年金手帳の再発行のスムーズさは必要書類の準備で決まる?

スポンサーリンク

20歳になったタイミングで
手元に届く年金手帳。

日頃から持ち歩くわけでも、
何に使うわけもないため、

どこにしまったのか
分からなくなることも多いですよね。

 

ですが、実はこの年金手帳は
将来の自分に欠かせない
重要な手帳なのです。

例えば、就職や転職をする場合には、
厚生年金や共済組合に加入するために必要なため、
会社に提出しなければいけません。

さらに、60歳を超えたときの年金受給や、

病気やケガで仕事が出来なくなって
しまった場合の障害年金の受給など、
用途は様々あります。

このように、人生での重要なポイントで
必要になってくる年金手帳ですが、

どこにしまったか分からなくなり、
失くなってしまったという方も多いのです。

 

今回、そんな年金手帳を再発行するときに
必要な書類、発行場所など
について
ご紹介していきたいと思います。

即日OK?年金手帳の再発行の手続きを行う場所はココ!

スポンサーリンク

明日には年金手帳が、
必要なのにどこにもない!

そんな困ったことになった場合、
すぐにでも再発行をしたいですよね。

 

でも、大切な年金手帳は、
発行まで時間がかかってしまうのでは、

と思われる方も多い
のではないかと思うのですが、

実は年金手帳は即日再発行が、
できる場合があるのです。

 

まず、再発行できる場所は、
全国に300ヶ所以上ある、
年金事務所で対応してもらえます。

 

ただし、事務所によっては、
後日郵送という対応になってしまうため、

事前に電話で確認を
したほうがいいかもしれません。

 

年金事務所は基本的に、
平日の午前8時30分から午後5時15分までが
受付時間ではあるため、

その時間内に電話や
訪問をする必要があります。

 

また、即日で再発行してもらうには
必要な書類を持っていく必要があります。

必要な書類は年金手帳再交付申請書と
運転免許証などの顔写真付きの身分証明書、
そしてマイナンバーカードです。

年金手帳交付申請書は当日
年金事務所でもらうことはできますが、

日本年金機構のホームページから
ダウンロードをすることもできます。

 

また、年金手帳交付申請書には基礎年金番号か、
マイナンバーの記入が必要になるため、

基礎年金番号が分かる書類などか、
マイナンバーカード
(または、マイナンバー通知カード)も
忘れないようにしましょう。

年金手帳の再発行に手数料はいるの?金額は?

年金手帳のイメージ画像2
先ほどは、年金手帳の
即日再発行ができる場所と
必要書類についてご紹介しました。

しかし、ここで気になるのは、
大切な年金手帳を再発行するためには
お金がかかってしまうのでは?という心配です。

しっかりした手帳であるため、
その金額は高そうに思えますが、
安心してください。

なんと年金手帳の再発行には
手数料などの費用は発生しないのです。

 

意外かもしれませんが、
人生の重要な場面で必要になる
年金手帳の再発行はお金がかからず、

さらには事前の確認や
必要書類の準備よっては
即日で発行ができてしまうのです。

 

ただし、年金事務所まで行くための
交通費は必要になるので、

費用は掛からないからと言って
サイフは忘れずに持っていきましょう。

年金手帳の再発行のまとめ

年金手帳のイメージ画像
今回は年金手帳の再発行に
必要な書類、その場所、
費用についてご紹介しました。

日頃から使わないものだと
どうしても無くなりがちですが、

やはり重要なタイミングで
必要になってくるものであるため、

管理はしっかりするに
越したことはないですよね。

 

今回は即日で再発行できる
方法についてご紹介をしましたが、

2週間かけて自宅まで
郵送してもらえる方法など
様々な再発行の方法があります。

 

そのため、自分に必要なタイミングに
間に合う楽な方法を
探すのもいいかもしれません。

今回ご紹介した内容が、
万が一の時に役立つことを祈っています。

ただし、一番は年金手帳を
なくさないことであるため、

手帳の管理はしっかりするように
心がけるようにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました