内祝いの意味は?お返しはいつまで?マナーの金額の相場と時期を解説!

スポンサーリンク

結婚や出産などでお祝いを頂いた場合、

お返しの内祝いって
いくらぐらいの金額なんでしょうか?

 

相場がイマイチよく分からないから、

お返しの品物を決めるのに、
すごく迷ってしまいますよね。

また、内祝いのマナーとして、
いつお返しを贈ると良いんでしょうか?

 

そこで今回は結婚や
出産などでお祝いを頂いた、

新米夫婦のために、
相場やお返しする時期など、

内祝いのマナーを
詳しく紹介していきます!

内祝いのマナー!お返しの金額の相場をわかりやすく解説!

スポンサーリンク

内祝いでお返しする金額はズバリ、

お祝いで頂いた金額の半分~1/3の
値段が相場
なんですよ!

つまり、3万円のお祝いを頂いたら、

15,000円か10,000円の金額の品物を
お返しするのが相場なんです。

 

でも、現金ではなく品物で
結婚や出産のお祝いを頂いた場合は、

金額が分からないから
内祝いにいくらお返しすればいいか、

すごく困ってしまいますよね。

 

そんな時は、頂いた品物をネット検索して、

金額を調べて、そしてその金額の半分か
1/3のものをお返ししましょう。

お祝いを品物で頂いて、
どうしてもその金額が分からない場合は、

だいたい3,000円~5,000円くらいの
品物をお返しすればOKですよ。

 

また、10万円など、あまりにも
高額なお祝いを頂いてしまった場合に関しては、

半分の金額のお返しをすると、
かえって相手が恐縮してしまうため、

高額なお祝いを頂いた場合は、
1/3の金額でお返しを贈るといいですね。

 

やっぱり、お返しする金額って、
きちんとしたマナーがあるんですね!

ちなみに筆者も結婚して
親類からお祝いを頂いた時は、

だいたい、1/3くらいの金額で
お返しを贈りましたよ。

 

ところで、内祝いで贈るお返しって、
どんなものにすればいいか、

すごく迷ってしまいませんか?

もし迷った時はぜひ、
ギフトカタログを選ぶようにしてください。

 

少し前まではお菓子の
詰め合わせとかタオルなど消耗品や、
日用品などが主流でしたが、

最近ではやっぱり喜ばれるのは、
ギフトカタログを贈ることなんですよね。

 

ギフトカタログなら受け取った相手が
好きなものを選ぶことができるため、

お返しとしてはここ最近
すごく人気なんですよ!

ということで、内祝いには
頂いた金額の半分~1/3の値段で、

品物に迷った時は
ギフトカタログを贈るように
していきましょう!

筆者も結婚の内祝いには
ギフトカタログを贈るようにしたので、

個人的にもギフトカタログは
かなりおすすめです。

内祝いのマナー!お返しの時期はいつがいいの?いつまでにした方がいいとかある?

夫婦のイメージ画像
内祝いのマナーとして、
お返しを贈る時期は、

お祝いを頂いた
1ヶ月以内がベストです。

 

もし、結婚祝いを、
挙式の際に頂いたのでしたら、

結婚式から1ヶ月以内には、
お返しを贈るようにするといいですね。

 

出産祝いの場合は赤ちゃんが産まれて、
出産祝いを頂いてから、

約1ヶ月以内には、
贈るようにしておきましょう。

 

ただ、結婚祝いはともかく、
出産祝いを出産後に用意するのって、

子育てもあるから何かと
時間がなくて大変ですよね…。

そのため、出産祝いを頂く前に、
内祝いで贈る品物や、

贈り先の確認などは、
ある程度しておいた方が安心です。

 

だいたい、親族からお祝いを頂くので、
身内の住所などは赤ちゃんが産まれる前に、

再度確認したり、だいたい
どんな品物をお返しに贈るか、

決めておくようにすると
すごくスムーズにお返しが出来ますよ!

 

でも、そんな時でもやっぱり、
お返しにはギフトカタログだと、

品物を考えなくてもいいので
おすすめなんです。

 

百貨店や大型スーパーの
ギフト商品売り場に行けば、

ギフトカタログが
値段別に販売されていますので、

お祝いを頂いたら、
その金額別にギフトカタログを
選びましょう。

 

ちなみに、万が一お祝いを
頂いてから、1ヶ月過ぎてしまい、

お返しを贈るのが遅れてしまった時は、

お返しに添えるお礼状に
お詫びの言葉を
付け加えるようにしてくださいね。

 

お礼状の詳しい書き方については、

下記のサイトを
参考にしてみるといいですよ。
https://uchiiwai.zexy.net/shop/u_baby/article022.aspx

 

「内祝いの意味は?お返しはいつまで?マナーの金額の相場と時期を解説!」にまとめ

疑問に思う夫婦のイメージ画像
内祝いで贈るお返しのマナーとしては、
頂いたお祝いの半額か1/3が相場の金額です。

でも、あまりにも高額なお祝いを頂いた場合は、
1/3の金額でお返しを贈るようにしましょう。

内祝いの贈る時期は
お祝いを頂いてから約1ヶ月以内。

 

もし遅れてしまうようでしたら、
お返しに添えるお礼状に、

お詫びの言葉を
付け加えるようにするといいですよ!

また、お返しの品物に迷った時はぜひ、
ギフトカタログを贈るようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました