いつまで続く?上の子の赤ちゃん返りで起こる夜泣きの対処法を紹介!

スポンサーリンク

下の子が生まれて、
上の子がお兄ちゃん、お姉ちゃんになって
家族が増えるって素敵だなと思いますよね。

 

そんな時に上の子に
赤ちゃん返りが起こることがあります。

必ずしもすべての子に
赤ちゃん返りが起こるわけではなく、

その症状は十人十色で様々です。

 

オムツをはきたいと言い出したり、
卒乳したのに、
おっぱいやミルクを欲しがったり、

パパやママにべったり甘えはじめたり、
急に夜泣きが始まったり。

 

そんなわが子の様子に、
パパママはショックを受けてしまいます。

そんな時どうしたらいいのでしょうか。

乳児の頃の夜泣きとは違う!?赤ちゃん返りでみられる症状とは!?

スポンサーリンク

それまで夜泣きは
治まったと思っていたのに、

下の子が生まれて
上の子が急に夜泣きを始める
ということがあります。

 

ショックですし、睡眠不足は
精神的肉体的につらいですね。

子どもの赤ちゃん返りの夜泣きでは、
赤ちゃんの頃の夜泣きとは
違った泣き方をします。

 

オムツが濡れて気持ち悪いや、
お腹が減った、というようなものではなく、
延々と泣き続けたりします。

夜泣きしている子どもに対して、
イライラして
大きい声を出してしまったり、

怒って注意したりしても、
もっと酷く泣き始めたりするのです。

 

パパママは怒ってしまったことで、
罪悪感にさいなまれたりします。

そんなときは注意して
上の子の様子を見てあげてください。

そろそろ保育園に行ったりして
初めての集団生活を送り始めたり
していませんか?

そうでなくても、
それまでママがいつも一緒だったのに、

生まれたばかりの赤ちゃんばかり、
かまったりしていませんか?

たった3歳とは言え、
立派な一人の人間です。

環境の変化にストレスや
プレッシャーを感じます。

不安感で押しつぶされそうになって
赤ちゃん返りを起こしてしまうのです。

見守るしかないの?赤ちゃん返りが引き起こす夜泣きはいつまで?

イメージ画像
赤ちゃん返りは子どもの
不安な気持ちから引き起こされます。

下の子が生まれて、
今までパパとママの愛情を
独占してきたのに、

ライバルができてしまった
ことに対する不安感です。

 

そんな子どもの不安感に、
怒ったりきつい態度をとるのは
適切ではありません。

そんな態度をみれば、
子どもはより不安を感じて、

赤ちゃん返りの症状は
酷くなってしまうでしょう。

生まれたばかりの下の子は、
歩いてどこかに行ったりしません。

安全な場所に寝かせて、
上の子をやさしく
抱っこしてあげてください。

弟や妹が生まれたからといって、
上の子への愛情がなくなるわけでは
ないことを教えてあげるのです。

話を聞いてあげて、
一緒に遊んでスキンシップをとって
安心させてあげてください。

時間がかかるかもしれませんが、
少しずつ精神的に落ち着いていけば
赤ちゃん返りの夜泣きも治まっていきますよ。

赤ちゃん返りの時期の乗りこえ方

上の子が赤ちゃん返りしてしまうと、
下の子のお世話もあるし、

基本的な家事全般もあって
ママはふらふらクタクタに
なってしまいます。

 

そんな中で上の子の
気持ちも聞いてあげて、

となると、追い詰められてしまう
ママも多いでしょう。

自分を責めないで、
できるだけ手抜きを
してください。

食事も栄養バランスを考えて
手作りで頑張っているママは、

レトルトや出前、
外食でかまわないのです。

 

できるだけ肩の力をぬいて
子育てしてください。

できるなら親や
周囲の人に頼ってください。

短時間でも子どもを
預かってもらえると
息抜きになります。

しんどい時は自分だけで
抱え込まないようにしてくださいね。

ママの心の余裕が
子どもにも伝わります。

ママが安心すれば
子どもも落ち着いてきますよ。

「いつまで続く?上の子の赤ちゃん返りで起こる夜泣きの対処法を紹介!」のまとめ

イメージ画像
赤ちゃん返りは子どもが
成長する中で起きることです。

それぞれの症状がありますが、
それも成長の過程です。

夜泣きについては、
筆者の子どもは小学校低学年くらいまで
じわじわ続きました。

あまりにもひどかったので
病院にも相談しましたし、

ひやきおう丸
(夜泣き、疳の虫に効く薬)を
試したこともあります。

いろいろ試してみて
結局時間が解決しましたが、

はっきり言って、
いつ虐待を疑われて通報されるか
ハラハラするほどでした。

あまりに長くて、
赤ちゃん返りだったのかすら
わかりませんでした。

子どもは体内時間が整うのに
個人差がありますし、

うちの子はアトピーも酷かったので
その影響もあったと思います。

いつ終わるのかわからない
不安と疲れがひどかったのですが、

とりあえず必ず
夜泣きはいつか終わります。

これだけは言えます!

できるだけ思いつめないように
子育てしましょう。

毎日楽しくすごす!

そのためにまわりの人に頼って、
余計な口出しをしてくる人は
無視でかまいません。

家事もがんばらない!
それが育児の苦しいときの
乗りこえ方です!

タイトルとURLをコピーしました