服などの墨汁の汚れを落とす方法!歯磨き粉を使った落とし方!

スポンサーリンク

墨汁の汚れって厄介ですよね。

子供の習字や書き初めの授業で、
服に墨汁がついてしまった場合、

洗濯で汚れを落とすのは
本当に大変です。

 

ですので、お子さんがいる家庭では、
子供に習字用の汚れてもいい服などを

準備しているところも
あるのではないでしょうか?

ですが、それでもやっぱり
服についた墨汁は
できるだけ落としたいですよね。

服に限らず、持ち物などにも
墨汁がついた場合、

何か良い落とし方はないでしょうか?

また、歯磨き粉を使った
墨汁の落とし方を
聞いたことがあるかもしれませんが、

この方法は本当なのでしょうか?

気になりますよね。

 

ここでは服などについた
墨汁の汚れを落とす方法について、
解説をしていきたいと思います。

服などについた墨汁の汚れの歯磨き粉を使った落とし方!

スポンサーリンク

まず服などについた墨汁の汚れは、
歯磨き粉で落とすことは、
本当にできるのでしょうか?

結論から言えば、
服などについた墨汁の汚れは、
歯磨き粉で落とすことが出来ます。

 

墨汁の落とし方は様々な方法があります。

その中で歯磨き粉でうまく落とせるのは、

墨汁が服などについてから、
時間が経って乾いてしまった場合です。

 

その場合の方法としては、
服などに墨汁がついた汚れの箇所に、
まず水をつけて濡らします。

その後、そこに歯磨き粉をつけて、
歯ブラシで軽くこするようにしましょう。

汚れが落ちにくい場合は、
歯ブラシを叩くようにしましょう。

落とし方としてはそれだけです。

 

市販の歯磨き粉にはたいてい、
研磨剤が含まれており、

その効果によって、
服などのついた墨汁の汚れを、
ある程度落とすことができます。

 

ちなみにですが、同様の落とし方の効果は、
粉末のクレンザーでも得ることができます。

洗濯の方法も同様です。

これらの方法は、服などに墨汁がついて、
時間が経って乾いた場合に効果がありますが、

それでも、さらに時間が経って、
完全に墨汁が乾いてしまった場合などには、
効果が出ないことがあります。

もともと、墨汁自体、
汚れを落とすのがとても厄介ですから、

あくまでも応急処置として、
この方法を覚えておきましょう。

また、歯磨き粉や粉末のクレンザーの研磨剤は、
つけすぎると衣類を傷めてしまいます。

ですので、汚れが取れないからといって、
歯磨き粉と粉末のクレンザーを、

服にたくさんつけないように、
気をつけてくださいね。

服についた墨汁を落とす!歯磨き粉以外の汚れの落とし方は?もっと良い方法はある?

習字のイメージ画像
服についた墨汁の落とし方は、
歯磨き粉以外にも上記の通り、
たくさんあります。

それでは今度は、歯磨き粉以外で
汚れを落とす方法
について紹介します。

ご飯粒を使う

こちらは昔からある、
墨汁の落とし方ですね。

服に墨汁がついて
すぐの場合に効果があります。

服などの墨汁が汚れている箇所に、
炊きたての水分が含んでいるご飯粒を、
塗り込むようにつけます。

塗り込むようにしていたら
そのうち、ご飯粒が墨汁を吸って、
黒くなります。

そうしましたら服を洗って、
石鹸などで仕上げに洗って完了です。

ご飯粒の持つデンプンによって
墨の粒子を吸い取ってくれます。

 

マジックリンを使う

洗剤で墨汁にも効果があるのが、
マジックリンです。

マジックリンを3倍ほどに薄めて、
墨汁がついてる箇所に、
染み込ませるようにしましょう。

その後、洗剤と水ともみ洗いをすれば、
墨汁を落とすことができます。

 

墨汁専用の洗剤を使う

墨汁を落とす専門の洗剤も、
多く市販されています。

こちらを利用すれば、衣類を傷つけず、
墨汁の汚れを効果的に落とすことができるはずです。

ホームセンターなどに売っていることが多いですが、
店頭に無ければネットで購入することができます。

 

このように歯磨き粉以外にも、
墨汁の汚れを落とす方法はたくさんあります。

しかし、あくまでもどれも応急処置
ということを覚えておきましょう。

これらを試しても墨汁が、
落ち切らないことも多いため、

もしダメだったら、
プロのクリーニング屋さんに
頼むのが良いでしょう。

「服などの墨汁の汚れを落とす方法!歯磨き粉を使った落とし方!」のまとめ

書道のイメージ画像
子供の習字の授業や、
書道をやっていらっしゃる方など以外は、
墨汁はなかなか使う機会がないですが、

使った際に、墨汁の汚れがついてしまったら
とても厄介です。

あまり墨汁を使う機会がなくても、
万が一の時にすぐに対応できるようにするため、

これらの墨汁の汚れを落とす方法は
ぜひ覚えておいてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました