかを紹介していきます。

こんなこと今さら人に聞けない!そもそもお彼岸の時期っていつ?どんなことをするの?何の意味があるの?

スポンサーリンク

お彼岸は春と秋の年2回にやってきます。

春のお彼岸は春分の日を中日とした前後3日間で、
秋のお彼岸は秋分の日を中日とした前後3日間。

つまり春分の日や秋分の日が
ちょうど真ん中の日にくる、

前後3日間、計7日間がそれぞれのお彼岸の時期、
ということになるんですね。

分かりやすく具体例を出すと、
今年2019年の秋分の日が9月23日だったので、

9月20日~9月26日までがお彼岸の時期だった、
ということになるんですね。

 

要するにお彼岸って、
春分の日と秋分の日が深く関わってきます。

そのため、春分の日や秋分の日が近づいてきたら、
そろそろお彼岸だな、
と思っておくのが良いですね。

 

ところで、このお彼岸の時期って
具体的にどんなことをするのか知っていますか?

一般的なのは、お彼岸にはお墓参りをすることですね。

お墓参りをして、ご先祖様の供養をしたり、
今まで見守っていてくださるのを
感謝する日でもあるんですよ。

春分の日も秋分の日も祝日なので、
ぜひお墓参りをしていくといいですね。

 

でも現代人はなかなか忙しくて、
また自分たちの家系のお墓が遠方にあって、
お墓参りが出来ない場合もあるでしょう。

そんな時は無理にお墓参りに行かなくても、
遠くから御先祖様に感謝と供養の気持ちを
祈るようにすれば問題ありませんよ。

実際、我が家もお墓が遠方にあって
なかなか参りにいけないので、

遠くから御先祖様の供養の気持ちを
届けるようにしています。

でも理想としては、
やっぱりちゃんとお墓参りをして、
お墓の掃除などもきちんとした方が
良いんですけれどね。

 

ということで、お彼岸の時期はもしお休みが取れたら、
ぜひお墓参りに行くようにしましょう。

お彼岸はお盆とはどう違うの?前もって準備したいお供えや決まりごとやマナーがあるなら教えて!

お墓参りのイメージ画像
お彼岸は春と秋の二回にあるものだけれど、
お盆は夏にあるものですよね。

でもどちらも故人様や御先祖様の供養の目的があるので、
違いがイマイチ分からないでしょう。

 

お盆というのは、ご先祖様や故人様が
あの世から帰ってくる日、

とされているんですよ。

だからこそ、迎え火や送り火などを焚いたり、
精霊馬(しょうりょうま)といって、

仏様が乗ってあの世と現世を行き返りする、
馬や牛に見立てたナスやキュウリを飾るんですね。

一方、お彼岸というのは、
昼と夜の時間帯がほぼ同じになるため、
あの世とこの世が最も近く、
通じやすくなる時期になる
といわれているんです。

その時に、法要やお墓参りをするなど
ご先祖様を供養することで、
供養の気持ちがより一層、
あの世にいるご先祖様に届きやすい、
といわれているんですよ。

 

要するに、感謝の気持ちがいつも以上に
ご先祖様に届きやすい時期だから、
お墓参りをしよう、ということだったんですね。

ということでお彼岸の正しい過ごし方としては
お墓参りをすること。

また、マナーとしては
きちんとお墓のお掃除をするのが良いですね。

そしておはぎ(ぼた餅)をお供えすると
良いんですね。

 

なぜお彼岸になるとおはぎをお供えするかというと、
理由は諸説あるんですが、
おはぎに使われる砂糖はその昔、
とても高級品であったから、

大切なご先祖様に砂糖を使ったお菓子を
お供えしたんだとか。

また、おはぎはもち米とあんこを
合わせた食べ物であるため、

ご先祖様と自分たちの気持ちを合わせる、
という意味も込められて、
おはぎをお供えするようになったという話もあります。

現代でもお彼岸の時期になると、
スーパーなどでおはぎが並んで売られていますよね。

もしお彼岸にお墓参りをするのでしたら、
ぜひ日ごろ見守って下さる
ご先祖様や故人様に感謝して
おはぎをお供えするようにしましょう。

 

ちなみにおはぎはお供えしたら
みんなで食べると良いですよ!

まとめ

彼岸花のイメージ画像
お彼岸の時期は春分の日を中日とした前後3日間と、
秋分の日を中日とした前後3日間の計7日間です。

この時期の正しい過ごし方としては、
やっぱりご先祖様に感謝して供養のためにも、
お墓のお掃除をしたりお参りに行くことですね。

ご先祖様が返ってくるお盆と違い、
お彼岸はこの世とあの世が
通じやすくなっている時期ですので、

お墓参りをすることで、
より感謝や供養の気持ちを届けられますよ!

タイトルとURLをコピーしました