重曹水って何?作り方も解説!カビにも靴の消臭にも大活躍!?

スポンサーリンク

最近、何かと話題に上るのが重曹水です。
毎年、掃除時期になると必ずとまでは言いませんが、
話題になる事も多いです。

そもそも重曹水とは何?というところから、
見ていきましょう。

 

まずは、重曹水とは?という事ですが、
重曹水というくらいですから、
重曹を含んだ水の事です。

それでは、重曹が何かというと。
重曹=炭酸水素ナトリウム
です。

重曹は、100均やドラッグストア、
ホームセンターでよく販売されています。

 

同じ重曹でも、
薬用・食用・工業用があり、値段も

薬用>食用>工業用となっています。

 

この差は、品質基準の差であり、
工業用は体内に入れることはNGとなっています

因みに、掃除に使うのは工業用で十分であり、

工業用の重曹であれば、
1kgで680円ぐらいで販売されています。

この重曹水を作る際、
必要な重曹が水100mlに対し5.5gで出来る為、

1kgというのは、約180回分。

このコストの安さが人気の理由の1つです。

重曹水の作り方

スポンサーリンク

では、重曹水の作り方を説明します

<必要な物>
・スプレーボトル1本
・重曹5.5グラム
・水100ml

これだけです。

スプレーボトルの中に水100mlと
重曹5.5gを入れて、よく振ります。

重曹が水に溶けたら完成です。

簡単・手間いらずですね。

重曹水はカビに効くってほんと?実際はどうなの?

重曹水の活用方法の1つとして
「カビ」対策も有名ですね。

果たして、実際はどうなのか?

結論から言えば、「予防」にはなるけど
「洗浄」の効果までは言えない
というのが、正直なところです。

重曹には、「静菌効果」があり、
カビの増殖を抑えることは出来ます。

これは、あくまでも増殖しないように
抑えるだけであって、洗浄までの
効果を謳っているわけではありません。

 

ただし、重曹水の凄いところは、
抑制効果が、半年ぐらいは続きます。

 

今、あるカビは、カビ専用の洗剤で落とし、
その後、重曹水で拭きあげると
カビから半年間、守ってくれます!

今、カビがなければ、
今のうちに重曹水で掃除することをお勧めします。

重曹水は靴の消臭もできる!他にも洗濯物の嫌な生乾き臭を消しちゃおう!

靴のイメージ画像
重曹水は、弱アルカリ性の性質ももっており、
酸性の油汚れを中和する働きを持っています。

例えば、靴の臭い。

靴の臭いの原因は、
皮脂汚れや雑菌による臭い
と言われています。

なので、靴の消臭に重曹水は
ピッタリ当てはまっています。

皮脂汚れは、弱アルカリ性でとり、
雑菌の繁殖は「静菌作用」で繁殖を抑えます。

先ほど作った、重曹水を靴にスプレーするだけで、
靴の消臭が簡単に出来てしいます。

 

また、洗濯物の生乾き臭。

これも嫌ですね。

生乾き臭の原因も雑菌です。

生乾きの状態が最も菌が繁殖する環境であり、
生乾きの状態が続くことで

菌がどんどん繁殖し、生乾き臭を発生させます。

これにも、重曹水が使えます。

その他、お勧めしたい方法は、
洗濯する際に重曹を入れる事です。

洗濯に重曹を入れることで、
得られるメリットは大きいです。

いくつか挙げてみると、
皮脂汚れ・消臭・殺菌効果・漂白・柔軟剤効果・洗浄力アップ
といった感じです。

また、重曹を入れて洗濯するだけで、
洗濯槽の掃除にもなります。

使い方は、通常の洗剤の使用量の
半分を重曹に変えるだけ。

たったこれだけで、7つの効果!

使わない手はないですね。

まとめ

重曹水のイメージ画像
そのほかにも重曹水は、
様々な使い方があります。

キッチン回りでは、
排水口の掃除・換気扇・ガスコンロ・
冷蔵庫・電子レンジ・まな板・ゴミ箱の臭いとり

浴室清掃では
バスタブ・排水口・タイルや天井のカビ

洗濯では、
皮脂汚れ・消臭・殺菌効果・漂白・柔軟剤効果・洗浄力アップ

などなど、そのほかにも紹介しきれないぐらい、
使用用途があります。

また、重曹は自然界にあるものなので、
安心して使用でき、なおかつ安い。

 

これだけの用途がありながら、
680円で180本/ml作れるものは、中々ないですね

数あるお掃除グッズや便利グッズの中で、
コスパはズバ抜けているのではないでしょうか

ワンポイントアドバイスですが、
この重曹水にアロマオイルを数滴入れると
香り付きの重曹水が出来ます

掃除は、大変な作業であり、
アロマの香りを嗅ぎながら掃除するのも
「あり」だと思います

重曹を使った掃除を始めてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました