初節句の内祝いを渡したい!祖父母に渡す金額は?いつ渡すもの?

スポンサーリンク

我が子の初節句のお祝いを祖父母、
つまり両親や義両親から頂いた場合、

そのお返しである内祝い
いくらぐらいの金額なんでしょうか?

また、内祝いをいつ渡せばいいのか
よく分からないですよね。

 

一応祖父母からは、内祝いは
しなくていいと言われているけれど、
やっぱりお礼も兼ねて内祝いをしておきたい!

そこで今回は内祝いの金額の相場と、
いつ渡せばいいのか、
ベストなタイミングを紹介します。

初節句の内祝いを祖父母に渡す!金額の目安を解説!

スポンサーリンク

初節句にお祝いを頂いたら、内祝いといって、
そのお返しをするのが一般的ですね。

でも基本的には内祝いというのは
現金をお返しするのではなく、
品物をお返しするのが普通なんですよ。

確かに、現金でお祝いを渡したのに、
そのお返しで現金を渡されても、
困ってしまうし変な空気になるだけですからね。

 

ということで、くれぐれも内祝いは
現金ではなく品物などでお返ししましょう。

基本的に、内祝いでお返しする品物の金額は、
頂いた金額の半分~1/3程度なんです。

つまり初節句のお祝いが3万円だった場合は、
内祝いの金額は1万5千円か
1万円になるということですね。

 

でも、初節句で頂いたものが
現金とは限りませんよね。

そんな時は、初節句のお祝いで
頂いたものをネット検索すれば、
すぐに金額が調べられるので、

その金額の半分か1/3の内祝いを
用意するようにしましょう。

 

でも内祝いではどんな品物をお返ししようか、
迷ってしまう場合も多いでしょう。

だいたい内祝いで人気なのがお菓子の詰め合わせか、
もしくはギフトカタログですね。

筆者も内祝いではありませんがご祝儀の引き出物で、
やっぱりギフトカタログをもらったことがありますよ!

ギフトカタログって自分で欲しいものが選べるので、
かなり人気のお返しなんですよね。

ということで、内祝いに迷ったら
ギフトカタログを選びましょう。

 

ところで、祖父母から初節句のお祝いをもらうと、
お返しはいいからね、と
遠慮されてしまうことがありますよね。

果たしてその言葉に甘えてしまっても良いのか、

それともやっぱり礼儀として、
内祝いを送るべきか、
やっぱり悩んでしまうことが多いでしょう。

ただ、祖父母の場合は本当に
内祝いを遠慮している場合もあるので、
お言葉に甘えてしまっても良いと思われます。

でも本当に一人で、祖父母へは
内祝いはなしで良いのか、
ということを決めずに、
夫婦でよく話し合いましょう。

 

そして、内祝いをしないのでしたらその代わりに、
自宅へ食事に招待するなどして、品物ではなく、
思い出でお返しをするという方法もありますよ。

その際にみんなで家族写真を撮って、
フォトフレームに入れて
後日贈ればより喜んでもらえるかも!

ということで、内祝いを遠慮されてしまったら、
まずは夫婦でよく相談し合うのがベストですね。

初節句の内祝いを祖父母に渡したい!いつ渡したらいいの?

内祝いのイメージ画像
初節句の内祝いを渡すのはその月中がマナーです。

つまり女の子の初節句なら3月中に、
男の子の初節句なら
5月中に内祝いを渡すようにしましょう。

月をまたいでしまうと
マナー違反になってしまうので、
内祝いはなるべく早めに
贈った方が良いんですね。

だからこそ、内祝いの品物選びが何気に大変…。

そんな時でもやっぱり、
内祝いでお返しするものに迷ったら、
ギフトカタログにしておくのが無難ですよ!

ちなみに、初節句のある月を過ぎてから、
つまり遅れてから初節句のお祝いを渡されたら、
内祝いはなるべく早めに贈るようにしましょう。

そうすれば問題はありませんよ。

 

赤ちゃんが生まれると、出産祝いだけでなく、
お宮参りだの初節句だの色々と行事があって、
ママパパはとにかく大変ですよね…。

でも、くれぐれも無理をせずにして、
初節句の内祝いを贈るのを
どうのか乗り切りましょう!

まとめ

祖父母のイメージ画像
初節句のお祝いを頂いたら、
お返しである内祝いは、
その半分~1/3の金額の品物を贈るのが一般的です。

でも何を贈ろうか迷った時は
ギフトカタログがおすすめですよ!

そして祖父母が内祝いを遠慮したら、
食事に招待するなどして、
内祝いの代わりとなることをしてあげると良いでしょう。

 

ちなみに、内祝いはその月のうちに贈るのがマナーなので、
なるべく遅くならないように注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました