お通夜の男性の服装や靴は?髪型は?カバンや持ち物のマナーは?

スポンサーリンク

お通夜に出席することになったら、

男性はどんな服装や靴を
選ぶべきなんでしょうか?

 

髪型もどうすればいいか
よく分からないし、

カバンや持ち物なども
知っておきたいですよね。

 

今回はそんな、初めてお通夜に
出席する男性のために、

最適な服装や靴、髪形やカバンなどの
持ち物を詳しく解説します。

お通夜に行くことになったら、
ぜひ読んで頂ければと思います。

お通夜の男性の服装や靴のマナーは?髪型はどうする?

スポンサーリンク

では早速、お通夜で男性が着るべき
服装や髪形のマナーを紹介
します。

基本的には喪服で出席する

お通夜に出席するのでしたら、
服装は、喪服のスーツですね。

ビジネス用のものではなく、
ブラックフォーマルといわれる、

黒いスーツと黒いネクタイを
着用しておくようにしましょう。

 

お葬式ではなくお通夜だと、

喪服で行こうか迷って
しまう場合も多いんですが、

喪服で出席しておけば、
まずマナー違反にはなりませんよ。

 

そのため、必ず喪服を着用して、

きちんと黒いネクタイも
締めておくようにしてくださいね。

黒いからといって、
ビジネス用のスーツを着るのは、
やっぱり基本的には
NGになってしまいます。

ちゃんと喪服として
売られているスーツを
着用しましょう。

 

靴は紐付きの黒い革靴

靴もフォーマル用の
黒い革靴がベストです。

出来ればローファーっぽい
タイプのものではなく、

紐で結ぶタイプの
黒い革靴を選んでくださいね。

スエードなどの靴は
お通夜に相応しくないのでご注意を。

 

ベルトはシンプルで黒無地のものにする

男性の場合、スーツのベルトも、
黒でシンプルなデザインのものにしましょう。

バックルが目立つものなどはNGですよ。

 

靴下は黒無地を選んでおく

靴下も黒で
無地のものが無難です。

 

ワイシャツは白無地で

ワイシャツも白で無地のものを
着るようにしてください。

柄が薄く入っているワイシャツも
NGとなるので気を付けましょう。

 

髪形は清潔感が出るようにセットする

髪形は清潔感があるように
セットしておくこと。

出来れば、お辞儀をした時に、
前髪が顔にかからないように、

後ろに流すよう
ヘアセットしておくと安心です。

筆者の夫も前髪が少し長めなので、

お通夜などお悔やみの席では基本的に、
前髪を後ろに流すようにしていますよ。

 

また、髪色が普段から派手な場合は、

出来ればお通夜に出席する時は、
落ち着いた色にしておくようにしましょう。

やっぱりお悔やみの席ですので、

派手な髪色や目立つ髪形などは
避けるべきなんですよね。

お通夜に出席する男性のカバンや持ち物のマナーは?

疑問に思う男の人のイメージ画像2
続いて、お通夜に出席する際の
男性のカバンや必要な持ち物について紹介します。

カバンは手で持つタイプのものにする

男性の場合、基本的に
お通夜でのカバンは、

セカンドバッグなど
手で持つタイプにしましょう。

黒でなるべく光沢のない
革製のものがおすすめですよ。

もしくは持ち手の付いた
ビジネスバッグでもOKです。

 

男性の場合、持ち物が少ないのでしたら、
いっその事、かばん無しというのも、
良いでしょう。

 

お香典と袱紗(ふくさ)と数珠は絶対に必要

お通夜に出席する際は、
お香典とそれを入れておく袱紗、

そして数珠は絶対に必要なので
用意しておきましょう。

 

特に、お香典と数珠を、
持って行かないというのは、

マナー違反以前に
常識を疑われてしまうので、
くれぐれも注意してくださいね。

 

地味な色のハンカチも持っておく

男性であっても
やっぱりハンカチは必要です。

真っ白のハンカチか、
出来れば黒や紺で無地のものがいいですよ。

 

以上がお通夜で、
必要な持ち物ですが、

もちろん財布などの
貴重品も持って行きますよ。

 

ただし、携帯電話は音が鳴らないように
マナーモードにしておきましょう。

やっぱりお通夜に出席する際には、
適した服装や持ち物があるんですよね。

でもお通夜に出席することなど
弔事に参加することって、

本当にいつあるか分からないので、

社会人として喪服の他に、
ベルトや靴下、袱紗、数珠など、

それ用の小物をきちんと
揃えておくのが安心です。

ご不幸は前触れもなく
突然起こり得ること。

でも起こってから喪服や靴や靴下、
数珠を買い揃える、
なんて時間は滅多にないので、

社会人になったら、
喪服などもきちんと
持っておくようにしましょう。

「お通夜の男性の服装や靴は?髪型は?カバンや持ち物のマナーは?」のまとめ

疑問に思う男の人のイメージ画像
お通夜で男性の服装は
喪服のスーツと黒いネクタイ、
黒い靴下と黒い革靴という格好です。

持ち物は貴重品の他に、
お香典と袱紗、数珠が必要になり、

カバンは手に持つタイプの
バッグにしましょう。

 

これらの服装マナーを踏まえておき、
必要なものを揃えておけば、

いつお通夜やお葬式があっても、
慌てることなく出席できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました