なんとかならない?散らかり放題の子供部屋の片付け!片付けてもキリがない!

スポンサーリンク

何度片づけても次に見た時にはもうぐちゃぐちゃ・・・
片づけても片付けてもキリがない。

いっそ全部捨ててやろうかなんて
気持ちになったことありませんか?

どうせ散らかるからと
片づけずに隅によせていませんか?

もうあきらめてますっていう人もいますよね。
でも散らかってるのみたらイライラ・・・

 

でも自分を振り返ってみた時、ちいさい頃
私も片付けられなかったなぁって思いだしました。

片づけられなかったというより、
片づけ方が分からなかった。

なんで片付けなきゃいけないのかも
分からなかったんです。

だって出している方がすぐまた遊べるもん。
きっと片づけないお子さんも
同じようなこと考えているのではないでしょうか。

だったら、子供が片付けやすいように工夫して、
楽しくお片付け出来て、次遊ぶ時も
楽に取り出せるように工夫しちゃいましょう!!

これで見違えるような子供部屋になるはずです!!

子供部屋を片づけやすいようにDIYしよう!ぴったりサイズなら子供も片付けたくなる?

スポンサーリンク

子供部屋散らかってませんか?
うちは散らかってます!!(笑)

もうしかたないよね、なんて
言ってあきらめるているようで、
チラッと見て「はぁー」汚いって気になる。

ここで思い切って子供部屋を子供が
片づけたくなるようにDIYしちゃいましょう。

ママでも出来る子供部屋のDIYを調べてみました。

 

★収納を配置するときにぴったりな
絵本の収納をダンボールと牛乳パックでDIY

ダンボールと、牛乳パック30個ほどで出来ます。

ちょっとこんなに牛乳パックないって数ですが、
意外にあっという間にたまりますよ。

ぴったりサイズに作れますのでお勧めです。

 

★散らかりがちなミニカーがぴったりと
停車できる場所を作ってみました

こちらもダンボールや牛乳パック、
そして100均のすのこなど
ぴったりサイズの駐車場を作りましょう。

引き出し収納もお勧めです。

我が家は書類を入れるような薄い
引き出し収納の中の引き出しに紙と
マスキングテープで駐車場を再現して
引き出しを出したら遊べるようにしてみました。

そこに駐車させてまた引き出しに戻せば
すぐに片づけられます。

その引き出しを立体駐車場の様に
かわいくデザインしても良いかもしれないですね。

 

★あちらこちらにあったぬいぐるみ達には
ぬいぐるみの数に合わせたピッタリサイズの
かわいいベッドを作りあちこちに配置して、

時には床に放置されていたぬいぐるみさん達には
かわいいベッドを作って居場所を確保しましょう。

うちではハンモック型のベッドを作成しました。
なぜなら、一番楽に出来そうだったから(笑)

家にあるかわいい大きめの布を用意して
両端を輪っかになるように結んで
S字フックをかけて収納したい場所にかけます。

子供が取り出しやすい高さで設置してください。
上に乗りたがるのでそれも考慮してください。

 

かわいいベッドに娘のテンションアップでした。

フックをかけるところがないとか作れない方は
かご型のベッドでもかわいいですよ。

かごの中にフカってなるように布をひいて
ベッド風にアレンジしてぬいぐるみ達を置いてください。

 

★セットのおもちゃ(積み木やブロック、ままごとセット)は
カラーボックスにぴったりサイズの透明タッパーにぽん!

家にあるカラーボックスの横の長さを測って
そこにぴったり二つ入る透明タッパーを用意する。
(100均にたくさんありますよ。)

蓋の上に積み木なら積み木の写真を貼って
ここが積み木さんのお家!!と作ってしまいます。

子供を見ていると中身が分からない収納の中には
あまり興味を示さないので透明もしくは
半透明のタッパーをチョイスしました。

横幅は子供が取り出せるややゆとりを足した
ぴったりサイズ、縦幅は子供が見て
なんの箱か確認できるようにゆとりがあったほうが良いです。

うちは蓋があった方が良かったのですが、
そうでないご家庭ではぴったりサイズの
収納かごでも大丈夫です。

要はここが積み木の場所と子供に分かればいいんです。
写真を貼るのはおすすめです。

子供のうちは視覚優位ですので
目で見て理解できる方が
片づけを身に着けることができます。

子供部屋にあるおもちゃは遊ぶ頻度に分けて収納を!捨て時もわかりやすくなる?

片付いたおもちゃのイメージ画像
子供が生まれてからずっと増え続けるおもちゃ達、

機能的でかわいくいくら片づけようとしても
量が多くて無理ですって
ご家庭多いのではないでしょうか。

うちもそうです。

そんなおもちゃ達を賢く
収納する方法調べてみました。

 

まずおもちゃ達を子供たちがよく使う
レギュラーおもちゃとたまに出してくるサブおもちゃに
分けてしまいましょう。

そしてサブおもちゃの中でも
本当に使ってないとか壊れている物や
よく似たこまごましたおもちゃは
思い切って捨ててしまいましょう。

この作業は親の独断でしてしまわないように
子供と一緒にしてください。

レギュラー1軍と2軍にわけて
さよならするおもちゃも決めましょう。

そして1軍のおもちゃはここのスペース、
2軍のおもちゃはここのスペースに入るだけと決めてください。

次に新しいおもちゃが増えて入らなくなったときは
2軍にそして3軍に行く物を決めます。

大事なおもちゃがあって大切にしているなら、
お買い物で「これが欲しい」とグズっても
大切なおもちゃが2軍に3軍に行くと分かれば
あきらめてくれます。節約にもなりますね。

 

1軍のおもちゃ達は先ほど紹介した
見える収納に収納しましょう。

2軍のおもちゃ達はその中身を
また選別してカテゴリー分けします。

車のカテゴリーやおままごとのカテゴリーなど
おもちゃの種類で分けて各カテゴリーごとに収納します。

見えない布性の箱などで大丈夫です。

でも何のカテゴリーかわかるように
書いておいたり、写真を貼っておきましょう。

子供部屋のベッドの下とか
クローゼットや押し入れの
すぐ出せる所に収納します。

カテゴリー別に分けておくことで
その箱を出して箱の中身だけで遊べます。

次にまた違う箱を出したくなったら
お片付けをしてもらいましょうね。

このルールを子供たちが理解すれば
自分たちで出来るようになります。

また2軍で置いておいたけど
全然使わなくなったなというおもちゃも
わかりやすく、捨て時が分かりやすくなりますよ。

まとめ

散らかった子供部屋のイメージ画像
今回は私を含めた子供部屋が
散らかって仕方がないという

悩めるパパ、ママ達が子供部屋を一緒に
DIYして子供が片づけてくれる、
片づけが出来るようになる方法を調べてお伝えしました。

私も実践してみて気が付きました。
いらないこまごました似たようなおもちゃ
いっぱいあるなって。

1軍、2軍、3軍と分けてすごくスッキリしましたよ。

そして1軍のおもちゃ達は家(収納箱など)を作って、
住所(片づける場所)を決めておくこと、

またその住所が子供たちが見てわかりやすいことが
片づけられる秘訣
だと分かりました。

全部お金も時間もあまりかからないことばかりです。
良かったら実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました