節分の飾りはいつから飾る?意外と知らない節分のアレコレ教えます!

スポンサーリンク

あなたは節分について
詳しく知っていますか?

 

よく考えてみると
節分ってなんだろう?

どんな意味があるのだろう?
と疑問に思いませんか?

 

飾りはいつからいつまで飾ればいいの?
と一度は誰かに聞いたことある!
てことありませんか?

そんなあなたに今回は
節分について詳しく
知ってほしいとおもいます。

あなたは答えられる?意外と知らない節分の由来とは!?

スポンサーリンク

まずは節分ってどんな由来が
あるのかを調べてみました。

節分は皆さんはご存知だと
思いますが、2月3日ですね。

節分とは本来、「季節を分ける」
つまり季節が移り変わる節日を指し、

立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、
1年に4回あったものでした。

 

ところが、日本では立春は
1年のはじまりとして、
とくに尊ばれたため、

次第に節分といえば
春の節分のみを指すように
なっていったようです。

立春を1年のはじまりである
新年と考えれば、節分は
大晦日(おおみそか)にあたります。

 

平安時代の宮中では、

大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や、
災難を祓い清める「追儺(ついな)」の
行事が行われていたそうです。

室町時代以降は豆をまいて
悪鬼を追い出す行事へと発展し、

民間にも定着していき、
節分には豆まきをする
風習がついたのです。

 

いかがでしたか?

節分って一年に4回もあったと、
初めて知りました。

日本には四季があるので、
節が変わるたびに色々行事が
あったのだなと感じました。

毎回の季節に行うのは大変ですよね。

今は2月3日と定着されているものなので、
その時期になったら豆まきや
恵方巻を食べたりして、

ご家庭でゆっくり
過ごしてほしいと思います。

お子さんがいる家庭は豆まきは大イベントで、
盛り上がると思うので鬼役の人は気合を入れて、
頑張って欲しいと思います。

これであなたも節分マスター!さらに節分の意味を学ぼう!

節分の豆のイメージ画像
次に節分の意味を知ったあなたに
もっと詳しく節分について

学んでいってほしいので、
ご説明していきたいと思います!

あなたはこれで
節分マスターになれるはずです!

知らない人に説明してあげてください。

 

節分の豆まきについて、

節分の日と言えば「鬼は外、福は内」
という掛け声とともに鬼に豆をまくのが、
今では当たり前のように行われていますが、

豆まきの由来は中国から
伝わった風習の「追儺(ついな)」
と呼ばれるものから、

「鬼はらい」「鬼はしり」「厄払い」
「厄おとし」など、昔は疫病や
災厄は鬼の仕業とされていたこともあり、

新年を迎えるにあたって、
厄をはらってからという
儀式が行われていました。

 

日本で最初に豆まきが行われた記録は
天武天皇がいた頃に行われた
慶雲3年(706)年に宮中で
初めて行われたとあります。

節分になぜ豆を撒くの?

豆をまくようになった理由は、
昔、毘沙門天が夢の中で大豆を
鬼に向かってまく事で

鬼退治ができるという夢を見て
その後豆を使って見事鬼退治を
果たした事から節分のときの

邪気払いには豆をまくというのが
豆まきを撒くようになった
理由とされています。

 

また、節分の豆に関する事ですが、
節分の時の鬼退治に必須アイテムの豆、
実は地域によって違いがあったりします。

東京より南は豆まきに大豆をまく地域が多く、
北海道、東北、北陸と九州の南の地域では、
落花生をまく事が主流になっているようです。

 

節分の時に落花生を豆の変わりに
まくようになった理由は、

豆まきの後に回収が簡単で
殻にくるまれたままのため、

豆まきの後に食する事への衛生面などが
おもな理由だそうです。

場所によって違った豆を
撒いていたのは知らない方も
多いと思います。

 

そして次に、節分と柊鰯(ひいらぎいわし)の
関係についてです。

なぜ節分には柊鰯(ひいらぎいわし)を
玄関先に飾るのかご存知ですか?

節分にいわしを飾る2つの理由は、

1.塩鰯(しおいわし)を焼く時に
出る臭いで鬼を寄せ付けないようにする

2.鰯(いわし)を焼いた臭いで
鬼をおびき寄せ柊のトゲに刺さるようにする

 

節分に柊鰯(ひいらぎいわし)の見れる地域とその特徴

今でも柊鰯を玄関先に飾る風習が
当たり前のように残っている地域の
代表として奈良県があります。

奈良市内ではごく普通に
この風習を見る事ができます。

西日本に比較的多く見られる
柊鰯の風習ですが東京近郊で
見られる柊鰯は少し変わっています。

 

通常は柊(ひいらぎ)と鰯(いわし)のみが
飾られていますが、東京近郊で見られるものは

さらに豆柄(種子を取り除いた大豆の枝)を
加えたものになります。

柊鰯を飾るのは節分の日から
2月の終わりまで、というのが一般的
です。

 

しかし、実はこれには地域差があり、
小正月(1月15日)から立春(2月4日)まで
というところ

ひな祭りまでというところ、
節分の日(その日一日だけ)飾るというところ、

翌年の節分まで一年中
飾っておくというところまで様々
です。

また、「猫が取っていくまで飾っておく」
というケースもあるようですよ。

 

飾りに関しても
ご紹介しましたが
いかがでしたか?

これであなたも節分について
バッチリだと思います!

節分に関して学ぶと
知らないことたくさんありましたよね?

何気なく節分を迎えていましたが
これからは色々と
意識して迎えたいと思います。

まとめ

節分のイメージ画像
今回は節分について
アレコレ調べてみました。

知っているようで
知らないことが多くありました。

 

鬼を退治するだけの行事だと
思いがちですが、退治する意味や

豆まきをする理由まで深い意味があり、
節分の奥深さを知ることができました。

節分マスターになったあなたは
いろんな人に節分について
話してあげて欲しいなと思います。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました