子供の初節句!印象に残る男の子のお祝いのための初節句の料理とは?

スポンサーリンク

男の子が誕生し、いよいよ迎える初節句。

でも初節句ってどんな料理を用意して
どんなお祝いをすればいいんでしょうか?

初めてだと何もかもが分からないですよね。

 

そこで今回は、
息子さんの初節句を迎えるパパママのために、

実際に初節句はいつしてあげるべきなのか、
また料理やお祝いの仕方などを、
詳しく解説していきます。

知らないと恥ずかしい?初節句の男の子のお祝いの正解を解説

スポンサーリンク

まず、初節句とは何か?
男の子の初節句はいつなのか、
というところから話を始めます。

まず、男の子が生まれて初めて迎える
端午の節句を初節句といいます。

この時はお子さんの健やかな健康を祈って
みんなでお祝いをするんですよ。

具体的にどんなお祝いをすればいいかというと、
鯉のぼりや兜など五月人形を飾り、ご馳走を用意します。

女の子の桃の節句なら、
ご馳走はちらし寿司を作ればいいですが、
男の子の初節句の場合だと
何を作ればいいか迷いますよね。

一応、基本としては、お赤飯と尾頭付きの鯛の塩焼き、
お吸い物、そして柏餅などを用意します。

でも現代では、地域にもよりますが、特にこれといって、
男の子の初節句で作らなければいけない
料理の決まりはないですよ。

それに、無理してご馳走を自分たちで作らずに、
スーパーで買えるようなオードブルセットやお寿司などを、
出来合いのパーティー用お惣菜を買ってきたり、
お赤飯を炊いたりすればそれでもうOKなんです。

 

やっぱり初節句となると、男の子も
まだ赤ちゃんですから、
お世話が大変で、色々と料理を
豪勢に作ることも難しいですよね。

ということで、初節句はぜひ
鯉のぼりや兜などを飾り、手作りでなくても、
ご馳走を用意してお子さんの健やかな成長を祈りましょう。

ある意味、お子さんが生まれて
初めて端午の節句を迎えるのを、
みんなで喜んでパーティーをする、
という感覚でいいと思いますよ。

初節句の時って、
おじいちゃんおばあちゃんも招待するので、
みんなで記念写真を撮ったりして
お祝いすると良いでしょう。

 

また、初節句は自宅で祝うことが多いんですが、
神社へお参りに行き、
ご祈祷していただく場合もあります。

でも、ご祈祷に行くのは省いてしまってもOK!

ご祈祷中に赤ちゃんがぐずってしまうことも多いし、
何よりパパママが大変ですからね。

自宅でも、鯉のぼりなどを飾り、
ご馳走を用意すればそれで十分なので、
ぜひいい思い出に残る
初節句のお祝いをしてあげましょう。

初節句~男の子はいつお祝いをしてあげればいいの?~

男の子の初節句のイメージ画像
初節句のお祝いは男の子の赤ちゃんが生まれて初めて迎える、
5月5日にしてあげる
のが良いでしょう。

でもお子さんが4月生まれだったり
5月生まれだったりした場合は、
翌年の端午の節句に初節句をする場合もあります。

また、基本的にお祝いをするのは、
5月5日の端午の節句当日が理想ですが、
やっぱり都合が悪く、
家族みんなが揃わない場合もありますよね。

そんな時はちょっと日にちをずらしても大丈夫ですよ。

確かにやっぱり、パパママも
そしておじいちゃんおばあちゃんも揃って、
お子さんの初節句のお祝いをしてあげたいですからね。

必ず5月5日に初節句のお祝いをしなければいけない、
という決まりはないので
そのあたりは安心してください。

何より家族みんなで男の子が初めて
節句を迎えるのをお祝いする、
ということが大事ですので、
日にちのズレは心配なしです。

 

ちなみに、鯉のぼりや五月人形、
兜など端午の節句の飾りに関しては、
4月頃から飾ってしまってもOKなんですよ!

早ければひな祭りが終わってから飾る場合もあるんですが、
流石に3月から飾るのはちょっと早い気がするので、
ぜひ4月頃から飾っておくようにしましょう。

 

ちなみに、鯉のぼりや兜、五月人形などを
端午の節句の前日に飾るのは、
『一夜飾り(いちやかざり)』といって
縁起が悪いといわれています。

そのため、出来れば端午の節句の飾りは
早めに飾るようにすると良いですね。

まとめ

男の子の初節句のイメージ画像
初節句の料理は基本としてはお赤飯と尾頭付きの鯛、
お吸い物、柏餅なんですが、現代では
そこまで厳密に決められていないので、
パーティー用のオードブルセットなどを買ってくればそれでOK!

お赤飯も出来合いのものでも結構ですよ!

そして初節句のお祝いをするのは基本としては、
男の子が生まれてから初めて迎える端午の節句なんですが、
4月や5月生まれの子の場合は翌年で大丈夫です。

また、必ず5月5日にお祝いを
しないといけない決まりもないので、
各家庭で家族みんなの都合が合う日にお祝いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました