もうウンザリ!結露は防止できないの?濡れた窓にカビができそう!

スポンサーリンク

暑かった夏も終わり、季節は秋、
そして冬へと向かっていきます。

気温が寒くなってくると、
悩まされるのが、窓の結露ですよね。

拭いても拭いても気がついたら、
窓には水滴がたくさん。

毎日拭き掃除をしてても
これではカビができてしまいそうです。

寒くなり結露に悩まされているけど、
結露の原因と対策がわからない
という人もいるのではないでしょうか?

また対策をするにしても、
結露を防止するグッズはあるのでしょうか?

 

ここでは、結露に悩まされているけど、
原因と対策がわかっていない人に向けて、
結露について色々とお教えしたいと思います!

結露の原因は室内と外との温度差かも?エアコンの温度設定はどうするべき?寒くても暑くても嫌!

スポンサーリンク

結露ですが、もちろん突然発生するわけではなく、
科学的な理由があります。

結露が起きる理由ですが、
それは室内と外との温度差によって発生します。

 

室内の空気にはもちろん
水分(湿気)が含まれています。

その空気中で気体となっている水分が、
外の寒い気温によって冷やされて、
窓に水滴となってつくのが原因です。

 

結露は窓だけでなく、
もっと身近な現象としておきます。

暑い日に、氷の入ったジュースを
グラスで飲んでいると、
グラスの表面に水滴がつきますよね。

これはグラス内部の氷によって、外の空気が冷やされ、
グラスの外側に水滴がつきます。

これも窓の結露と全く同じです。

他にはマスクをしたら
メガネが曇るのも同様です。

 

結露は基本的に温度差によって
引き起こされます。

ですので、室内での結露を防ぐためには、
室内と外との温度差をなくす
という対策は有効です。

温度差が大きいほど、
結露はできやすくなります。

ですから、冬に必要以上に
エアコンをつけているという方は
温度を調節してみましょう。

設定気温を下げたら
結露ができにくくなるかもしれません。

 

しかし、結露をできないようにするために、
室温を下げて凍えているのは正直嫌ですよね。

結露を対策するには他にも方法はあります。

次に結露を防ぐ便利グッズを紹介します!

必見!結露を防止する方法はコレだ!原因がわかると解決策もわかる!お助けグッズも紹介!

結露のイメージ画像2
結露は温度差によって
引き起こされることがわかりました。

では結露を防ぐお助けグッズを紹介します。

サーキュレーター

部屋の空気が流れていないと、
空気中の水分も留まってしまい、
結露になりやすくなります。

その場合は、サーキュレーターによって
部屋の空気を循環させてあげましょう。

扇風機でも代用は可能ですが、
サーキュレーターと扇風機では
その役割は実は異なります。

扇風機は涼を得るための機械であり、
サーキュレーターは室内の空気を
循環させるものです。

ですので、サーキュレーターの方が
空気をより遠くに飛ばすことができます。

 

サーキュレーターは空気を循環させて
結露を防ぐだけでなく、
部屋の温度を一定にすることもできます。

暖房の場合、暖かい空気は天井の方にたまりやすく、
室内の温度が一定ではありません。

そのため部屋に温度ムラができてしまい、
エアコンも正しく温度を感知できず、
無駄にエアコンが作動し、
エコではないだけでなく、電気代もかかります。

サーキュレーターを使えば、
空気を循環させ温度ムラを解消し、
電気代の節約にもなるだけでなく、結露も防げる。

とても便利なアイテムですので、
ぜひ使ってみてください。

除湿をする

部屋の中の空気中の水分を減らせば、
結露もできにくいですよね。

冬は空気が乾燥をしていますが、窓の付近だけでも
乾燥剤を置くと結露はできづらくなります。

しかし、あまりにも空気を乾燥させすぎると、肌荒れや
風邪菌が繁殖しやすくなります。

断熱シートを使う

外の温度を窓に伝わらせないように
断熱シートを買うのも手です。

こちらは家具屋さんや通販などで購入可能です。

窓に貼るだけで、外の温度を断熱するため、
室内の暖房の効きも良くなります。

手軽ですので、すぐに試すことができます。

まとめ

結露のイメージ画像
結露ですが、しっかりと原因を突き止めて、
対策を立てれば防ぐことができます。

結露は放っておくと、カビだけでなく、
最悪腐食まで進んでしまいます。

ぜひお助けグッズを使って、大切なお部屋を
結露から守ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました