電車に犬を連れて乗る時のマナーは?バッグにきまりはあるの?

スポンサーリンク

仕事や家事の疲れを
癒してくれる
大切な家族である愛犬。

 

そんな愛犬と遠出をして、
大きな公園やドッグランなどに、
一緒に行きたいと、
思う人は多いはずです。

遠出をする場合には
車で良ければいいのですが、

車のアクセスが悪い場所であったり、
そもそも運転ができないとなると、
移動手段は電車になりますよね。

 

しかし、大事な家族である愛犬と
電車で移動するとなると、
周りの目が気になりますよね。

 

そこで、今回は愛犬と一緒に、
電車に乗る場合のマナーや、
ルール
についてご紹介していきます。

電車に犬の持ち込みはOK?マナーも教えて!

スポンサーリンク

多くの人が利用する電車ですが、
そもそも愛犬を電車に、
乗せることができるのか不安ですよね。

でも安心してください。

ルールや周りの方への配慮を
忘れなければ、愛犬を電車に
乗せることは可能なのです。

愛犬を電車に乗せる場合の
ルールですが、
大きく分けて3つあります。

 

手回り品切符を購入する

まず1つ目として、
乗車前に改札口で手回り品切符を、
購入しなければいけません。

手回り品切符という言葉は、
あまり聞き慣れないと思いますが、

ざっくり説明すると、
荷物等を持ち込む際に、
必要な切符のことです。

日本の法律では動物は、
物として扱われているため、

愛犬を飼う人たちには
違和感はありますが、

手回り品切符が、
必要になってくるのです。

手回り切符の金額は鉄道会社によって様々で、
乗車前に改札口で、
駅員に見せる必要があります。

 

ただし、この手回り品切符に関しては、
鉄道会社によって、
無料である場合があるので、

事前に利用する鉄道を、
確認するといいかもしれません。

 

キャリーバッグなどのケースに入れる

2つ目のルールは、
キャリーバッグなどの
ケースに入れることです。

犬と暮らす人にとっては可愛いのですが、
中には動物が苦手、
という方も当然いらっしゃいます。

 

そのため、キャリーバッグなどの
ケースに愛犬を入れ、
身体などを外に出さないようにしましょう。

さらに、ケースと愛犬の体重が、
合計10キロを超えてしまうと、

電車に乗せることができないため、
大型犬の乗車は厳しいといえます。

 

愛犬のトイレや鳴き声に注意をすること

そして3つ目としては、
愛犬のトイレや鳴き声に、
注意をすることです。

臭いや鳴き声は時として、
周囲の利用者に、
迷惑をかけることになります。

 

そのため、事前に
愛犬のトイレを済ませたり、
オムツを履かせる配慮が必要です。

また、乗車中に鳴き始めたら
一度駅に降りて鳴き止むまで待つなどの
注意も必要になってきます。

これらのマナーをしっかりと守れば
快適に愛犬と電車で
旅をすることができます。

犬を電車に持ち込む時のバッグのポイントは?

電車のイメージ画像
先ほどは電車に愛犬と一緒に
乗るためのマナーやルールを
ご紹介しましたが、

その中で愛犬をバッグなどに、
入れる必要があるとご紹介しました。

バッグの大きさには制限がある

この時、犬を入れるバッグの、
大きさには制限があります。

ここでは愛犬を入れるための
バッグの大きさの決まり
に、
ついてご紹介します。

まず、JRでは長さ70センチ以内で、

縦・横・高さの合計が
90センチメートル程度のケースに
入れたものと決められています。

 

また、東京メトロでは
長さ70センチ以内で、

縦・横・高さの合計が
90センチメートル程度のものと
定められています。

 

そのため、あまり大きすぎるバッグでは
乗車を認めてもらえないため、

ペットショップなどで
条件に合うバッグを
探す必要があります。

 

逆に、この条件さえ満たせれば、
ハードケースやバギータイプ、
鞄型といった様々な種類が選べるため、

愛犬や自身に合ったバッグを
見つけるのも楽しいかもしれませんね。

まとめ~愛犬と快適な電車の旅をするために~

キャリーケースに入った犬のイメージ画像
愛犬と電車にのるには
守るべきルールが
意外と多くありますよね。

 

しかし、愛犬と一緒に
電車に乗る方全員がこのルールを守り、

周りへの配慮を考えていかなければ、
今後さらにルールが
厳しくなっていく恐れがあります。

 

調べなければわからない
ルールは多くありますが、

大切な家族である愛犬のことを
大切に思うのであれば、

 

まずは周囲への配慮も
忘れない行動をしていきましょう。

愛犬家一人ひとりの行動が、
良くも悪くも今後の電車に

愛犬を連れ込むルールに
影響を与えていくため、

気を付けて行動を
していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました