カーテンの洗濯の理想的な頻度は?レースとドレープでは違う?

スポンサーリンク

年末シーズンに入り、
家の大掃除を考えている人も
多いのではないでしょうか?

 

普段、掃除をしないところまで
掃除をするのは大変ですが、

その分やりきったら家中が
ピカピカで気持ちがいいですよね。

 

普段、掃除をしないけれど、
大掃除でするものといえば、
カーテンの洗濯ですよね。

カーテンは気づかないうちに
汚れが溜まっているので、

大掃除を機にしっかりと
洗濯をしたいものです。

 

しかし、実際、カーテンは
どのくらいの頻度で
洗濯をするべきなのでしょうか?

また、カーテンでもレースとドレープで
洗濯の頻度や仕方は変わってくるのでしょうか?

普段洗濯をしていないと、
細かい洗い方の違いなど
わからないことも多いですよね。

 

ですので、ここではカーテンの洗濯について
解説をしたいと思います!

ドレープカーテンの洗濯の理想的な頻度は?洗い方と干し方も紹介!

スポンサーリンク

ドレープカーテンですが、
まずドレープカーテンとは、

一般的な厚手のカーテンの
ことを指します。

 

遮光や断熱、防音など
様々な種類があり、
また柄も豊富ですので、

みなさんお気に入りの
ドレープカーテンがお家には、
あるのではないでしょうか?

 

ドレープカーテンですが、
家のホコリやチリなどの汚れがついてしまいます。

ですので、洗濯が必要になるのですが、
頻度としては半年に1回程度の
年2回ぐらいが目安
になります。

もちろん、部屋の環境にもよりますが、
年2回ぐらい洗濯できれば、
清潔に保てます。

 

その洗い方ですが、
まず、カーテンについている
タグを確認しましょう。

タグに、水洗い可のマークが付いていたら、
お家での洗濯が可能です。

他にも洗剤の指定などもあるので、
確認をしておきましょう。

 

そうしましたらカーテンを綺麗に畳んで、
大きめの洗濯ネットに入れるようにします。

洗濯ネットに入れることで、
カーテンが絡まったり、
生地が傷むのを防いでくれます。

そうしましたらご家庭の
洗濯機の中に入れるようにします。

その際、洗濯機の強さを選べるようでしたら、

弱や手洗いモードなど
弱めのモードで洗うようにしましょう。

 

洗濯が終わって、
ドレープカーテンを干すのですが、

カーテンレールが乾いていない、
ドレープカーテンの重さに、
耐えられそうでしたら

そのままカーテンレールに、
つけてしまいましょう。

 

そうすることで完全に、
吊り下がる状態になりますので、

シワも伸びるし、
後でつける手間もかかりません。

カーテンレールにつける際は、
窓を開けておくと
部屋干し臭くもなりません。

レースカーテンの洗濯の理想的な頻度は?洗い方と干し方も紹介!

カーテンのイメージ画像2
ドレープカーテンの次は、
レースカーテンです。

レースカーテンは、
ドレープカーテンの内側についている、
だいたい白地の薄いカーテンのことです。

 

レースカーテンはドレープカーテンほどの
目隠し効果はありませんが、
その分、適度に日差しを取り入れることができます。

このレースカーテンは白地で薄い分、
ドレープカーテンより汚れやすい
です。

ですので、洗濯の頻度ですが、
ドレープカーテンよりは多い、
3ヶ月に1回程度で洗濯をしたほうがいいです。

 

レースカーテンの際の洗濯も、
基本的にはドレープカーテンと同様です。

タグを確認して水洗い可でしたら、
ご家庭で洗濯することができます。

ただ、レースカーテンの方が、
ドレープカーテンよりデリケートですので、

洗剤はおしゃれ着用のものであったり、
肌着用のものであったりと、

弱めのものを使った方が、
生地を傷めないで済みます。

 

そして、洗濯もできるだけ
弱いモードを使用しましょう。

あとは、ドレープカーテン同様、
カーテンレールに干せば洗濯完了です。

季節の変わり目など、
機会を見つけてレースカーテンを、
しっかり洗濯するようにしてくださいね。

「カーテンの洗濯の理想的な頻度は?レースとドレープでは違う?」のまとめ

カーテンのイメージ画像
カーテンはついつい洗濯を忘れがちですが、

カーテンの洗濯を長くしていないと、
ダニはホコリがたまり
アレルギーの原因にもなります。

 

小さいお子様やペットがいるご家庭は
特に気をつけなければなりません。

大掃除を始め、機会を見つけたら
ぜひしっかりとカーテンの洗濯を
するようにしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました