哺乳瓶の消毒の頻度は毎回?いつまで必要?いつから消毒しないで大丈夫?

スポンサーリンク

赤ちゃんが産まれてすぐ、
ママは病院で赤ちゃんのお世話を
教えてもらいます。

授乳の仕方とおむつ替え、
沐浴の方法、などなど。

 

すべて大切なことなので、
聞き漏らさないように、
ママたちは学んでいきます。

完全母乳育児の方もいますが、
ミルク育児も両方できる方が便利なので、
哺乳瓶の取り扱い方を最初に学びますね。

母乳の場合は乳房を清浄綿で、
清拭すればいいだけですが、

ミルクの場合は哺乳瓶を消毒する
必要があります。

 

新生児は様々な菌やウイルスに対して、
抵抗力が弱いため、

口に入れる哺乳瓶はきちんと、
消毒して使用しなければなりません。

 

赤ちゃんの健康と命にかかわるので、
きちんと消毒しましょう、と教わります。

しかし、コップ等で上手に飲み物が、
飲めるようになるまでは、
かなり長い期間があります。

その間、哺乳瓶をずっと使用します。

それでは、
いつまで哺乳瓶の消毒が必要なのでしょうか?

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒が必要な頻度は?毎回しないとダメ?

スポンサーリンク

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒が必要な頻度は、毎回です。

基本的には、毎回、赤ちゃんの哺乳瓶は、
消毒しなければなりません。

毎回です!

 

いずれ、離乳食に慣れてきたり、

いろいろなものを手でつかんで、
口に入れる時期が来ますから、

ずっと消毒を続けなければ、
ならないわけではありません。

 

それまでは、毎回きちんと哺乳瓶を消毒しましょう。

赤ちゃんの健康と安全を守るためです。
手間がかかりますがきちんと続けましょう。

 

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒を毎回しないといけない理由

それでは、なぜ、哺乳瓶を毎回、
消毒をしなければならないかというと、

哺乳瓶の洗いにくい構造と、
付着したミルクが栄養素が豊富で、
雑菌の繁殖しやすい環境になっているから
です。

きちんと消毒することで、
赤ちゃんを感染症から守りましょう。

 

哺乳瓶の消毒の方法

消毒の方法についてですが、
いくつかあるので紹介します。

比較的楽な方法もあるので、
自分に合ったやりやすい方法で、
哺乳瓶を消毒すると良いでしょう。

 

熱湯消毒

1.
専用の洗剤とスポンジで洗い、流水でよくすすぐ。

2.
よく沸騰した湯に沈め7分ほど熱湯消毒する。

3.
きちんと乾くまで清潔な手拭きの上で乾かす。

 

電子レンジで消毒

(ピジョンなど各メーカーから市販されています。)

1.
専用の洗剤とスポンジで洗い、流水でよくすすぐ。

2.
専用のケースに入れて、少量の水分を入れ、
電子レンジで加熱することにより蒸気消毒する。
電子レンジから取り出すとき高温になっているので、
やけどに注意してください。

3.
専用ケースは哺乳瓶の保管ケースにもなります。

 

専用の薬剤での消毒

(ミルトンなど。)

1.
専用のケースに規定の量の水、専用の薬剤を入れる。

2.
つくった薬剤液の中に哺乳瓶をしずめ、消毒する。

3.
その後取扱説明書にしたがって、
水洗い、または乾燥させる。

 

これら3つの方法があるのですが、
状況や好みで消毒方法を選んで下さい。

消毒したり乾かしている間、
哺乳瓶が使えなくなるので、

2~3本ほど用意して、ローテーションすれば、
スムーズに授乳することができますよ。

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒が必要な期間はいつまで?いつから消毒しないで大丈夫?

哺乳瓶のイメージ画像2
医師の見解によって多少異なるのですが、
3~7か月を過ぎると、
毎回の消毒の必要はなくなるようです。

 

ずいぶん誤差があるので迷うでしょうが、

成長に個人差が大きい時期ですので
それくらい時期が異なるのでしょう。

 

離乳食を始めたり、
身の回りの様々なものを
口に入れたりなめたりして

徐々に免疫力がついてくると、
消毒の必要がなくなります。

 

注意したいのは、
消毒をしなくていいということは、
適当に洗うということではありません。

ミルクカス等の洗い残しのないように、
きちんと清潔にしましょう。

消毒をやめる時期が不安であれば、
主医師に相談してみましょう。

専門家に背中を押してもらえれば、
安心して消毒をやめることができます。

また、育児をしていると、
周囲の人たちに無責任なアドバイスを
されることがありますが、

ママが医師や助産師さんに聞いて、
学んだことが一番正しいです。

自信をもって自分の育児をしましょう。

まとめと筆者の育児体験談

哺乳瓶のイメージ画像
出産してすぐから、
赤ちゃんとの生活が始まります。

哺乳瓶の消毒はかなり、
面倒臭く感じるかもしれませんが、
赤ちゃんの健康にはかえられません。

毎回きちんと消毒して、
ミルクを作って授乳してあげましょう。

 

ミルク育児の良いことは、
母乳育児とちがって母親以外の人も、
授乳できるところです。

ママだけでなくパパも赤ちゃんに、
ミルクをあげることができるので、
育児に参加しやすいと言えます。

 

ミルクを作って準備する人、
ミルクを赤ちゃんにあげる人、
哺乳瓶を洗って消毒する人。

役割分担ができると育児の負担が、
ママだけに集中することを防ぐことができます。

これが母乳育児ですと、
すべてママの役割になってしまいます。

 

母乳育児もミルク育児も両方つづけていたほうが、
ママの負担は減らすことができます。

筆者の経験ですが、
哺乳瓶の消毒が面倒くさくて
母乳ばかりあげていたら、

赤ちゃんがミルクを飲まなくなってしまい、
大変だった経験があります。

半日ほど家族に赤ちゃんと
ミルクを預けて出かけたのですが、

全くミルクを飲んでくれなくて泣き続け、
泣きつかれて寝てしまう、という悪夢を
母親が帰って来るまで繰り返したそうです。

 

その後、赤ちゃんを預けて、
出かけることはできなくなりました。

預かってくれた家族にも、
申し訳なかった思い出です。

皆さんはそんなことにならないように、
ミルク育児を続けてくださいね。

 

哺乳瓶の消毒は永遠には続きません。

やっているときはうんざりするほどの、
手間に感じるかもしれませんが、

確実に赤ちゃんは成長して、
少しづつ丈夫になっていきます。

離乳食を始め免疫力さえついてくれば、
哺乳瓶の消毒に追われる生活とはおさらばできますよ。

タイトルとURLをコピーしました