お正月のしめ飾りの正しい処分方法は?神社で処分?神社に行けない場合はどうする?

スポンサーリンク

お正月のしめ飾りは縁起物のため、
しっかり飾っているという人も
多いのではないでしょうか。

実際しめ飾りがあると、
新しい年が始まったと

気分が引き締まって
やる気も出てきますよね。

 

しかし、古くなった
しめ飾りを処分したい時などに

縁起物の場合はどのように
扱ったらいいか悩みますよね。

 

ぞんざいに扱ったら
神様が怒って良くないことが
起こりそうですし、

神社で処分するにしても
いつ持って行けばいいか
よくわかりません。

また神社が遠くて行けない場合は、
どうすればいいのでしょうか?

自宅で処分してもいいのでしょうか?

 

ここでは、お正月のしめ飾りの
正しい処分方法について

解説をしていきたいと思います!

お正月のしめ飾りの処分の方法は?神社で処分できる?

スポンサーリンク

お正月のしめ飾りの処分方法ですが、
神社で処分ができるのでしょうか?

結論から言えば、できます。

まずお正月のしめ飾りですが、
信仰の面からいうと
毎年新しいものに変えたほうがいいです。

これはしめ飾りを始め、
お正月の飾り物には、

飾っている間にその年の神である
年神様が宿ると言われています。

 

そして正月飾りから、
今度は稲に年神様は移ります。

お正月にお餅を食べるのは、
原料が米からできたものを
体内に入れることで、

年神様のご利益を頂く
という考えからです。

 

ですので、年神様のご利益を
しっかりもらいたいとお考えの方は

しめ飾りなどは毎年処分して、
新しいものを準備する必要があります。

ただ昨今の場合、
そこまで考える必要はないので

正月飾りは気分のもので、
無理をして毎年変える必要はないですよ。

 

正月飾りを処分する場合は大抵の神社で
1月中旬に行われる
「どんと焼き」という行事で
正月飾りを焼いて処分をしてくれます。

年神様はこの煙に乗って
天に帰るとも考えられており、

それならバチも当たらず
正月飾りを処分できそうですね。

なので、都合がつけば
近くの神社のどんと焼きに参加して、
正月飾りを処分してもらうようにしましょう。

 

また、当日でなくとも、
お正月シーズンがすぎたら

神社ではお正月飾りを回収してくれますので、
そこに出しておくのが手軽ですね。

 

マンションなどの集合住宅の場合は、
まとめて回収をしてくれることもあります。

ぜひそのようなタイミングを逃さず、
しめ飾りを始め、正月飾りを
忘れずに処分してくださいね。

神社に行けない場合のしめ飾りの処分方法は?自宅で処分していいの?

お正月のしめ飾りのイメージ画像2
では近くに神社がなかったり、
しめ飾りの処分をしていなかった場合、
自宅で処分をしていいのでしょうか?

結論から言えば、問題はありません。

 

ただし、そのまま
ゴミ箱に捨てるのは
やはり罰当たりです
ので、

ちゃんとした作法に則って
処分をするようにしましょう。

しめ飾りを自宅で処分をする場合は、
まずしめ飾りを包める大きな紙を用意します。

その紙を広げたら、
紙の右、左、中央に
塩でお清めをします。

塩は家に普通に
あるもので大丈夫ですよ。

 

そして、その紙でしめ飾りを包んだら、
ほかのゴミと一緒に捨てることはせず、

しめ飾りだけゴミ袋に入れて
燃えるゴミとして出します。

しめ飾りの中に燃えない
ものも入っている場合は、

それを分別をして、
同様の手順で燃えないゴミとして
出すようにしましょう。

 

しっかりとした作法に則って行えば、
バチも当たることもないですし、
自宅でも簡単にしめ飾りの処分ができます。

神社に行けない場合は、
上記の手順を踏んで、

神様を怒らせないように
丁寧に処分をしてくださいね!

まとめ

お正月のしめ飾りのイメージ画像
お正月は一年の始まりです。

その始まりを祝ってくれるしめ飾りは
やはり雑には扱っては行けませんよね。

様々なものに神様が宿るという考えは
日本特有の考えです。

 

多少めんどくさくても、
正月にはしっかりとしめ飾りを飾り、
正月が終わったらそれを処分する。

そうすることによって、
また一年を健康に過ごせるはずです。

ぜひ無理のない範囲でいいので、
しっかりしめ飾りを使い、
そして処分をして一年を
素晴らしいものにしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました