ワイシャツのアイロンがけが苦手!上手にできる簡単なかけ方を教えて!

スポンサーリンク

家事をされる方や
1人暮らしの方の中で、

節約のためにワイシャツは自宅で
手入れをされている方は多いと思います。

 

ワイシャツがシワだらけだと
格好もつかないので、

奇麗にアイロンがけを
したいと思っていても、

上手にアイロンをかけるのは
意外と難しいですよね。

アイロンをかけても
シワがとれなかったり、

変な折り目が付いたりと
苦労をされている方も多いと思います。

 

そこで今回はワイシャツの
アイロンがけのコツ
について
ご紹介をしていきたいと思います。

これなら慣れない人でも上手にできる!?ワイシャツのアイロンの簡単なかけ方!

スポンサーリンク

ワイシャツのアイロンがけで
最初にするべきことは、
霧吹きでワイシャツ全体を湿らせることです。

ワイシャツを湿らせる
ことによってシワを伸ばし、
アイロンをしやすくなるのです。

 

次に、アイロンがけをする時に
注意するべきポイントとしては、

左手を使って縫い目を
引っ張りながらすること、

アイロンは直線に動かすこと、
生地が厚い部分は
裏表両方からかけることです。

 

左手を使って縫い目を
引っ張りながらすることによって

シワが奇麗に伸び、
奇麗な仕上がりになります。

 

アイロンは直線に動かすことによって
ワイシャツに変な折り目や
シワを作ることを防ぎます。

ジグザクに動かすと
シワができやすくなるため
注意が必要です。

 

そして、生地が厚い部分を
裏表両方からアイロンがけを
することによって

シワを奇麗にして、
ピシッとした
仕上がりになるのです。

これらのポイントを
押さえておくだけでも

アイロンがけの
仕上がりが変わります。

 

アイロンがけをする順番にもコツがあり、
襟、肩、カフス、袖、
身ごろの順でやると奇麗に仕上がります。

襟とカフスは
寄りシワがつきやすいため、
えり先から中心へ向かってかけます。

 

さらに、アイロンを持ち替えて
反対側からもかけると
寄りシワの発生が防げます。

カフスはボタンがあるため、
引っかからないように注意が必要です。

肩はそのままでは
アイロンがけがしにくいため、

アイロン台の端にワイシャツをかけて
肩部分を平らにさせると
やりやすくなります。

袖部分をアイロンがけする場合、
そで下の縫い目で折り、

縫い目を押さえてシワを伸ばし、
袖口から肩に向かって
直線でかけると奇麗に仕上がります。

そして身ごろは、右前、後ろ、
左前の順にアイロンがけをすることによって、

シワをしっかりと伸ばして
まっすぐにアイロンがけができます。

また、ボタン周りはあらかじめ
アイロンをかけておくと、

引っかかったりして
シワになることを防ぎます。

ワイシャツのアイロンの簡単なかけ方のためにはアイロン台選びも大事?アイロン台選びのポイント!

ワイシャツのアイロンがけのイメージ画像
先ほどはアイロンがけの
やり方についてご紹介をしましたが、

このアイロンがけには
アイロン台の存在は欠かせません。

 

そこで、次はアイロン台の
選び方について
ご紹介をしていきます。

アイロン台にはノーマルタイプと
スタンドタイプの2種類があります。

 

ノーマルタイプは床に
おいてアイロンがけをしたり、

テーブルに置いたりと
様々な使い方ができ、
さらには収納も便利です。

 

さらに座ったままアイロンがけを
することができるため、

お手軽にアイロンを
かけたい方にはオススメです。

 

ただし、座ったままアイロンがけを
する場合は疲労が溜まりやすいため、

大量の衣服をアイロンがけ
したい方には不向きでもあります。

 

スタンドタイプでは
立ったままアイロンがけをするので、

長時間の使用でも
疲労が溜まりにくい
というメリットがあります。

 

さらに、脚の高さを
調整できるモデルもあるため、

自身の身長や使いやすい高さに
調整をすることができます。

 

ただし、収納に場所がとるため、
収納スペースを確保できる方でないと
収納がしにくいため注意が必要です。

 

このようにアイロン台にも種類があるため、
自身が使うイメージをして、

使いやすい方を選ぶことを
オススメします。

 

また、アイロン台の大きさや重さ、
形も重要になってくるため、

いくつかの商品を見比べると
より使いやすいアイロン台に
出会えるかもしれません。

まとめ~奇麗なアイロンがけには準備が大切!~

ワイシャツのイメージ画像
今回はアイロンがけについて
ご紹介をさせて頂きました。

アイロンがけはただ
やればいいというわけではなく、

しっかりとした手順と
準備をしなければ、

上手に仕上がらないという
難しいものです。

 

そのため、事前に霧吹きで湿らせたり、
アイロンがけの順番を
押さえておくなど準備が必要です。

また、アイロン台やアイロン本体も
使いやすいものを選ばないと、

作業効率も落ちてしまいます。

シワがあると目立つ
ワイシャツを奇麗に仕上げるためにも、

まずは自分にあった道具を揃え、
地道に練習をしていくことが
一番近道なのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました