お米の新米の時期っていつ?地域による?新潟の魚沼の新米の時期は?

スポンサーリンク

お米は私たち日本人に
欠かせない食べ物です。

 

そんなお米ですが、
一番美味しくて人気のあるものは
新潟県魚沼産のコシヒカリです。

魚沼産のコシヒカリを育てている魚沼地域は、
新潟県南部にある北魚沼と中魚沼、
そして南魚沼の3郡からなっています。

 

その中でも南魚沼の塩沢町、
六日町と中魚沼の十日町市のコシヒカリが

25年連続で国内最高評価である
特A認定されているものなのです。

日本人としてはそんな美味しくて
人気のある最高品質のお米を
新米のシーズンに食べてみたいと思いますよね。

 

そこで、今回は奮発をして
美味しいお米を食べたいと思っている方へ、

新潟県や魚沼の魅力と新米の時期について
ご紹介をしていきたいと思います。

お米と言えばやっぱり新潟県!新潟の新米の時期はいつ?

スポンサーリンク

新潟県ではお米の
作付面積が116,300ha、

収穫量が611,700tと、

お米の生産量が
全国1位
となっています。

そのため、お米と言えば
新潟県と言われるほど、

新潟県ではお米の生産が
盛んに行われているのです。

新潟県ではコシヒカリ以外にも
他県ではなかなか
出会えない「こしいぶき」や

冷えても美味しいお米として
有名な「みずほの輝き」、

噛み応えと仄かな甘みが
魅力的な「ゆきん子舞」といった
魅力的なブランドが多くあるのです。

 

そんな新潟県ですが、
気候と水質、土壌の全てが
米作りに適している
ため、

ここまで美味しいお米を
生産できているのです。

気候では、新潟県のお米が
実る時期の平均気温が25度であり、

それは米の成長に
最適と言われる気温なのです。

 

さらに、夏は高温の日が多く、
冷害や台風などの災害で被害を受ける
といったことが少ない地域でもあります。

水質としては、山間部に多くの雪が降り、
その雪解け水はミネラルや
山林の養分を含み、そして川へ流れ出ます。

この水を用いて米作りを行っているため、
他県にはない美味しい
お米を作る事が出来るのです。

 

土壌としては、
日本一長い信濃川や阿賀野川などの

多くの川の上流から
栄養分を含んだ土が運ばれてきて、

それを使って下流で米を作ります。

この運ばれてきた粘土質の土壌は
米や農作物に適しているのです。

このように日本一と
言われるにはその理由があり、

新潟県はその理由全てが
米作りに適しているという、
まさに米作りの理想の場所なのです。

 

そんな新潟県での新米ですが、
おおよそ9月初旬頃から
と言われています。

関東地方に比べて
少し遅い時期であるため、

新潟県の新米の時期が
待ち遠しいですよね。

新潟のお米と言えば魚沼産!魚沼の新米の時期はいつ?

新米のイメージ画像
先ほどは新潟県の魅力と
新米の時期についてご紹介をしました。

新潟県にはお米を美味しくする
秘密が多くありますが、

さらにその中でも魚沼産は
より美味しいと人気ですよね。

 

魚沼産コシヒカリが有名な
魚沼地域にある中魚沼では
周囲が山に囲まれており、

夏では昼と夜の気温差が
大きい地域です。

この昼と夜の気温差は
お米を美味しくするのに
非常に適している
のです。

お米は昼間に光合成で
デンプンをたくさん作り、
夜にそれを穂に蓄えます。

 

もしも、昼も夜も
暑い地域であれば、

昼間に作ったデンプンを
蓄えずに消耗してしまい、

味が落ちる
ということになります。

そのため、昼は暑く
夜は気温の低い中魚沼の気候は
お米を美味しくする要素でもあるのです。

 

また、魚沼地域は豪雪地帯
としても有名な場所です。

先ほどご紹介をしたように、
栄養分を蓄えた雪解け水が
お米を美味しくするため、

たくさん雪が降る魚沼地方のお米には
ミネラルや栄養が
たっぷりと蓄えられているのです。

 

そんな魚沼地方で
作られるコシヒカリですが、

水田の標高が高く、
山々に囲まれていること、

豪雪地帯であるため
収穫時期を遅らせていること
などの要因があります。

 

そのため、魚沼産の
コシヒカリの新米の時期は
10月上旬から中旬頃と言われています。

他の地域や地方に比べても
その時期は遅いため、
注意が必要です。

しかしその分、
美味しいお米が堪能できるため、

首を長くして待つのも
醍醐味かもしれませんね。

まとめ~日本一の新米を食べよう!~

稲のイメージ画像
今回はお米が有名な
新潟県と魚沼地方の魅力と

新米の時期について
ご紹介をさせて頂きました。

 

お米は気候やその他の条件で
収穫時期も新米の時期も
大きく変わってきます。

そのため、その時期が
早くなったり遅くなったり
といったこともあり得ます。

 

お米は私たちの生活に
欠かせない食材ですが、

せっかく食べるのであれば
一番美味しい時期に
一番美味しいものを食べたいですよね。

そんな魅力たっぷりの新潟県のお米を、
日本人であれば是非楽しみたいですよね。

 

今回ご紹介させて頂いた
新米の時期の情報によって、

皆さんの新米への関心の
何かのきっかけになれれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました