白色ワセリンは赤ちゃんの保湿におすすめ?切れ痔にも使えるって本当?

スポンサーリンク

近年、白色ワセリンの使用方法が、
静かなブームを起こしています。

皮膚の保護や保湿剤として、
使用する方も増えてきています。

近所のドラッグストアや薬局などで、
手軽に購入できる事も人気の理由でしょう。

 

ただ、白色ワセリンと言っても、
最近では、様々な種類があり、
価格もバラバラです。

色んなものに使えるワセリンだからこそ、
その特徴を理解し、
目的に合ったものを選びたいですね。

 

また、低刺激なので赤ちゃんにも
使用している方も多いですし、

病院から処方されている方も、
多いのではないでしょうか?

 

色んな場所で、
使用されている白色ワセリンですが、今回は、

白色ワセリンについて、
赤ちゃんに使用する際の基礎的な使い方など

について解説していきます。

そもそも白色ワセリンとは?ワセリンの種類や純度は?

スポンサーリンク

まずは、白色ワセリンがどんなものかについて、
説明していきます。

白色ワセリンとは、
ワセリンを高純度に精製して作られたものです。

 

そのワセリンですが、
原料は原油です。

まず、原油を高純度に、
精製して作られたのが、
黄色ワセリン。

黄色ワセリンを、
さらに高純度に精製したのが、
白色ワセリン
です。

この白色ワセリンを
更に精製したのが、
医療用のプロペトで、

プロペトを更に高めたのが、
医療用のサンホワイトとなります。

つまり、純度でいうと

サンホワイト>プロペト
>白色ワセリン>黄色ワセリン

こういう順番になり、
サンホワイトが最も純度が高く、
刺激が少ないものとなります。

 

ただし、医療用のサンホワイトやプロペトは、

処方箋がなければ
手に入れる事が出来ませんので、

医師の診察が必要になります。

それに対して、
白色ワセリンや黄色ワセリンが、
市販されているワセリン
という事になります。

 

ワセリンの働きは?ワセリンにはどんな効果があるの?

それでは、このワセリンですが、
どういった働きがあるのか、についてです。

基本の効能効果は、
「皮膚保護剤として使用や、
軟膏基剤として調剤に用いる」

このようになっています。

ワセリン自体に
治療効果は無いという事ですね

 

ただし、ワセリンを肌に塗る事で、
皮膚の保護はもちろんですが、
保湿効果も期待されています。

ワセリンは、原油を精製したものなので、
油としての働きがあります。

肌の表面には、皮脂膜という
膜が存在しており、

この皮脂膜が、
外部からの刺激から肌を守ったり、

水分の蒸発を防いでくれる、
という働きを行います。

 

皮脂膜は、水分と脂分で出来ており、
このバランスが崩れると、
皮脂膜が崩れます。

肌荒れを起こす方というのは、
この皮脂膜のバランスが
崩れている方も多いです。

 

例えば、
冬の乾燥で、肌の水分がなくなる、

冬になり、汗をかかず、
皮脂がでなくなる、

食器を洗う際、
洗浄力の高い食器用洗剤を使用し、
手の脂まで落としてしまう、

こういった事も、
皮脂膜を崩す原因になり、
肌荒れの原因となります。

 

ワセリンを付ける事で、
水分の蒸発を防ぎ、油分を補う事で、

皮脂膜を正常な状態で
維持できるようになり、

肌荒れ・乾燥を
防ぐ事につながります。

 

また、ワセリンは低刺激なので、
様々な部分にも使うことが出来て、

重宝されるように
なってきているという事です。

ワセリンの種類や副作用について

ワセリンにも様々な種類が
ある事を伝えましたが、
少し市販されているワセリンのおさらいです。

黄色ワセリン:
少し黄色がかっており、
精製度や純度は低い。

白色ワセリン:
精製度や純度も高く、
低刺激となっています。

 

ワセリンに副作用は、
基本的にはありません
が、

不純物が多かったり、
添加物が入ったりしていると、

ワセリンではなく、
こういった不純物や添加物に肌が反応し、
荒れや炎症を起こす場合があります。

ですので、価格的には、
黄色ワセリンがお得ですが、
純度や精製度が低いため、

敏感肌の方は
避けた方が良いでしょう。

 

また、赤ちゃんに
使用するのであれば、

低刺激で安全性の高い、
白色ワセリンの使用をお勧めします。

 

スポンサーリンク

白色ワセリンを赤ちゃんの保湿に使う!初歩からのワセリンの使い方!

