端午の節句の意味は?鯉のぼりや兜を飾る理由は?料理にも意味がある?

スポンサーリンク

5月5日はこどもの日として
祝日とされていますが、

実はこの日は端午の節句の
お祝いをする日ということをご存じですか?

 

この日に兜や五月人形を飾り、
鯉のぼりを上げる家庭も多くありますが、

なんでこういったことをしたり、
お祝いをするのか
なかなか分かりませんよね。

そんな時に、お子さんからなんで?と
聞かれると答えられなくて
困ってしまいますよね。

 

そこで今回は端午の節句について
ご紹介をしていきたいと思います。

そもそも端午の節句ってどういう意味のもの?端午の節句に鯉のぼりや兜を飾る理由は?

スポンサーリンク

端午の節句は、
実は奈良時代から続く、
古い行事なのです。

端午とは、月の初めの
午の日という意味であり、

5月に限った日というわけでは、
ありませんでした。

 

しかし、午が「ご」と読むことと
数字の5の音が同じということもあり、

毎月の5日に端午の節句を、
行うようになっていきました。

 

端午の節句というのは、
別名「菖蒲の節句」とも呼ばれており、

災厄や病の原因とされていた
魔物を追い払うための行事だったのです。

 

そして、その魔物を追い払うのに
効果があるとされていた菖蒲を
お風呂に入れて入浴をして、

家族の健康や安全を願う目的で
行われていた行事なのです。

 

この行事で使う菖蒲の旬の時期が
5月であることもあり、

端午の節句は5月5日と
されるようになっていったのです。

 

そこから時が経ち、江戸時代になると、
この菖蒲という名前が

武を重んじる言葉である、
「尚武」と同じ音であることから、

武家社会に生まれた男の子の成長と
一族の繁栄を願う行事へと
変わっていきました。

そして現代では武家社会などの
家柄に関係なく、

男の子の健やかな成長を
祈願する行事とされています。

 

また、端午の節句に飾る
鯉のぼりや兜にも意味はあるのです。

鯉は昔から立身出世の象徴とされており、

鯉のぼりには、
男の子の健やかな成長と、
立身出世しますように、
という願いが込められて飾られます。

 

兜は戦いの時に身を護るために
身に着ける防具であることから、

病や怪我や事故から身を守る
という意味で飾られ、

さらには強そうな外見は
力強く立派に育って欲しい
というメッセージも込められているのです。

このように端午の節句には長い歴史と、
歴史の中での変化、

そして深いメッセージが
隠された特別な日なのです。

端午の節句のための料理ってあるの?あるならその料理にはどんな意味が込められているの?

ちまきのイメージ画像
端午の節句といえば
兜や鯉のぼりを
イメージされる方も多いと思いますが、

それらと同じくらい
重要なものと言えば食事です。

 

端午の節句では、
柏餅やちまきといった料理を
食べることを楽しみにしている
お子さんも多いはずです。

ここでは、柏餅やちまきに
どんな意味が込められて
いるのかご紹介します。

 

あんを挟んだしんこ餅を
柏の葉で包んだ柏餅は、

程のよい甘さと香りが
人気のお菓子ですが、

この柏の葉を使うことに
意味があるのです。

 

柏の葉は、新芽が出ないと、
古い葉が落ちないという特徴があり、

そこから子供が産まれるまで、
親は死なないとイメージが結び付けられ、

さらにそこから家系が途絶えない
という縁起に結びつけられました。

そのため、この柏餅には
子孫繁栄のメッセージが
込められているのです。

 

次に、ちまきに込められた
メッセージをご紹介します。

ちまきを端午の節句に、
結びつけられたそもそもの由来は、
中国の故事にあると言われています。

中国の国王に仕えた屈原という男性が、
川で亡くなってしまいました。

 

そのことを悲しんだ人々が、
その川に竹筒に米を入れて屈原を
弔おうとしましたが、

その米は悪い龍に
すべて取られてしまったのです。

 

そこで人々は龍が苦手にしている
煉樹という葉で餅米を包み、

邪気を払う5色の糸で縛って
川へ流したところ、
龍に取られなくなったのです。

この話により、
魔よけの意味を込めて
端午の節句ではちまきが食べられるのです。

まとめ~端午の節句の意味を分かるともっと楽しくなる~

鯉のぼりのイメージ画像
国民の祝日でもある
端午の節句では家族が揃って
お祝いができる楽しい行事です。

 

しかし、好奇心旺盛な
お子さんからすれば、
なんでお祝いをするのか気になりますよね。

なんでお祝いをするのか
聞かれた場合でも、

その意味や由来を知っていれば
問題なくお子さんに教えることができますし、
さらにはお子さんの教育にもなるのです。

 

また、ただ何となく兜や鯉のぼりを飾って、
柏餅やちまきを食べるよりも、

そこに込められたメッセージを
知ることによって、
より一層行事を楽しむことができるのです。

家族の団欒の中で、
行事の由来やメッセージといった
面白い話をするのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました