仕事に行きたくない!辞めたい!そんな朝に考えたい事!辛い理由は何?

スポンサーリンク

仕事を始める前から疲れたと
嘆いてしまう時がある、

これを読んでいる方は、
そう思ってはいませんでしょうか?

 

それは、本当に
疲れているわけではなく、

仕事に行きたくない気持ち
が無駄に疲れを
作ってしまっているのかもしれません。

 

「仕事に行きたくない」
「仕事を休みたい」
「仕事を辞めたい」

そんな感じに心の中で、
毎朝、自問自答しているかもしれません。

 

私は大学を卒業して、
某大手メーカーで、
営業の仕事をしています。

仕事が楽しい
という人もいますが、

それは楽しい訳ではなく、
楽しくできる環境を作れる立場の、

ごくわずかな人を
差していると思っています。

 

なので、大半以上は
仕事においては苦労と
ストレスの中で、

自分を鼓舞して業務に
励んでいるはずです。

 

私も当然、大半以上の人間なので、
毎朝仕事に行きたくない事があります。

けれども、そんな時に
「仕事には行くべきだ」と

無理に自身を鼓舞して
頑張り過ぎる事、
頑張り続ける事は、
あまりおすすめできない方法です。

 

自分で自分を追い詰めても、
心のSOSを無視するのは、

心を壊す行為に他ならないし、
うつ病になってしまう
恐れもあるのです。

 

まずは、疲れた心に向き合って、
そこから抜け出せるヒントを
見つけてください。

働く気力も出ないし、
思わず涙が出てきそうに
なる事もあるでしょう。

 

仕事に行きたくないと
悩んでいるあなたに向けて、

今すぐ行動に移せる
具体的な対処法
をお伝えします。

仕事に行きたくない!出来る事なら仕事を辞めたい!そんな憂鬱な朝!何とか乗り越える方法は?

スポンサーリンク

朝起きて、仕事に行きたくない、
出来る事なら仕事を辞めたい、
そんな憂鬱な気分の時には、

以下の4つの方法を
試してみて下さい。

仕事に行きたくない時の対処方法

・仕事に行く前に気分転換をする。
・予定を入れて仕事の後を楽しみにする。
・仲の良い人に相談する。
・思い切って仕事を休む。

それぞれを詳しく
解説していきます。

仕事に行く前に気分転換をする

朝から仕事のことで滅入るのは、
仕事から始まってしまうからで、

気分転換に仕事前に
何かしてみてはどうでしょうか?

 

私が実際に実践したことがある方法は、

・ジョギングをする。
・カフェに行く。
・朝ごはんを少しリッチにする。
・朝風呂に入る。

どれも、いつもより
朝早く起きないといけませんが、

いつもとは違う
朝を過ごすことで、
気持ちをリフレッシュ
出来るでしょう。

予定を入れて仕事の後を楽しみにする

1日を仕事だけで終わらせると
憂鬱になってしまうので、

仕事終わりに楽しめる
予定を入れることです。

仕事をがんばるためのご褒美として、
「仕事が終われば楽しみが待っている」と
自分に言い聞かすのは有効な手段
です。

 

例えば、以下のような予定は
どうでしょうか。

・友達と遊ぶ
・映画を見に行く
・スポーツ観戦
・マッサージ

どうしてもお金は掛かりますが、
自分が楽しめてワクワクできる
予定を入れることで、

仕事を頑張る
原動力にしましょう。

 

私の考えでは、予定はできる限り
埋めていくことが大事です。

予定が詰まっていると、
予定で頭がいっぱいになって

仕事を休みたいなんて
考えも忘れちゃうかもしれません。

仕事を頑張ったぶん、
思い切り楽しんで
リフレッシュできます。

仲の良い人に相談する

仕事を休むとなると
どうしても罪悪感が
生まれてしまいますし、

まずは家族や恋人、親友など
信頼できる人に相談して、

どうしたら良いか相談
することがいいでしょう。

話しをすることで、
ネガティブな気持ちが
飛んでいくこともありますし、

「休んだら?」と本心に
後押ししてくれるかもしれません。

思い切って仕事を休む

人の気持ちは一度
マイナス方向に考え出したら、

前向きにするには、
相当な力が必要と
なってくるので、

いっそ仕事を休むのも
方法のひとつです。

気持ちのない仕事をしても、
周りの人間も効率にも
良くないはずです。

 

無理に出勤すると、
仕事への嫌悪感を
悪化させるだけです。

ただし、休むのは1日だけの
限定ではあります。

 

「仕事を休むと他の人に迷惑が掛かる」
「上司に怒られる」と
心配になる人もいますが、

実際は、1人が1日くらい休んで
回らない会社なんて、
ほとんどありません。

 

もし、1日すら休めせてくれないような
ブラック企業であれば、
転職を考えてみて下さい。

会社はひとつだけではありませんし、
良い出会いもあるかもしれません。

みんなも仕事に行きたくない?仕事を辞めたい?共感できる仕事を休みたくなる・辞めたくなるその理由!

仕事を辞めたい男性のイメージ画像
仕事にいきたくないと思う方は
たくさんいらっしゃいますが、

ではその理由は何なのかを
ここでは、紹介していきます。

仕事に行きたくない理由

・人間関係が良好ではない
・仕事量がキャパを超えている
・仕事にやりがいがない
・ストレスが溜まる
・ミスをしてしまったから

仕事に行きたくない原因を
はっきりさせることで、
対処法も見えてくるかもしれません。

それでは、それぞれの
理由について説明していきます。

人間関係が良好ではない

仕事で一番悩むことが多いのが
人間関係ではないでしょうか。

どんなに仕事が好きでも、
嫌いな人と一緒だと仕事が
嫌になってしまいますし、

 

逆に、仕事が大変でも、
この人となら一生懸命
頑張ろうとなったりします。

人との繋がりが一番
ストレスを溜めて、
仕事が嫌になるケースが多い
です。

 

なので、合わない人とは
変に気を遣わずに

最低限の会話という
意識で接していけば、
少しは楽になると思います。

無理して歩幅を合わせた、
良く思われたいが
ストレスになりますから。

仕事量がキャパを超えている

人間1人はどうやっても
1人でしかないのです。

1人でできる仕事量は
ある程度の人なら
大差はありません。

 

ですので、キャパを超えた仕事は、
ただ精神的に疲れるだけです。

仕事量が多く、どれだけ
頑張っても終わりが見えないと

焦りが先行して、
やる気もなくなるだけです。

ゴールの分からないマラソンを
行っている状態ですね。

こういう時は、素直に
「出来ません」と
伝えることが大切です。

 

上司はあなたなら出来ると
期待してかもしれませんが、

無理にやった結果
出来なかったよりはマシです。

自分自身が壊れる前に
しっかり、周りに相談しましょう。

仕事にやりがいや達成感がない

現実と理想は違うものです。

仕事にやりがいを求めて入社しても、
実際はイメージと違うことや、

やりたい業務をやらせてもらえない
といったことは多々あります。

 

これが、モチベーションを下げて、
仕事に行きたくない感情に
直結していきます。

これは、最初から
やりがいや達成感のある
仕事を求めるのでなく、

やりがいや達成感のある仕事になるように
持っていくしかありません。

単調な仕事でも、
小さな目標を立てることで、

目標達成に向けて頑張ろうと
出来るからです。

考え方次第で仕事も
変わってくるからです。

ストレスが溜まる

仕事をしていれば
ストレスが生じるのは
当たり前のことかもしれません。

 

特に新人社員となれば、
自分の感情を殺して、
言いたいことも我慢して、

上司や関わりがある人
みんなに気を遣う日々です。

他人の不満は思っているほど、
人には伝わらないものです。

オーラで察してよ!
アピールでは伝わりませんので、

 

まずは、新入社員だろうが自分を
1回さらけ出してみて下さい。

「あっ!?こんな人だったんだ」
「こんなことを思っていたんだ」

と自分を理解して
もらえるかもしれません。

そこから、ストレス環境改善に
1歩進むかもしれません。

ミスをしてしまったから

仕事にしろ何にしろ、
人間は完璧ではないので、
ミスは絶対に起きるものです。

 

でも、仕事上のミスで上司に怒られて、
またミスしたらどうしようと、
仕事に行きたくないですよね。

ミスに関して言えば、
大きな損害を与えるようなミスや、

同じミスでないなら、
特に問題はないです。

最初のミスは
次やらないための
発見だからです。

 

それに、1回のミスなんて
すぐに風化して、そんなことあった?
ぐらいの話になりますので。

ポジティブにミスを
とらえることが大事です。

まとめ

絶望して仕事に行きたくない女性のイメージ画像
ここまで、仕事に
行きたくない理由を
ご紹介してきました。

 

仕事に行きたくない理由は、
人それぞれですが、

仕事以外のことも考える
行動や気分転換を
してみることです。

気持ちの変化は、
仕事の効率やクオリティにも
差が出るはずです。

 

ただ、あなたが入社した
会社がすべてではありません。

どうしても辛い、耐え切れないそんな時は、
会社を辞めれば良いだけです。

自分で自分を追い込んでしまわない事、
それが一番大事な事だと思います。

自分を追い込まずに
逃げ道もちゃんと用意して下さい。

実際に仕事を辞めなくても、
「仕事を辞める」という選択肢、
最悪の場合の逃げ道が頭の中にあるだけで、

自分で自分を追い込む事にならず、
気分はずいぶんと違ってくるはずです。

タイトルとURLをコピーしました