お通夜に参列するマナー~服装や靴や数珠のマナーを知っておこう~

スポンサーリンク

お通夜に参列することになったら、
服装や靴、数珠などのマナーは
どうしたらいいんでしょうか?

 

やっぱりお悔やみの席だから、
絶対に失礼があってはいけませんよね。

でもお通夜に参列するならやっぱり服装は喪服?

靴や数珠などもどんなものがいいか迷いますよね。

 

そこで今回はお通夜に参列する際に知っておきたい、
服装や靴、数珠のマナー
を詳しく解説していきます。

お通夜のマナー~服装はどうする?NGな靴はある?~

スポンサーリンク

では早速、お通夜での服装マナーを
詳しくご説明します。

基本的には喪服を着用する

まずお通夜では喪服を
着用していれば問題ないでしょう。

喪服はお通夜などお悔やみの席で
最も相応しい服装になるので、
必ず社会人になったら持っておくといいですよ。

 

喪服がない時は黒無地のビジネススーツを着用する

ただし、まだ喪服用のスーツを
持っていないのでしたら、

無地でブラックの
ビジネススーツでもOKです。
(もちろん、喪服の方が望ましいのは、
 言うまでもありませんが。)

柄入りのスーツは
お悔やみの場に相応しくないので、

必ず無地のビジネススーツにしてくださいね。

 

ネクタイは黒いものを締める

ネクタイは必ず黒無地のものを
身に着けてくださいね。

お通夜などお悔やみの席では、
黒無地のネクタイを締める、

というのがマナーなので
忘れないようにしましょう。

ちなみにネクタイも光沢のないものを
選ぶのがベストですよ。

 

ワイシャツも白無地のものを着用すべき

ブラックスーツの中に着るワイシャツも、
無地のものにするようにしましょう。

柄が入っているとカジュアルだったり
ビジネス用になってしまうので、

お悔やみの場に
相応しくなくなってしまうんですよね。

そのため、ワイシャツも無地のものを
必ず持っておいてくださいね。

 

靴は黒の革靴

お通夜に履いていく靴はシンプルなデザインで、
装飾がついていない黒の革靴にしてください。

いつもビジネスで履いている靴が
そのタイプの靴なのでしたら、

同じ靴を履いていってもいいですが、
きちんと磨いておいて、
汚れなどがないようにしましょう。

 

コートを着る場合は黒か地味な色のもの

もし、季節が冬でコートを着用するのでしたら、
黒かダークカラーのコートを着用してください。

コートも本来は完全に黒がおすすめなんですが、
やっぱり持っていない場合もありますよね。

そんな時は紺色やグレーなど、
なるべく地味な色のコートで参列するといいでしょう。

お通夜のマナー~数珠に関するマナーを知っておこう~

お通夜のマナーに悩む人のイメージ画像2
お通夜では、数珠を持っていくのもマナーです。

数珠は男性用と女性用の2種類があるので、

男性は必ず男性用のものを、
女性は必ず女性用のものを、
持つようにしてくださいね。

数珠はお通夜ではずっと
手に持つようにしましょう。

 

なるべく、左手首に数珠を
かけておくようにするといいですよ。

そしてお焼香の際は左手に数珠を持ち、
右手でお焼香を行い、数珠を手に掛けた状態で、
手を合わせるようにしましょう。

数珠ってお通夜でもお葬式でも必要なものだし、

基本的に貸し借りするのはNGなので、
自分用の数珠を購入してくといいですよ。

 

ちなみに、男性用の数珠は
女性用よりも玉が大きめで、

青や紺などダークカラーの
ものが多いんですよね。

 

今後、いつお通夜やお葬式など
お悔やみの場に参列するかわからないので、

先ほども説明したように、
喪服のスーツやネクタイはもちろん、
数珠も買い揃えておくと何かと安心ですよ。

 

ちなみに、お通夜ではお香典を入れるのに
袱紗(ふくさ)も必要です。

袱紗とはお香典を包んでく布のことで、

受付でお香典をお渡しする際に、
袱紗の上にお香典をのせ、
お渡しする場合もあるので、

出来れば数珠と一緒に、
袱紗も持っておくようにしましょう。

そうすればお悔やみの場に
参列することになった場合も安心です。

「お通夜に参列するマナー~服装や靴や数珠のマナーを知っておこう~」のまとめ

お通夜のマナーに悩む人のイメージ画像
お通夜の服装は喪服か黒無地のスーツとネクタイ、
そしてシンプルな黒い革靴と白無地のワイシャツです。

数珠は必ず持って行き、
お通夜の最中は左手首にかけ、

お焼香の際には手に数珠をかけて
手を合わせると良いでしょう。

お通夜などお悔やみの席では、
数珠や袱紗なども必要になってくるので、

万が一のことを考えて、
ぜひ弔事用の服や道具を揃えておくといいですね。

タイトルとURLをコピーしました