赤ちゃんのイメージ画像
実際、白色ワセリンを
赤ちゃんの保湿に使う場合の
使い方など
について説明します。

敏感な赤ちゃんに使用する物なので、
白色ワセリンなど純度や精製度などが高く、
安全性が高いものを使用しましょう。

 

次に、使用するタイミングですが、
使用するタイミングとしては、
お風呂上りがお勧めです。

お風呂で肌がしっとりしたところに、
白色ワセリンを塗布していきましょう。

しっとりした肌にワセリンを塗る事で、
水分の蒸発を防いでくれます。

白色ワセリンの塗り方

塗布するときは、
塗り込む必要はなく、
広く薄く塗る事がポイントです。

ワセリンは、
肌に浸透していくのではなく、
肌表面に留まります。

その為、何度塗っても、
効果が変わる事はありません

時間がたてば、
肌にワセリンがなじんできて、

肌がしっとりしてきますので、
ちょっと物足りないぐらいでも十分です。

白色ワセリンの容量

使い切りサイズがベストです。

不純物が少なければ、
品質の劣化もしにくいですが、

そうはいっても、原料は油です。

長い間、使用し続ける事で、
少なからず、酸化してきます。

サイズとしては、
チューブタイプがお勧めです。

持ち運びも便利で、
品質の維持も容易に出来ます。

 

ただ、その他にも
大量に使用するのであれば、
もちろん、大容量がお得です。

使用量と期間で、
ワセリンの容量を決めましょう。

赤ちゃんの切れ痔に白色ワセリンが使えるって本当?

赤ちゃんの切れ痔に、
白色ワセリンが使える、などと、
言われる事がありますが、本当なのでしょうか?

赤ちゃんは思った以上に切れ痔になりやすい

赤ちゃんが切れ痔に
なりやすいですが、

赤ちゃんが切れ痔になる
原因として多いのが、便秘です。

特に、離乳食に変えた時や、
便の量が増えてきた時は要注意です。

便秘などで便が固くなったり、
便の量が多すぎると、

便が肛門を通る際に、
肛門が切れてしまいます。

赤ちゃんの皮膚は、
まだまだ薄いので、
簡単に切れてしまいます。

赤ちゃんの切れ痔というのは、
意外と多い症状です。

白色ワセリンは切れ痔に対して治療効果は無い

赤ちゃんの切れ痔の治療というのは、
基本的には専用の治療薬を使用します。

「ワセリンが良い」
など、という話(噂)もあるようですが、
ワセリンに治療効果はありません。

 

先ほどから伝えているように、

ワセリンは、
皮膚の保護や保湿効果がメイン
です。

ただし、治療薬の後に傷を保護する、
刺激から守る意味で、
ワセリンを使用するのは良いでしょう。

 

ワセリンは、
軟膏の基剤としても使用され、

また、保護効果もある為、
お尻の痛みの軽減に
繋がる事はあります。

切れ痔というのは、
1度なってしまうと、

中々治りにくいものなので、
普段から便秘にならないように、
心掛ける事が大事です。

まとめ

白色ワセリンのイメージ画像
ワセリンについてや
赤ちゃんへ白色ワセリンの使用方法について、
などを見てきました。

ワセリンは、低刺激で
人体に対しての害も少ない事から、
様々な場面で使用されています。

特に敏感な赤ちゃんに
使用するには便利なものです。

 

ワセリンも様々な種類もあり、
自分の使用目的に応じて、
使い分ける事も大事です。

やはり、赤ちゃんに使用するのであれば、

純度や精製度の高いもの、
低刺激で安全性の高いものを使用する事で、

安全・安心して
使用する事が出来ます。

 

また、他の物との
合わせ技としても使用できます

例えば、赤ちゃんのほっぺたが、
カサカサでワセリンだけでは、
治らない場合、

ベビーローションを塗った後に、
白色ワセリンを塗る、

こうする事で、
ベビーローションの成分や水分を
肌に閉じ込めることが出来て、

白色ワセリンの働きだけではなく、
ベビーローションの
働きも高めてくれます。

 

他にも、
・唇の乾燥に
・ハンドクリームの代わりに
・おむつかぶれの予防に
・耳掃除や鼻掃除に
など、様々なシーンで、
使用する事もできるのが白色ワセリンです。

赤ちゃんを持つ家庭には、
必需品ともいえるでしょう。

白色ワセリンを上手に活用して、
赤ちゃんの敏感なお肌を
上手に保護してあげて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました