一周忌の法事のマナー~一周忌の法事の服装や靴は?香典の相場は?~

スポンサーリンク

一周忌の法事では、
どんな服装をすると良いのでしょうか?

 

やっぱり喪服で行くべきなのか、
喪服ではなくても、
地味めな服で行けばいいのか、

イマイチ服装がよく分かりませんよね

また、靴もどんなものを履けば
マナー違反にならないんでしょう?

 

そこで今回は、
一周忌の法事での服装や
靴のマナーや香典
に関してなどをご紹介。

ぜひ法事を迎える前に
読んでおいて頂ければと思います。

法事の一周忌のマナー~どんな服装や靴で行けばいい?~

スポンサーリンク

一周忌の法事では、
故人の近親者は、
基本的に喪服を着るのがマナー
です。

 

また、近親者でない場合であっても、

案内状に『平服でお越しください』
という文言がなければ、

やっぱり喪服で出席した方が無難でしょう。

 

つまり一周忌では基本的に
喪服を着た方が安心
なんですね。

やっぱり一周忌ってフォーマルな場なので、
カジュアルな服装であってはいけません。

 

ちなみに、もし一周忌の案内状に、
『平服でお越しください』と書いてあっても、

この場合の平服とは
普段着ではないので注意してくださいね。

 

一周忌で着る平服とは、
男性ならブラックや紺色など、
ダークカラーのスーツと黒いネクタイ、

女性なら同じように
ダークカラーのワンピースや、
スカートスーツという服装になるんですよね。

平服であっても、ネクタイは
やっぱり黒い方が適しているんですよ。

 

ちなみに靴は喪服の場合も、
平服の場合であっても、

男性は黒の革靴、
女性はヒールが低めの
黒いパンプスがベスト!

なるべく、光沢が控えめで
シンプルなデザインの靴を選びましょう。

どうしても平服って書いてあると、

普段着とかカジュアルな服装を
イメージさせてしまうんですよね…。

でも、冠婚葬祭での平服とは、
礼装より1段階下の
服装という意味になるので、

くれぐれもカジュアルな
格好にならないように、

服装も靴も選び方には
十分注意をするようにしましょう。

特に、靴はビジネス用のものではなく、
きちんとした弔事用の黒い靴が理想ですよ!

男性の場合は出来れば、
紐付きの黒い革靴を
選んでおくのが良いでしょう。

法事の一周忌のマナー~香典の相場は?その他に気を付けたいマナーはある?~

イメージ画像2
法事の一周忌に初めて出席する場合、

マナーやお香典の相場など
分からないことが多いですよね。

 

ということで続いては、
一周忌の法事の際に覚えておきたい、

基本的なマナーについて
まとめたので紹介します。

お香典の相場は立場によって変わってくる

一周忌のお香典の金額は、
自分の立場によって変わってきます。

たとえば、自分が故人の子供や
義理の息子、娘なのでしたら、

お香典は3万~10万円を
包むようにしましょう。

 

故人が伯父伯母、もしくは
祖父母などの親族でしたら、

お香典の相場は1万円~3万円になります。

 

そして故人が親類などではない知人や友人、

恩師、上司の場合は、
1万円がお香典の相場になってきますね。

 

つまり一周忌を迎える
故人との関係性によって、
お香典の相場が異なってくる
ので、
覚えておきましょう。

 

ちなみにお香典袋の書き方については、

下記のサイトを
参考にしておくといいですよ!
https://syukatsulabo.jp/obosan/article/7325

 

出欠の連絡は早めにする

一周忌の法事の案内状が届いたら、
出欠の連絡は早めにするようにしましょう。

万が一欠席をする場合でも、
期日ギリギリに返信ハガキなどを
送るのではなく、

予定が決まり次第
すぐに返信ハガキや
往復はがきを出しましょう。

 

でも、一周忌を迎える
故人が近親者なのでしたら、

なるべくは予定を調整して
きちんと出席した方がいいですね。

やむを得ず欠席することになった場合は、
後日改めてお線香をあげに、

故人のご遺族が住む家を訪問するのが
ベストといえるでしょう。

 

基本的には以上が
法事での気を付けたい点なので、
しっかり頭に入れておくといいですよ。

一周忌の法事といっても、
お葬式ほどお悔やみの場ではありませんが、

やっぱり故人を偲ぶ場なので、
それを忘れないことも大切です。

ぜひ法事の際は服装や靴、
お香典などのマナーを押さえておき、
故人様の供養をしていきましょう。

「一周忌の法事のマナー~一周忌の法事の服装や靴は?香典の相場は?~」のまとめ

イメージ画像
一周忌の法事では基本的には喪服か、

平服で出席する場合でも、
ダークカラーのスーツと、

黒いネクタイ、黒い革靴
という服装が無難です。

 

また、当日持参するお香典の金額に関しては、
故人との間柄によって
変わるので気を付けましょう。

 

そして、法事の案内状の
出欠届は早めに出すこと。

あとはやっぱり故人の命日でもあるので、

故人を偲び、供養の気持ちを
忘れないようにすることが大事ですね。

タイトルとURLをコピーしました